100の壁 実践のカテゴリ記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

カテゴリ:100の壁 実践

  • 芝目をどう読む?
    2020/08/02100の壁 実践

    先日、私のブログの読者兼ゴルフ仲間のKさんからプレーのときに質問を頂きました。「芝目ってどう読むの?」ゴルフに芝はつき物。芝には逆目と順目があることはご存知だと思います。芝目はFWやラフにもありますが…

    記事を読む

  • 雨のラウンド注意点
    2020/07/30100の壁 実践

    全く梅雨明けしないですね。異常気象かなぁ。でも、ゴルフじゃなくて仕事で良かった。(^_^;)というくらい、誰にとっても雨の日のラウンドは辛いもんですよね。さて、雨の日のラウンドの注意点を書いていきましょう…

    記事を読む

  • 夏ゴルフの対策
    2020/07/28100の壁 実践

    いったいいつ梅雨明けするの!?という話もありますが、蒸し暑いですね!ゴルフ場では、外気温より数度高く温度を感じるので、なおさらです。夏対策を今日は2点話します。夏ラフ対策最近、ゴルフ雑誌でも盛んに特…

    記事を読む

  • 待ちチョロの対処法
    2020/07/26100の壁 実践

    「待ちチョロ」って分かりますかね?ドライバーがナイスショットをして、セカンドはピンを狙うぞ~とか、パー5で2オンが狙えるときなど、前の組のホールアウトを待つことになります。こんな時は、だいたいがテンシ…

    記事を読む

  • ティーショット ドライバー以外の選択肢
    2020/07/25100の壁 実践

    70台を出すマネジメントも書いているところですが、少し関連します。それはティーショットの話で、今回はスイングでなくマネジメント視点です。みんなのゴルフダイジェストから、「ドライバーが怖くて持てない狭い…

    記事を読む

  • 本番前の練習
    2019/07/18100の壁 実践

    皆さんは、ラウンド直前に練習はされますか?キャディマスター室でコインをもらってやるやつです。やはり練習する方が多いかな?私はコースによります。練習場が割と充実したコースであればすることが多いですし、…

    記事を読む

  • 自分だけ?のパッティング練習法
    2019/05/16100の壁 実践

    あまり聞かないのですが、個人的なパッティング練習法の話を。これは、練習法と言って良いのかわからないですけど。(^▽^;)それは、「他人のパッティングを見る」です。本番前には皆さん、練習グリーンで転がしま…

    記事を読む

  • ドロップのやり方おさらい
    2019/04/19100の壁 実践

    春になりました。皆さんは、新ルールに慣れましたか?昨日はピンを抜く、挿すで書きましたが、今日はドロップの話です。ゴルフサプリから、こちらの、ゴルフ新ルール|ドロップのやり方、勘違いしている人が多いの…

    記事を読む

  • 抜く派?挿す派?それが問題
    2019/04/18100の壁 実践

    今年からの新ルールで、分かりやすい目玉の1つ。ピンを挿したままで、パッティングできるようになりました。ツアー中継を見ていても、結構に二分されてますね。また、日によって変えるプロも少数ながらいるようで…

    記事を読む

  • 上級者が考える風への対応
    2019/04/16100の壁 実践

    特にこの時期はプレーをしていても、風が強いですよね。ゴルファーであれば、誰しもが悩む風への対応。それについての、記事がみんなのゴルフダイジェストから、「『43』で良しとします」風の吹く日に上級ゴルファ…

    記事を読む

  • アマチュア向けのバンカーショット
    2019/04/12100の壁 実践

    私がこのブログを始めて、自身で100切りを達成するためにやってきたことの1つ。それが、「バンカーは徹底的に避ける」でした。・・・今でも基本的な考え方は変わっていません。しかし、それ以上のレベルを求めたり…

    記事を読む

  • ティーイングエリアは広く使おう
    2019/04/09100の壁 実践

    そういえば、書いたようで書いていなかったかも。ティーイングエリアでの、ティーアップについてです。見ているとたいていの方は、無造作にティーアップしています。特に位置。どういうことかと言えば、だいたいテ…

    記事を読む

芝目をどう読む?

先日、私のブログの読者兼ゴルフ仲間のKさんから
プレーのときに質問を頂きました。

「芝目ってどう読むの?」

ゴルフに芝はつき物。
芝には逆目と順目があることはご存知だと思います。

芝目はFWやラフにもありますが、特に大きく影響するのはグリーンでしょうか?
ベントはそれほどではないにしても、高麗は大きく影響します。

tee-3635309_960_720.jpg

では芝目はどのように読むのでしょうか?

基本は
①グリーン手前から奥に向かって順目の場合が多い。
②風が強いゴルフ場などは山から海、平地方面に順目が多い。
③池がある場合は池に向かって順目が多い。


こんなところでしょうかね?
キャディさんがいれば、特徴を聞くこともできます。

わからない場合には、パッティングラインを
双方向から見て、色が薄い(光っている)方が順目です。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

雨のラウンド注意点

全く梅雨明けしないですね。異常気象かなぁ。
でも、ゴルフじゃなくて仕事で良かった。(^_^;)

というくらい、誰にとっても雨の日のラウンドは辛いもんですよね。

さて、雨の日のラウンドの注意点を書いていきましょう。

①気分的に落ち込まない。
やっぱ、テンション下がりますよー。雨だし。
そんなことを言っても始まらないので、「グリーンが止まりやすいねー!」とか
出来るだけポジティブに考えます。
それから、歩くときに鼻歌は必須です。
「雨に歌えば」とか歌うときが多いです。

②ショットが飛ばないことを前提に組み立てる。
ティーショットのランは出ないし、アイアンもドロップしたりします。
そこで大切になってくるのが、このブログでもお薦めしている、スリークォーターショットです。

アイアンは1番手上げて、スリークォーターで打つようにします。
意識は出球のラインと弾道です。

それから、スリークォーターの基本ですが、
手で振らないこと。
振り幅は、あくまで3/4ですが、しっかり荷重することです。

③パットは切れにくいので強めに。
私は2タイプのパターを持っています。
ピンタイプとマレットタイプですが、ラウンドのときは必ず2本持参します。
雨の日は、グリーンが遅くなっているので、ピンタイプでしっかり打つことが多いです。

④レインウェアは最新のものを!
高くなくても、最新のものをお薦めします。
それは、昔のものに比べて機能が格段に進歩してるからです。
10年以上前に買ったミズノのものじゃダメかなぁ。(^▽^;)

2020-07-14-17.09.13-rotated.jpg

でも、最新のものは、撥水機能と蒸れない機能はたいしたもんですよ。
出来れば、袖が取り外せるタイプをお薦めします!






読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
カテゴリ
タグ

夏ゴルフの対策

いったいいつ梅雨明けするの!?という話もありますが、蒸し暑いですね!
ゴルフ場では、外気温より数度高く温度を感じるので、なおさらです。

夏対策を今日は2点話します。

夏ラフ対策

最近、ゴルフ雑誌でも盛んに特集されてますよね。
夏は芝生の成長も早く、また、粘るので他のシーズンと比べて対策が必要です。

とは言っても自分は打ち方は変えません。
夏ラフに入ってしまった場合、大切なのはライを見極めることです。

golf-881331_960_720.jpg

浮いている場合
大きな対策は要りませんが、打ち込むイメージが強すぎると、
いわゆる、だるま落としになってしまうことがあるので、そこを注意します。
また、スイングスピードが早いとフライヤーで大きく飛んでしまうことがあるので注意です。

沈んでいる場合
このときは、振り切れるクラブで打ちます。
例えば160Y残っていて5Iで届く距離だとします。
それでも芝がクラブのネックに絡みついて、抜けない、飛ばないといったことが起こります。
近くで振ってみて、振り切れるクラブまで番手を落とすことが正解です。

暑さ対策

汗がダラダラ流れてくると集中力もきれ、やる気がなくなります。
でも、最近はネッククーラーという便利なものが出てきました。
これだけで、気化熱の原理で涼しくなります。
ハーフは持つんで、休憩時間で水につければOKと手軽です。

タオル研究所 【Amazon.co.jp限定】 [ 冷却タオル ] B 2枚セット クールタオル UVカット 軽量薄型 熱中症対策 紫外線対策 ひんやり感 くり返し冷たい ジョギング ジム アウトドア 庭仕事 ユニセックス 収納ポーチ入り 迷彩ブラック×グレー 約30×100?

新品価格
¥713から
(2020/7/28 17:44時点)




暑さが苦手な方は、一度お試しを。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
カテゴリ
タグ

待ちチョロの対処法

「待ちチョロ」って分かりますかね?
ドライバーがナイスショットをして、セカンドはピンを狙うぞ~とか、
パー5で2オンが狙えるときなど、前の組のホールアウトを待つことになります。

こんな時は、だいたいがテンションが上がっているので、力んでいること多しです。
結果、ミスショットにつながるって構図です。
そんな待ちチョロへの対処法の記事を見つけました。

2019-01-16 choro.png

確かに集中力というのは続かないものなので、ルーティーンに入る前までは、なるべく他のことを考えたほうが良いです。スイングのことを気にしていると余計に訳がわからなくなることもあります。(;^_^A

私の場合はストレッチをしたり、左素振りをしたりしてやり過ごします。
だいたい雑談する相手が近くにいないってこともあるので。林とか。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

ティーショット ドライバー以外の選択肢

70台を出すマネジメントも書いているところですが、少し関連します。
それはティーショットの話で、今回はスイングでなくマネジメント視点です。

みんなのゴルフダイジェストから、「ドライバーが怖くて持てない狭いホールのティショット。選ぶべきクラブの正解は?」がこちら

スクリーンショット 2019-07-31 15.07.14.png

狭いホールとなっていますが、本当に広いホールって意外と少ないのです。
私はいつもバックティー、青からプレーするのですが、白からというときもあります。

そんなこともあって、白からのときは、必ずしもドライバーを使いません。
むしろ、ドライバーを使うことの方が少ないかも。
それでもスコアは、ほぼ変わらないです。

特にドライバーの調子が悪ければ、スプーンの方が曲がらないし飛ぶ。
ですから、この記事にもある通り、得意クラブがあると有利です。

私の場合、得意クラブはスプーンとアプローチウェッジとパター。
この3つをしっかりやっていれば、それなりのスコアが出せます。
・・・と言うか、70台も出ます。

もっと言えば、300ヤードを切るようなパー4ってありますよね。
たいがいが、ハザードがあったり、急なドッグレッグだったりします。
そうなるとスプーンさえ使えないってことになりますよね。

ですから、もっと下の番手で得意クラブも欲しいです。
私はユーティリティーが性に合わないので、7番ウッドか5番アイアン。
それでも180ヤードは飛ぶので、残りにすれば、9番かピッチングです。

ティーショット=ドライバーという観念を外すだけで、ゴルフが変わると思います。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

本番前の練習

皆さんは、ラウンド直前に練習はされますか?
キャディマスター室でコインをもらってやるやつです。

やはり練習する方が多いかな?
私はコースによります。
練習場が割と充実したコースであればすることが多いですし、練習場がないってコースもあるので、その場合は家かコース近くの練習場でやることが多いです。
・・・でも最近はパッティングだけってときも、たまにあります。

それではツアープロがプレー前にどのくらい打っているかです。
みんなのゴルフダイジェストから、いいイメージなら10球でも練習おしまい!? 女子プロたちに“練習のやめどき”を聞いてみたこちら

スクリーンショット 2019-07-15 17.35.22.png

大抵のプロはスタート時間の1時間前には、コースの練習場に来ます。
パッティングは間違いなく全員がやるのですが、ショットのほうですね。

これは確かにプロによって多い、少ないがあります。
木戸愛、三ヶ島かな両選手は良いイメージが出たらおしまい。
球数を打つのではなく、あくまでイメージ作りの確認ですね。

安田彩乃さんもチェックポイント方式ですが球数は打たない。
つまりは本番で良い球が出るイメージを作るだけですね。

逆にホールアウト後の練習ですが、これはどのプロも打ちますね。
球数はラウンド前より確実に多い。
特に、その日のラウンドでミスが出た場合の修正には力を入れます。

ただ思うことですが、これも大きな意味でのイメージ作り。
その日のスイングやショットを、良いイメージで終えたい、明日は良いイメージでショットできるという暗示的な部分もあるかと思います。

なるほどと思う面もあります。
「ラウンド前練習はイメージ作りが目的」

参考になると思います。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

自分だけ?のパッティング練習法

あまり聞かないのですが、個人的なパッティング練習法の話を。
これは、練習法と言って良いのかわからないですけど。(^▽^;)

それは、「他人のパッティングを見る」です。

本番前には皆さん、練習グリーンで転がしますよね。
私も当然転がすのですが、せいぜい20球くらいです。

ロングパットの距離感を掴むために5球ほど。
6mから8mのラインとタッチを合わせるために10球ほど。
あとは1mから1.5mを入れる練習にします。

それで、他人のパッティングを見て、イメージをします。
上手に順回転を打っている人も参考にはなりますが、そうでない人も参考になります。

「あっ、アウトサイドインに入っているから、右にそれてるなぁ」とか、「パンチが入っているから、止まりぎわの曲がりが強くなってるな」とか見て、自分のパッティングをイメージします。

それから、プロを観戦のときにする、「読み」の実践。
必ず帯同する私ですが、注目選手がグリーンに乗せたとき、必ず先回りしてラインを読みます。そして、自分の読みと実際の転がりの差を確認します。

やっぱりパッティングはストロークも大事なんですが、読みも重要なのです。
あとはそこに打てるかどうか。

11124329.jpg

いま、自分のパッティングで意識していることは、別に書きたいと思います。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

ドロップのやり方おさらい

春になりました。皆さんは、新ルールに慣れましたか?
昨日はピンを抜く、挿すで書きましたが、今日はドロップの話です。

ゴルフサプリから、こちらの、
ゴルフ新ルール|ドロップのやり方、勘違いしている人が多いのでもう一度おさらい!

2019-04-19 drop.png

私自身は新ルールになってから、ドロップの経験はまだないです。
ただ、同伴者の方ではありますね。

まず、高さの問題。
これは、ご承知の通り膝の高さからに変わりました。
少しややこしいのは、「高さが膝」ということなので、必ずしも膝の横からドロップしなければいけないという訳ではないという点。
特に腰が痛い人とかは、膝の横まで手がいかなかったりします。
でも、「膝の高さ」であれば大丈夫です。
・・・これ、始まってみて思うけど、少しややこしいと思う。
プレースでも良いと、個人的には思います。

それからドロップの範囲、救済エリアですね。
「ドライバーの長さ」に決まっています。
ただ、これも、長さがドライバーなので、必ずしもドライバーを持っていかなくても構わないということです。
ですから、例えばウェッジを持って行ったとしても、それにドライバーと思しき距離のエリアであれば、ルール上はOKです。

ただ、これって実際は疑わしく見えるってのが難点です。
私の同伴競技者は、サブグリーンに乗ってしまいドロップの場面がありました。
これは、ショット後にすぐ救済措置が必要と、プレイヤーも同伴者もわかっていたので、すんなりとドライバーを持って行ってドロップしました。

まだまだ、新ルールの定着には、細かい部分でややこしいですね。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
全米女子オープン日本最終予選
竹田麗央アマって知ってました?
KKT杯バンテリンレディスオープン 初日
日本勢6名全員予選通過 ロッテ選手権
オーガスタ帰り 安田祐香の本音
宮里藍 テレビ出演情報

抜く派?挿す派?それが問題

今年からの新ルールで、分かりやすい目玉の1つ。
ピンを挿したままで、パッティングできるようになりました。

glf0002-001.jpg

ツアー中継を見ていても、結構に二分されてますね。
また、日によって変えるプロも少数ながらいるようです。

さて、それで私ですが、今年に入ってから、2.5ラウンドしました。
まだ試行錯誤中なのですが、何となく見えてきました。

それは、8m以上は挿したまま、それ以内は抜くです。

ロングパットは目標があった方がやりやすいですし、ショートパット、これは両方試してみたのですが、ピンを抜いたほうが入る。
ピンに当てるほうがイメージ湧きやすいという方もいらっしゃるでしょうが、控えめな性格?の私は何故かピンを避けてしまうという傾向が分かったからです。
カップがあって、そこに入れるということで長年やってきて、パッティングが得意ってこともあるかもしれません。

しかし少し気になったのが、同伴者が挿したまま派のときですね。
挿す派の方は、「何で抜くんだよ」みたいに思う方もいるんじゃないかと。
・・・面倒な奴だなぁ的な。←考えすぎ?

どうなんでしょうねぇ。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
一ノ瀬優希 地元開幕戦に間に合わせる
川崎志穂 予選通過はならなかったけど
KKT杯バンテリンレディスオープン 開催前に
キ、キンクミのグラビア!?
プロはチップイン狙い? 幡野夏生の場合

上級者が考える風への対応

特にこの時期はプレーをしていても、風が強いですよね。
ゴルファーであれば、誰しもが悩む風への対応。
それについての、記事がみんなのゴルフダイジェストから、
「『43』で良しとします」風の吹く日に上級ゴルファーが“変える”こと

2019-03-30 kaze.png

この記事の中で上級者が語って、印象に残るフレーズは、

「私は、風の日でもゴルフの中身は一切変えません。変えるのは、目標スコアだけですね」

これは個人的にとても良く分かることです。

私もシングルゴルファーなのですが、あらゆる球筋を自由に打ち分けるなんてワザは持ち合わせていません。
せいぜい、フックめとかスライスめ、若干の高低を打てるくらいです。

ですから、プロのように、風にぶつけて止めるとかは意識してできない。
そもそも私は、基本、グリーンのセンター狙いです。

それで、風の状況によって、打つ方向や番手を少し変えるくらい。
スコアメイクをする上では、バーディーやパーを取ることも大事ですが、何よりもダブルボギーを打たないことが大切なのです。

以前に、「逆玉への対処法」を書きました。
結論から言ってしまえば、「ない」のですが、そういうことなのです。
いくら風を読んだにしても、いきなり逆風になったり、突風になったりします。
無理に技術を使おうとして大けがになるのは避けたいです。

ゴルフは自然の中で行われるスポーツです。
あまり、スコアから逆算してプレーをしても良いことはないです。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
でんさんの「夢」を受けての私案 サントリー所属選手
KKT杯バンテリンレディスオープン 概要と放送予定
勝みなみ、東急不動産とスポンサー契約
女子プロも驚嘆のマスターズ
位置づけと質が低いゴルフ放送
Are You Ready? Yuna & Ayaka
日本テレビはチャンネルをスキップ設定しているので

アマチュア向けのバンカーショット

私がこのブログを始めて、自身で100切りを達成するためにやってきたことの1つ。
それが、「バンカーは徹底的に避ける」でした。
・・・今でも基本的な考え方は変わっていません。

しかし、それ以上のレベルを求めたり、また、意に反してバンカーにつかまったときなど、打たなくてはいけない場面があるわけです。
そんなとき、ちょっと興味を引く記事を見つけました。

Carmeから、バンカーを脱出するための”アマチュア専用”バンカーショットを解説!

スクリーンショット 2019-04-10 11.10.31.png

バンカーショットと言えば、エクスプロージョンとか、オープンスタンスとか、ある程度ゴルフの知識がつくにつれ、知ってくるわけです。
しかし、なかなかこれが上手くいかない。
私が、「バンカーを避けましょう」という理由の1つが、理屈が分かっていても、練習する場所や機会が限られているからということがあります。

そんな中で、この記事は、「アマチュア専用」とありますが、面白い。
ポイントとしてあげられているのが、3つ。

目線を上にするだけでフェースは開く
インパクトは決して緩めない
いつものスイングよりもヘッドが遅れて出てくるよう心掛ける

私が思う、いくつかの補足ポイントを。

まずはフェースの開きですが、これはもう、初心者の方は開くだけで、恐怖。
まず、前に、そして上にボールが飛ぶことを想像できないと思います。
ですから、少なくとも、開きすぎないというのもアリかと思います。

インパクトを緩めないというのは、加減の部分もあります。
手先だけで出そうとするのは、そもそも上手くいかない。
しかし逆に、思いっきり打ち込み過ぎるというのも見かけます。
緩まないというのは、「一定のリズムで」が分かりやすいと思います。

ヘッドが遅れてくるように心掛ける。
良いですね~。全くイメージの持ちようの話になりますが大切。
プロのバンカーショットを見れば、必ずクラブヘッドがボールを追い越します。
出来ても出来なくても、このイメージを持つことは大切だと思います。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament 初日

ティーイングエリアは広く使おう

そういえば、書いたようで書いていなかったかも。
ティーイングエリアでの、ティーアップについてです。

2019-04-01 11-shiro.jpg

見ているとたいていの方は、無造作にティーアップしています。特に位置。
どういうことかと言えば、だいたいティーマークの真ん中くらいで、前方のティーマークだけ見て、ひょいと挿します。
結構ギリギリ前方にティーアップする方が多くて、出てしまう、いわゆる、「でべそ」になることも散見されます。

そこで、ちょっと、待った。

少し考えてみましょう。

ティーイングエリアは、数少ないフラットな場所であることが多いです。
ラフはもちろん、フェアウェイでも傾斜はありますから。

しかし、ティーイングエリアでも、必ずどこもフラットとは限りません。
微妙に前上がりだったりすると、ナイスショットをしても、左に曲がる訳です。

もう1点、せっかくのティーイングエリアです。
できるだけティーショットをプレッシャーなく打ちたいものです。
ですから、ティーイングエリアのできるだけ後方に立ち俯瞰しましょう。

そうすると、どの場所が平らで、目標が見やすいのか場所が決まります。

私も、100切り前後の腕前のときに先輩から教わりました。
これだけで、見える景色、ショットの質が変わってきます。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
大流行のサブゼロウェイトはずし
勝者 成田美寿々のクラブセッティング
ANAインスピレーション結果


















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます