カテゴリ:シングルへの道

  • コースマネジメントが生命線
    2019/12/21シングルへの道

    ときどきですけど、テレビ番組の「ゴルフ侍」を見ます。どの方もクラチャン又はそれに準ずる方ですから、上手いですよね。ただ、この「上手い」イコール、「スイングがきれい」とは限らない。つまり、スコアメイク…

    記事を読む

  • 右か左か
    2019/11/20シングルへの道

    タイトルは、右利き、左利きの話ではありません。そして、球筋の話でもありません。少し気になった、「意識」の話を。これは、あくまで、自分の意識の話なので、正解はありません。右利きの人の場合、スイングって…

    記事を読む

  • 飛ばさない練習
    2019/11/15シングルへの道

    多くの方は、いかに飛ばすか?に苦心されていると思います。まぁ、飛ばないより飛んだ方が、基本的に良いです。では、なぜ飛ばないのか?飛ばすにはどうしたら良いか?ですよね。そのためには、飛ぶ理由を考える必…

    記事を読む

  • 必要最小限なのです
    2019/11/12シングルへの道

    普段どのようなトレーニングをしているのかと聞かれることがあります。シングルプレイヤーで月イチしかコースに行かないので、不思議なんでしょうか?それに、練習も週1回、基本、100球なので。結論から言うと、特…

    記事を読む

  • 中上級者におすすめのレッスン番組
    2019/11/09シングルへの道

    女子プロゴルフPlus+で記事を書いたのですが、こちらでも。レッスン番組ですが、非常によろしい内容です。女子プロゴルフPlus+で書いたのは、出演が河本結さんのコーチ、目澤秀憲氏だったからです。初回の放送を見…

    記事を読む

  • ひざが痛い(*´Д`*)
    2019/11/07シングルへの道

    先週は日曜日にラウンド、感触も良かったので、翌日も練習しました。祝日でしたので、打ちっ放しに。プロのスイングで取り入れたいと思っていた、左足に乗ること。いわゆる体重移動をフィニッシュで左足1本で受け…

    記事を読む

  • レベル別スコアメイクの基本 上級編
    2019/10/07シングルへの道

    レベル別スコアメイクの基本、最後は上級編です。アマチュアゴルファーの私がこれを書くのは、若干気が引けます。それでも、シングルプレイヤーになって、約10年。いわゆる、「5下」シングルになりました。それも…

    記事を読む

  • 日本シニアオープン会場で参加できる競技
    2019/09/25シングルへの道

    日本シニアオープンが終わったばかりですけど、ニュース。会場となった日高カントリーで、JGA主催競技が行われます。日本シニアオープン開催中の日高CCでの競技会参加者をJGAが募集中日本シニアオープン開催…

    記事を読む

  • これ、どう打ちますか?
    2019/09/09シングルへの道

    今日の台風、千葉県では、とにかく風がすごかったです。風速が、観測史上最高の57.5m/s。んっ!?どこかで見たような数字だと思っていたら、これでしたね。230ヤード飛ばす、ボールの初速とほぼ同じ?そう考えると…

    記事を読む

  • グリーンによって変えても良いかも
    2019/08/29シングルへの道

    現在私はパター3本持ちです。と言うか、エースパターはオデッセイの#7なのですが、PINGの古いのを再生したやつと、先日衝動買いした、ネバーコンプロマイズ。今回のラウンドでも、早めにコース到着というのもあっ…

    記事を読む

  • このところのスタッツを分析してみた
    2019/08/09シングルへの道

    別に今だからってことでもないのですが、暑いじゃないですか。練習に行くのも若干億劫なので、インドアで涼しく自己分析。スコアは毎回GDOに記録しているので、そのデータから分析です。直近の10ラウンドになるの…

    記事を読む

  • 70台を出すマネジメント
    2019/08/02シングルへの道

    このブログは、「100の壁」ってタイトルですよね。これは私が100の壁を感じていた15年くらい前に、自分自身の成長記録、振り返りをするために初めたという理由があります。いつしか年が過ぎ、自分も上達してシング…

    記事を読む

コースマネジメントが生命線

ときどきですけど、テレビ番組の「ゴルフ侍」を見ます。
どの方もクラチャン又はそれに準ずる方ですから、上手いですよね。

ただ、この「上手い」イコール、「スイングがきれい」とは限らない。
つまり、スコアメイクが上手いのですね。

極論を言えば、スイングなど、どんな個性的でも良い。
パー3であれば3、パー4であれば4、パー5であれば5であがれば良い。
これで、スクラッチプレイヤーです。

ショットはそこそこでも、極端なミスがなければ良いし、
パッティングだって、入れば良いのです。

そして、プロだって、ミスショットの連続なのです。
プロは、そのミスの幅が小さいだけ。
良しって球は、1ラウンドで2つとか3つじゃないかな?

ましてや我々はアマチュアなのですから、多くを望むべきじゃない。
そして、90台の方とシングルでは、ショット力にそれほど差がない。

golf-1486354_960_720.jpg

では、何が違うかと言えば3つだと思います。
コースマネジメント、アプローチ、パッティング。

ティーショットなんか、180ヤード飛べばシングルになれます。
アプローチも、そこそこ1ピン以内で大丈夫。
となると、パッティングですが、これは絶対、36打以内。
できれば、32パットくらいを目標にしたいです。

ということは、逆に言えば、どれだけコースマネジメントが大切か。
アプローチもパッティングも、神経を使わないところに残す。

そんな考え方をするだけで、パーオンしなくても動揺はしません。
パーオン率30%ならば、5ホールは乗る計算です。
そのうち、2つか3つパッティングで頑張れば、バーディーが取れる。
そうすれば、「貯金」もできるわけです。

パー72だと、7つボギーを打っても、79。
2つバーディーが取れれば、9つボギーを叩いてもOK。
つまり、半分ボギーでも、70台でラウンドできる目途が立ちます。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
女子プロゴルフそうだろうねの2連発

右か左か

タイトルは、右利き、左利きの話ではありません。
そして、球筋の話でもありません。
少し気になった、「意識」の話を。
これは、あくまで、自分の意識の話なので、正解はありません。

11124329.jpg

右利きの人の場合、スイングって右から左にしますよね。
それで、どこで、右や左を意識するのかってことです。
・・・「右や左の旦那様」ってことではないですね。

最近は、2軸スイング理論って流行らないのかあまり聞きませんが、
体重移動は、必ずされます。

それで、今というか最近意識しているのが、「面」ですね。
ドライバーやウッド系は、左を意識しています。
顔の左、左耳、左の手の甲といった部分です。
多分、方向性と、開かないようにってことかと思います。

では一方で、短いものはどうか。
パッティングやアプローチは、完全に右を意識してます。
これは、「距離感」を意識しているからだと思います。
左は、方向がずれないようにしているだけ。
・・・ここは一般的な理論とは違う気がする。

では、その中間、アイアンはどうかと言えば、
番手によって違う。(;^_^A

8番から短いものは、右です。
逆に7番が真ん中あたりで、6番から4番は左の意識。

なぜそうなったのかは、自分でもよくわからない。
何せ、自己流でずっとここまできたので、経験則としか言えないです。

いろいろな理論や本から得た知識が、自分の中でごっちゃ。
その中から、自分に合ったものを取り入れて今に至るです。

そう考えると、まだまだ成長の余地はありそうな気もします。
問題は、ゴルフに割く時間ですね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
岡本綾子さんの真意はどこにあるのだろう?
宮田成華 合格インタビュー
動いた!世界ランキングとオリンピックレース
母が語る、大江香織の引退

飛ばさない練習

多くの方は、いかに飛ばすか?に苦心されていると思います。
まぁ、飛ばないより飛んだ方が、基本的に良いです。

では、なぜ飛ばないのか?飛ばすにはどうしたら良いか?ですよね。

そのためには、飛ぶ理由を考える必要があります。
でもこれって、人それぞれなのです。
ヘッドスピードを上げるのが比例しますけど、当たらないと飛びません。
そうなるとスイング全体で見直す、クラブやバランスを見直すことになります。

ですから、こうすれば誰でも飛ぶと言う特効薬はありません。
でも、誰もができる効果的な練習があります。それは、
飛ばさないで打つ練習です。

ドライバーって、そもそも飛ぶようにできているクラブなのです。
もちろん、人によって飛距離はさまざまですけど。
当たれば飛ぶようにできているのです。

それを実感するために、敢えて飛ばさない練習をする。

一般的な男性だと、平均飛距離は220から230ヤードくらいだと思います。
それを、150ヤードだけ打ってみる。
そして、100ヤードだけ打ってみる。
これ、意外と難しいのですよ。

練習場にいくと、こんなのがありますよね?

2019-11-10 09.33.52.jpg

このグリーンにキャリーで安定して、オンさせるようにする。
そうすると、相当に振り幅の少ないスイングになります。
ウェッジで40ヤードくらい打つ感じかなぁ。
つまり、完全にドライバーでするアプローチの感覚です。

アプローチですから、一定のリズム、スイング、軌道が必要。
そして、芯に当てないと、グリーンにキャリーさせることはできません。
そしてこれは、いわゆるインパクトゾーン、ビジネスゾーンになっています。

それでも、100ヤード飛んでいくのがドライバーなのです。
あとは、少しだけ振り幅を大きくしてやる。
スリークオーターの感じで、フィニッシュさえしっかりとれば、200ヤード出ます。

ゴルフレッスンで、「まず思いっきり振る」ところから始める手法もあります。
もちろん間違いではありません。

ただ、私の場合は、逆の考え方です。自己流なので。
まずは、パッティングから考える、次にショートゲーム。
最後がドライバーの飛距離と方向性なのです。

ゴルフって、球をコントロールして如何に少ない打数かを競うスポーツですから。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
伊藤園レディス1番ホールに思うこと
回想 ”柏原明日架、賞金シードに滑り込む”

必要最小限なのです

普段どのようなトレーニングをしているのかと聞かれることがあります。
シングルプレイヤーで月イチしかコースに行かないので、不思議なんでしょうか?
それに、練習も週1回、基本、100球なので。

結論から言うと、特別なことは何もしていません。

ただ、毎日続けていることがあって、それが必要最小限です。

1:屈伸とスクワットの中間みたいなのを、10回X3セット
2:左右それぞれで、10回素振り3セット
3:2本のパターで、適当に15分くらい転がし
4:適当にストレッチ


本当にこんな感じなのです。
特に4の適当ストレッチは、ゴルフ用ではない。
仕事疲れを取るのが主目的なので、肩こり防止みたいなものです。
あっ、それから早寝早起きの習慣か。

自分の基礎体力は、まぁまぁある方です。中の上くらい。
一応、球技は何でも、そこそこできるって感じです。特別ではないです。

ですから、クラブを振る感覚、パターで転がす感覚だけは維持しておく。
それで、練習も実践を意識してやる、そんな感じなのです。

2019-11-10 09.27.14.jpg

もちろん、コースに行ったときは、頭を使います。
いわゆるコースマネジメントです。

スイングそのものは、あまり意識することはないです。
ゴルフスイングって、自転車に乗るのとあまり変わりはないと考えるようにしてます。
自転車に初めて乗れるようになったときは、かなり難しかったでしょう。
でも、慣れてくれば、意識しないで、普通に乗れるようになります。

ゴルフスイングも一緒で、ある程度スイングが固まれば、90台はいける。
コースマネジメントとメンタルコントロールで、80台はいけます。
ただ、それ以上のレベルを求めると加速度的に難しさは上がるのですけど。

最後にスコアアップのコツみたいなものを1つだけ。
「あまりスコアにこだわらないこと」です。
何か逆説的ですけど、目の前のショットに集中する。
そのホールや、ラウンド全体の流れを意識する。

こんな感じで、大丈夫だと思います。
何と言っても、ゴルフは自然と共存してするスポーツ。
力技でやっつけようとしても、上手くいかないんです。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
接近した世界ランキング
ジェニファー・クプチョ選手のこと
伊藤園レディス 主催者選考会

中上級者におすすめのレッスン番組

女子プロゴルフPlus+で記事を書いたのですが、こちらでも。
レッスン番組ですが、非常によろしい内容です。

女子プロゴルフPlus+で書いたのは、出演が河本結さんのコーチ、
目澤秀憲氏だったからです。

初回の放送を見ましたが、理論的かつ語り口も上質です。
内容は、パッティングのタッチとラインでした。

golf-1284012_960_720.jpg

スコアが80から90の人ってことで中上級者向けです。
この内容を理解して実践できれば、3パットは相当減ると思います。

再放送もありますので、書いておきますね。
ゴルフネットワーク プレメンレッスン!Season3 目澤秀憲メソッド

2019年11月11日(月)午前9:15~午前9:30
2019年11月12日(火)午後5:45~午後6:00
2019年11月13日(水)午後11:30~午後11:45

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
初日好発進 M1M2
TOTOジャパンクラシック初日 大混戦
ミレニアム世代の最終プロテスト
2019 LPGA最終プロテスト 結果

ひざが痛い(*´Д`*)

先週は日曜日にラウンド、感触も良かったので、翌日も練習しました。
祝日でしたので、打ちっ放しに。
プロのスイングで取り入れたいと思っていた、左足に乗ること。
いわゆる体重移動をフィニッシュで左足1本で受け止めるってやつです。

2019-07-21 08.51.54.jpg

頭の中で、まずまずイメージは出来ていたので、実践あるのみ。
特にドライバーの当たりが良くなり、飛距離も伸びました。
・・・240ヤードが平均して超えるようになった。

そうすると、人間、欲が出るものです。

スイングを固めたいと思い、ドライバー中心に練習。
しかも、いつもの100球を超え、150球打ちました。

すると翌日、

ひっ、ひざが痛い(*´Д`*)

最初は、なぜひざが痛いのかわからなかったです。
というのも、長年ゴルフをやってますが、痛くなった経験って、ほとんどない。

始めたころは、手のひらにマメができて痛かったこと。
初ラウンドから2回から3回は筋肉痛になりましたけど、
それ以外は、痛みについては皆無。

ですから、本当にゴルフの練習で痛くなったのか信じられませんでした。
でも、ほかに思い当たる節がないので、そうだと思います。

普段は打ちっ放しでも、100球を上限としているワタクシ。
それにドライバーは、5球か10球しか打ちません。
やっぱり、やりなれないことはしない方が良いですね。

思えば、(思わなくても)50代後半なのです。
無理はいかんなぁ。(;^_^A

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
スマイリングシンデレラ 流行語大賞にノミネート
河本結 TOTO出場と渋野日向子の動向
最終プロテスト 2日目
TOTOジャパンクラシック 放送予定と見どころ

レベル別スコアメイクの基本 上級編

レベル別スコアメイクの基本、最後は上級編です。
アマチュアゴルファーの私がこれを書くのは、若干気が引けます。
それでも、シングルプレイヤーになって、約10年。
いわゆる、「5下」シングルになりました。

それも、自己流、月イチプレイヤーなので、参考にしていただければ。

スクリーンショット 2019-10-01 21.41.24.png

シングルプレイヤーって、縁が遠いと思われるかもしれません。
それでも、中級編2にあてはまる方は、その気になれば、成れます。

というのも、発想を少し変えるだけで、スコアメイクは変わるからです。
今回は、あくまでもスコアメイクの話に絞ります。
ですから、スイングやパッティングの詳細には触れません。

まず、考えるのは、70台でラウンドするには、

ボギーを7つ出しても良いということです。

パーが72ですから、ボギーが7つ出ても79です。

ですから、ボギーが来ても、焦らないことが大事です。
逆に言えば、ダブルボギーは打ちたくない。

OBが出やすい人はプレッシャーかもしれません。
大抵はティーショットが曲がると思うので、ドライバー以外も選択肢に入れたい。
別にスプーンで打とうが、アイアンで打とうが構わないと思います。

それと、素ダボは避けたい。
このレベルの方は、一通りまんべんなく上手だと思います。

もしダボを叩くとすると、それは、無理したパー狙いじゃないかなと思います。
つまり、深いラフから、アイアンを強振して、難しいラフに行く、
ショートサイドに外して、ボギーオンできない。

そういった傾向がないでしょうか?

難しい状況になったときは切り替える。
これって大切だと思います。

何せ、1ラウンドでボギー7つは許されるわけですから。
大抵どこのコースでも難しいホールが3つくらいあります。
そこは事前に注意して、確実にボギーであがる。
そういった、マネジメントも必要になると思います。

うーむ、ここまで書いてきて思うのですが、やっぱりショートゲーム大事。
パーオン率ってアマチュアだと30%前後。
とすると、やはり、アプローチとパッティングがカギですね。

いつもありがとうございます(^O^)/



女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
渋野日向子 アメリカ行きの可能性
梶谷翼 急成長のローアマ獲得
畑岡奈紗 優勝も歴史の通過点

日本シニアオープン会場で参加できる競技

日本シニアオープンが終わったばかりですけど、ニュース。
会場となった日高カントリーで、JGA主催競技が行われます。

日本シニアオープン開催中の日高CCでの競技会参加者をJGAが募集中



先日行われた、日本シニアオープン。
谷口徹選手が勝ったので、記憶にも新しいでしょう。

そして、会場となったのが、日高カントリークラブ。


このコースでラウンドする機会がある、それも競技としてです。

golf-1486354_960_720.jpg

競技と聞いただけで、「いや、結構です」という方もいるのではと思いますが。
ただし、今回行われるのは、アンダーハンディキャップコンペで正式名は、
JGA主催アンダーハンディキャップコンペ ドリームステージ エクスペリエンス。

この競技は、JGA/USGAハンディキャップインデックス取得者ならば、ハンディ、性別、年齢などに関係なく参加できます。

良いなと思ったところが、
また、プレー代は1万5000円(キャディフィ・消費税込み、利用税別)と格安で、別途6500円の参加費が必要(規則書・ボール3個・来年度の上記3オープン共通ペア観戦券の参加賞あり)。


3オープンとは、日本オープン、日本女子オープン、日本シニアオープン。
ですから参加賞で、モトは取れる計算です。

このアンダーハンディキャップコンペ、ワタクシ、過去に参戦経験あります。

結果は・・・、優勝。

とは言っても、上手くはなかった。(^▽^;)
ちょうどハンディキャップを取り始めたころで、ハンディが16くらい。
ですから、90くらいのスコアだったけど、優勝になったのです。

確か何かスポンサーもついていて、しかも地区予選の位置づけでした。
当然、次戦の決勝ラウンドへってことになったのですが、都合により辞退。
・・・たびたび休みが取れないから。

それでも、優勝ってのは気分が良いです。

シングルを本気で目指そうというゴルファーの方、
もちろんホームで月例に出るのも良いと思いますが、こういった、「他流試合」を経験することって、決してマイナスにはならないと思いますよ。

開催日は、11月18日。(月)お申し込みは以下のサイトからです。
https://www.s-gc.net//dreamstage-ex/

いつもありがとうございます(^O^)/



女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
またも視点がおかしい 【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】
厚いフィールドは良いと思う
プロテスト第2次予選 A地区初日
宮里藍インビテーショナル開催
中国新聞ちゅーピーレディースカップ 放送予定と見どころ

これ、どう打ちますか?

今日の台風、千葉県では、とにかく風がすごかったです。
風速が、観測史上最高の57.5m/s。
んっ!?どこかで見たような数字だと思っていたら、これでしたね。

2019-08-25 JGR.jpg

230ヤード飛ばす、ボールの初速とほぼ同じ?
そう考えると、あれだけの被害が出るのも理解できます。
自然の恐ろしさって、人間を超えるんだとあらためて思いました。

幸い自分の近辺での直接的な被害はなかったですけど。
通勤だけが地獄でした。(*´Д`*)


さて、話は先日のラウンド、あるホールでのこと。
グリーンサイドのラフに入ったボールはこんなライでした。

2019-09-05 14.00.58.jpg

そして、ピンポジはこうです。

2019-09-05 14.01.08.jpg

さぁ、どうやって打ちますか?

多分まつしま。さんがコメントをくれると思うので、実際に自分が打った方法は、コメントで書きます。←強制? (^▽^;)

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

グリーンによって変えても良いかも

現在私はパター3本持ちです。
と言うか、エースパターはオデッセイの#7なのですが、PINGの古いのを再生したやつと、先日衝動買いした、ネバーコンプロマイズ。

2019-06-29 15.48.13.jpg

今回のラウンドでも、早めにコース到着というのもあって、練習グリーンで、3本のパターを持ち込んで打ってました。
・・・だって、本番グリーンで打つって月に1回だし。(^▽^;)

さすがに3本持ち込んでいる人はいないし、見たこともないので、若干恥ずかしい。
ですから、1本はちょっと離れた場所に置いたりして。(^▽^;)

それはさておき、グリーンによってパターを変えるのはアリだと思います。
今回も練習グリーンで転がしたのですが、やや重めに感じました。

オデッセイの#7は、個人的にどちらかと言えば、速めのグリーンに合う。
ということで、今回はネバコンにラウンド初登場してもらったのです。

2019-06-29 15.44.43.jpg

それもあって、28パットと、良かったのかもしれません。
結果論ですけど、やはり自信を持ってパッティングしたいですしね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
非常によろしくない
淺井咲希 スイング解説
LPGAプロテスト第1次予選 C地区初日
ごうぎんDuo 初日
ハンファクラシックに河本結、吉本ひかる、三浦桃香

このところのスタッツを分析してみた

別に今だからってことでもないのですが、暑いじゃないですか。
練習に行くのも若干億劫なので、インドアで涼しく自己分析。

スコアは毎回GDOに記録しているので、そのデータから分析です。
直近の10ラウンドになるのですが、ブランクがあったので、古いのは2014年からのものも含まれるって感じになっちゃいます。(^▽^;)

まず、スコアの推移。

2019-08-08 07.47.09.png

まぁ、率直言ってよろしいと思います。何せ月に1回のラウンドですしね。
今年2回目の習志野カントリー6/21が82ですけど、それもアリでしょう。
と言うか、個人的には、絶対に出来すぎだと思う。

本来は?80から85くらいのスコアでも全然良いと思うのですが。

スコアメイクのカギと言うか長所となっているのが2つですね。
まずは、パーオン率。

2019-08-08 07.49.27.png

40%超えは、正直高いと思う。
振り返っても、350ヤード以内はかなりの確率で乗ってる記憶があります。
パー3でも、140ヤード以内は、ほぼノープレッシャーで打ってます。

そして、パッティングですね。

2019-08-08 07.49.10.png

ここが個人的には生命線と思っています。
パーオン率が高くて、このパット数だから、結果としてスコアがまとまる。
そんなスタッツかなぁと思います。

赤枠で囲みましたが、3パットが0.6%。
記憶でも4月の習志野でしか記憶がない。それだけ安定かもしれません。
それと、ダブルボギー率も少ないと思います。数字に出てないけど。
あと、OBも少ない。この10ラウンドでは打っていません。
それに過去いつOB打ったか、記憶にないので数年は無いと思われます。
・・・数年って言っても月イチプレイヤーなので、大したことはない。

ということで、GDOでのハンデはこうなっています。

2019-08-08 07.47.31.png

何だか、GDOのハンデの方がJGAより多くなるんですね。
JGAのオフィシャルハンデが2.6のときも、GDOハンデはこれくらいだった。

と言う感じでスタッツの分析はここまで。
本来はそれを活かして次に云々があるとは思いますが、何せサラリーマン月イチゴルファーなのでね。

今までと変わらず、大きく望まず自然体で。

時々スタッツを見ながら、楽しむスタンスでいきます。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

70台を出すマネジメント

このブログは、「100の壁」ってタイトルですよね。
これは私が100の壁を感じていた15年くらい前に、自分自身の成長記録、振り返りをするために初めたという理由があります。

いつしか年が過ぎ、自分も上達してシングルプレイヤーになりました。
とは言っても毎回70台でラウンドできるわけではありません。

でも70台で回るイメージというのは、さすがに身についていると思います。
そんな中、私と同じようなマネジメントする記事を見つけました。

みんなのゴルフダイジェストから、夢の70台に必要なのは、8つのボギーと1つのバーディ? 匿名5下シングルがそっと教えるスコア「4.5」のススメこちら

スクリーンショット 2019-07-31 15.17.10.png

ちなみに著者が、「匿名シングル」とありますが、私じゃないです。(^▽^;)

ここで私がいつも書いているスコアマネジメントは、パーは75と考える。
そして、ダブルボギーを打たないですよね。
記事の中にも、同様な記載が見られます。

つまり、ボギーは打っても全然かまわないのです。
というか、むしろハーフで4つずつ、打っても80なのです。
だいたいこのくらいの腕前だと、バーディーの1個は来ますから79。
こう考えると、割と簡単だと思えませんか?

いつも80台前半で回ってくる方って、基本的に上手いと思います。
しかし、どうしても70台が出ないって方に共通するなと思うのが、まず、このスコアマネジメントですね。

バーディーやパーに固執しすぎて、ショットやパッティングを狙いすぎてしまう。
結果として、ボギーで済むところがダボになってしまったりが多いです。

ショートゲームが素晴らしく上手ければ、攻めのゴルフも良いでしょう。
でも、5下のシングルだって、そうめちゃくちゃは上手くない。
ツアープロだって、いつも寄せワンじゃないくらいですから。

そう考えると、セーフティーにいくところは割り切る。
難しいバンカーとか林みたいなところからは、まず脱出。
下りのロングパットは3パットでOK。
ティーショットではOBを打たない。

こういった基本的なところを抑えていれば、70台は夢じゃないと思います。
特に、80台前半で安定している方は。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます