ゴルフ100の壁

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

記事一覧

コリン・モリカワの優勝がもたらしたもの

今年の全米プロは、終盤まで混戦でした。
しかも、上位は、名だたる飛ばし屋たち。
昨今のPGAツアーの流れ、そのままの顔ぶれでした。
おそらく、ダスティンやデシャンボーを筆頭とする選手が勝つと思われていた中、勝ったのは、飛ばし屋ではないコリン・モリカワ選手だったのです。

実は、個人的にこれは、大変大きなことだと思います。
全米プロ2連覇中であったケプカはもちろん、肉体改造をしたデシャンボー。
屈強なプロレスラー並みの体でないと戦えない、
そんな流れを食い止めたのが、コリン君の優勝だったのです。

golf-5251539_1920.jpg


このコラムに象徴されていると思います。良いコラムです。
コリン・モリカワの全米プロ初制覇が示したもの【舩越園子コラム


ということで、これからも注目の存在であることは間違いないです。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です




コリン君が勝つ!2020全米プロ

しかし、驚きました。
今年の全米プロ優勝は、コリン・モリカワ選手。
もちろん、去年プロ入り後、ツアー2勝で予選落ちが極端に少ない。
安定感のあるプレイヤーなのですが、いきなりメジャーで勝つとは!


最終日の終盤で、6人が首位に並ぶ混戦。
しかし、いわゆるビッグネームの飛ばし屋が目白押し。
この時点で、コリン君が勝つとは、予想した人は少なかったでしょう。

しかし、14番、セカンドの凡ミスからのチップインバーディー。
16番は、パー4を渾身のワンオンからのイーグルで決めました。


2020-08-10 11.08.28.png

この試合で思ったこと。

コリン君は見ての通り、決して大きくないです。
今大会の平均飛距離も300ヤードに届かない。
350ヤード超えの選手が続出の中でです。

しかし、フェアウェイキープ率は、1位。
そして、パッティングもこの大会は1位だったのです。


ですから、必ずしも、ケプ化しなくても、デシャン棒でなくても勝てる。
逆に言えば、日本人選手にだって、可能性は、あるということです。

そして、今回のコース。TPCハーディング。
市営ゴルフ場なんですよね。
つまり、市民であれば、100ドルくらいでプレーできる。
これって、凄いと思いません?

それだけ、アメリカでは、ゴルフが一般的なスポーツとして認識されている。
もちろん、ツアーは、最高峰の技術を持った選手が戦う場です。
一方で、ゴルフ場は一般市民が、健康のために利用できる。
これは、大変うらやましいと思いました。

私が良く行く、ゴルフ場も市営。
石川遼選手のジュニアレッスンとかはやります。
しかし、トッププレイヤーのトーナメントをできるレベルではない。

2019-03-15 11.35.52.jpg

パブリックのゴルフ場が、もっと増えてほしい。
そして、スポーツとしてのゴルフが日本に根付くことを望みたいです。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

デシャンボーのドライバー折れた!

全米プロの初日。
何と、デシャンボーのドライバーシャフトが折れました。

デシャンボーのDRシャフトが折れる 同組のファウラーも驚き


そりゃね、長年ゴルフを見ていると、クラブが折れた場面は見ます。

PGAツアーで言えば、松山選手が初優勝したメモリアルでのプレーオフとか。
でも、あれは振り戻しでティーマークに当たったもの。
つまり、何らかの衝撃が外部から加えられたからなのですね。

gahag-0075285648-1.jpg

しかし、今回は違う。

肉体改造をしたデシャンボーのスイングは、ドラコンプロのように激しく、ヘッドスピードは60m/sを超える。そのせいなのか、7番パー4で300ヤード近くかっ飛ばしたあと、ドライバーを杖のようにしながらティを拾い上げるときに、シャフトのスリーブあたりから折れてしまったのだ。

普通に振って折れたという。マジか!

「この素材(マテリアル)はどれだけ頑丈に作っても永遠じゃない。でも初速200マイル(約90m/s)のボールスピードに1年以上も耐えてくれた」とデシャンボーはコメント。


コメントは科学者らしく、クールです。

いっそ、折れたドライバーを、「デシャン棒」って言うのはどうかなぁ?




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です


















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます