100の壁を越えよう 練習編のカテゴリ記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

  • ホーム
  • »
  • 100の壁を越えよう 練習編

カテゴリ:100の壁を越えよう 練習編

体の硬い人必見

Youtubeでチャンネル登録をしている井上透ゴルフ大学。
毎日、いろいろな切り口で動画が更新されます。

それで、最近更新されたコンテンツが、体の硬い人。
これは、自分がそうなので、とても気になる内容でした。



体が硬いと言えば、いわゆる前屈を思い浮かべると思います。
私は生まれてこのかた、1度も手が床に着いたことが無いです。(*´Д`*)
しかし、井上透さんも硬くて手が届かない。

それでも十分にゴルフは出来る訳で、なるほどと思います。

体が硬いと言えば、似たコンテンツがUUUMにもありました。
こちらは、中井学プロのレッスンですね。



ここでは、肩甲骨周りの話、40肩、50肩の話も出ます。
私は怪我はしていませんが、何しろ全身が硬い。
肩周りで言えば、右手と左手を背中でつなげるかと言えば、全くです。
・・・右手は首の後ろまで、左手は腰の上までしかいきません。(^▽^;)

ゴルフスイングで困るのが、左手で右の耳をさわるのがやっとなことです。
つまり、松田鈴英さんみたいなトップスイングは絶対にできない。
・・・左手が顔の前にきちゃう。(^▽^;)

千葉のマット・クーチャーなんて自称しているのは、右ひじが体に着いたままだから。
これは、ひとえに左ひじを伸ばすなんてできないからです。
・・・消去法で、ひじを曲げて、右耳あたりにグリップが来るしかないのです。

それでも、ちゃんとゴルフはできるのが不思議。
年齢や体力、体質にかかわらず、それなりに楽しめます。
体の硬い人には参考にできるレッスンだと思います。

golf-787826_960_720.jpg.png




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

目からウロコ 初心者のバンカー脱出

自分のゴルフ上達に、最も障害だったのがハザード。
中でも、バンカーショットだけは、「チョー苦手」でした。

golf-balls-3389380_960_720.jpg

ですから、100切りレベルまでは、こう考えていました。
「バンカーを徹底的に避ける」

ここでも、繰り返し書いてきましたし、実践をしてきました。
・・・今では普通に一発で出るようにはなったのですが。

なぜ、初心者のときに不得意であったのか、一発で答えが出ましたね。
井上透ゴルフ大学のこちら。


結局、自己流ゴルファーの悲しさなのですが、
実は知識は先に持っていたのです。

オープンスタンスとか、左足重心とか、バウンスを使うとか。
当然、そのように打ったつもりでも、上手くいかなかったのです。

今回、その理由がわかりました。
初心者は余計なこと考えなくても大丈夫ですね。それは、

安定してダフるから(笑)

目からウロコとは、まさにこれです。
初心者と上級者の分かれ目は、アプローチでちゃっくりするかどうか。
これも、実感できるので、良い指標だと思います。

いつもありがとうございます(^O^)/


新サイトも人気ブログランキングに参加しました!
こちらから進んでくださいね。

寒い時ほど、基本に戻る

今日は、どうしたのってくらい寒いですね。
2月は3月並みって暖冬でしたけど、3月の今日は2月並み。(*´Д`*)
新型コロナウィルスだけでなく、パンデミックとかクラスターとか・・・。
得も言われぬ、どんよりとした気分になります。

そうは言っても、毎週1回の練習は欠かさずにやります。
これだけ寒いと、あんまり人はいないだろうと思いきや、

2020-03-08 08.54.23.jpg

満席!

みなさん、熱心だなぁ。

それにしても、寒いので、久しぶりに防寒グローブ登場。

2020-03-08 09.04.49.jpg

そして、ストーブもつけるよね。

2020-03-08 08.56.14.jpg

それで、こういったときほど、この練習です。
安田祐香プロが今も練習している、ショートスイングとジャイロスイング。

「ショートスウィングや、ジャイロスウィングをします」安田祐香がジュニア時代から続ける練習法


坂田塾出身のメソッドですけど、こんな日には、はぴったりです。

と言うことで、56度のウェッジと6番アイアンのみで48球。←少なっ!
6番アイアンもジャイロを中心に練習したので、100ヤード以上を打ったのは5球。
その代わりと言っては何だけど、素振りはたくさんしました。

まつしま。さん、御用達のベンドスティック。

2020-03-08 09.05.54.jpg

素振りは300回くらいはしました。
寒さから体を凌ぐのと、スイング強化のためですね。
周りの人から見たら、けったいなオッサンに見えたかもしれん。

そんな寒い日の練習でした。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
100切りに特化したサイトを作りました!こちらです。

インパクトゾーンだけを考える

先日、260ヤード超えのティーショットが、コースで2発出たという話を書きました。
ヘッドスピード自体は変わっていない。
むしろ、トシを取った分だけ、筋力とともに落ちてます。

では、何故飛距離が伸びているのか?
理由は2つあって、1つは芯に当たる確率が高くなったこと。もう1つは、
「インパクトで強く球を叩けるようになったこと」じゃないかと思います。

最近ドライバーの練習で意識していることがあります。それは、
「インパクトゾーンだけを考える」です。
インパクトゾーン、ビジネスゾーンはこの辺りですね。

2020-02-02 10.16.04.jpg

それで、この部分で最大限のパワーを球に伝えられるように、
そして、正しい軌道と入射角を意識しています。
インパクトゾーンで力を入れるのは腹筋のみの意識です。
インパクト後は、背筋でクラブを引き上げるイメージ。

ですから逆に、トップの位置なんて、全く考えていません。
インパクトゾーンだけを考えて、そこに集中する。
するとそれに関連して、テークバックやトップの位置。
スイング全体のバランスが決まるって考え方です。

これは、初心者向きではないですね。
ただし、フォームはそれなりに良いけど飛距離が出ない。
そんな方にオススメしたいと思います。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
三ヶ島かな 飛んだ!
QT40位からの挑戦
上野菜々子 2020はアマチュアとして
畑岡奈紗のスポンサー?
渋野日向子の経済効果

渋野日向子コーチのレッスン

もう、ゴルフファンでなくとも名を知らぬ人はいなくなった渋野日向子さん。
ただし、この1年間の成長を見るとき、この人の存在は欠かせない。
全英女子オープンでは、キャディも務めた、青木翔コーチですね。
そんな青木翔コーチが、アマチュアにも役立つレッスンを、みんゴルから、

渋野日向子のコーチ・青木翔が教えてくれた、ビシッと打てる! アイアンショットの打ち方


そりゃ、アマチュアは、ビシッとアイアンを打ちたい。
これが出来れば、ショットとしてはシングルレベルになります。
青木翔コーチが提唱しているのは、

左手の小指を締めることが何より大事です。小指が締まっていれば左のわきも締まり、クラブをコントロールすることにつながります」(青木)
この左手の小指が支点となってシャフトのしなりや、しなり戻りが生まれるということで、渋野日向子も重要視しているポイントなのだとか。

これは、グリップの基本と言えば基本。
上級者の手を見れば、左手小指と薬指の付け根にはマメが出来ています。

そして、始動の意識。これは人によって違うかもしれない。
「始動では左の肩、手元、クラブヘッドが連動して動くことが大切です。そうすることで、お腹周りの筋肉がねじられます。筋肉はゴムと同じなので、引っ張られたら戻ろうとしますから、その力を使えるようにしておくんです

捻転という意味では、道理です。
ただ、私のようにシニアになってくると、やり方が少し変わりますけど。

それと、意外でも重要なのがお尻で、これは同感。
「両肩、手元、クラブヘッドの位置関係をキープしたままテークバックすると、自然とバックスウィングでは右のお尻にテンションがかかってきます。その感じのままトップまでねじります

そして、ダウンスイング。これも大切な腹筋の要素。
「溜まったパワーをお腹を使って解放します。切り返し以降は、左にわき腹を回していきます。その際、左の小指を締めて腕は脱力しておけば、左のわきが締まるので振り遅れずに正確なインパクトを迎えられます

早速練習に取り入れられる項目だと思います。

golf-15672__340.jpg

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

ヘッドスピード=飛距離とは限らない

ヘッドスピードと飛距離には相関関係があります。
もちろん、「芯に当たれば」ヘッドスピードが速いほど飛ぶ。
では、ヘッドスピードだけ速くすればよいかと言えば、そうでもない。

それを実感したのが、先日1月20日のラウンドだったのですね。
最近良く行く八千代ゴルフクラブでのこと。
会員権とか持っていないけど、ラウンド数が多いので把握はしています。

ラウンドレポートでも書きましたが、2ホールぶっ飛びだったのです。
普通は、フェアウェイの真ん中に黄色い旗とか白黒ポールがありますよね。
多くのコースは、230ヤード前後を目安としています。
私も、大抵はそのあたり。ですから、平均飛距離は230ヤードです。

2019-08-25 saikin.jpg

ヘッドスピードが41とか42m/sくらいなので、普通はこんなものです。
しかし、5番のパー4と11番のパー5のこと。

飛距離が260ヤードを超えました。

ティーショットの落下地点に行って、自分でもびっくりです。
5番はそこまで打つと、余裕でウェッジの距離。
11番も、むっちゃ当たったので、残りから2オンを狙いました。
・・・撃沈してダフリましたけど。(;^_^A

ということで、実は両ホールとも強振したわけではありません。
特に5番なんか飛びすぎで、極端な左足上がりのライになっちゃったし。

さて、タイトルの話になります。
ヘッドスピードが必ずしも飛距離に比例しないのは、こういったこと。
260ヤード飛んだとき、確かに芯を食った感触はありました。
ですから、同じヘッドスピードでも、芯に当てる、スピン量が大切なのです。

これは、スイングとも関係があるので、接点を見つけるしかないのですけどね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
渋野日向子 JOC指定強化選手に選出
稲見萌寧 ホンダLPGAタイランドに出場
2019年の心残り
吉田優利 プロデビューはオーストラリアから

OKラインを決める

タイトルのOKラインですけど、上り真っすぐ30cmのパットではないです。
今回書くのは、練習での、「目標目安」の話です。

打ちっ放しに行くと、必ずある景色。

2018-10-28 09.22.41.jpg

なぜか、ヤード表示のあるグリーンを狙うという。
距離が明確になっていることと、グリーンがあるってのが要因ですか。
ゴルファーの本能みたいなものです。

例えば、7番アイアンで150ヤードを狙って練習するとします。
さて、どのくらいの確率で、どこへ飛びますか?

グリーンにキャリーさせるって意味では、アベレージの方で1割から2割。
シングルの私でも、半数よりちょっと上くらいのものです。

では、グリーンに乗らないと、どう考えてしまうのか?
これは不思議と、「ミスショット」って思うのですね。
目的が、「グリーンに乗せる」ってことであればミスなのですが、
そもそもアマチュアなので、高確率で乗せる腕前はないのです。
プロだって、1割くらいは外すと思います。

そこで、考えていきたいのが、「OKライン」なのです。
どういったことかと言えば、目標に対して、外れた度合いでOKと考える。
例えば、100切りレベルの方であれば、150ヤードの10%、
つまり、前後左右で15ヤードくらいの幅に収まればOKとします。
シングルを狙う方であれば、5%、7.5ヤードが目安でしょうか?

要は、ポジティブシンキングの1つだと思います。
それよりも、ミスの傾向とかを把握すること、
同じようなミスが出ているようであれば、その対策をすれば良い。

「ミスした」ってことのハードルを上げる必要は全くないと思います。
特に中級レベルでとどまってしまっている方に多い傾向だと感じます。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
女子ゴルフ世界ランキング 2020/01/27
勝ち抜き!女子ゴルフ大戦

距離を番手で決めつけない

冬のゴルフシリーズのようになりました。
今日は、距離と番手の関係です。

green-2564037_960_720.jpg

冬になると飛ばないって、頭で理解していても、感情がついていかない。
つまり、思いっきり振っても、夏場より距離は出ないわけです。

これは、アイアンでも同様。
例えば、150ヤード、夏場だったら、7番アイアンだとします。
それでも、冬は飛距離が落ちる。
私の場合は、6番アイアンを使うのが多くなります。

一番よろしくないと思うのが練習のときですね。
7番で150ヤード飛ぶはずだと信じて、マン振りする。
そうすると、スイングに乱れが出てしまうことになります。

こういったことに注意したいですね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:サントリー 渋野日向子との所属契約を発表

へそをターゲットに向ける意識

寒くなると体が回らない道理。
昨日は、ティーアップしてアイアンを打つ練習を書きました。

それとも関連するのですが、体を回すときに気を付けていること。
それは、へそをターゲットに向ける意識です。

golf-787826_960_720.jpg.png

体が回っていないと頭でわかっているのに振ろうとする。
そうすると、必要以上に手で振ってしまうのですね。

そんなときこそ、本当に体を回す意識が大切。
テークバックで回すことが難しくなるので、タイミングも早くなりがち。
ですから、コンパクトなトップを作り、フィニッシュもコンパクトに。
それでも、しっかりとフィニッシュでへそをターゲットに向けます。

スリークォーターショットの練習が効果的ですね。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です


新生「女子プロゴルフPlus+」もランキングに参加しました!
こちらも応援クリックお願いします。m(__)m

基本に戻りティーアップ

今年は暖冬と言っても、10度くらいだと寒い。
ウォーミングアップをしても、寒いのは寒い。
寒さは我慢できるとしても、体が回らなくなりますね。

そうすると人間って器用なもので、必要以上に手を使います。
いわゆる手打ちになってしまうので、これはよろしくない。

距離感、方向性とも狂ってくるので、かえって逆効果です。

そんな時期ですので、基本に戻った練習ドリルを。

ティーアップしてアイアンで打つ練習をしました。

2020-01-12 09.03.27.jpg

この練習は地味ですけど、基本が詰まってます。
しっかりとしたスイングでないと、芯に当たらない。
ゴムティーを打ってしまったり、トップしたりします。

また、手打ちだと、いかに当たらないかと実感できます。
これだと、インドア練習場でもできますね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:ジャンクスポーツに黄金世代登場

スイングの正解は「動」から「動」

打ちっ放しに出かけると、いろいろな方が練習しています。
それで、やっぱりスイングを見ると、腕前がある程度わかります。

必ずしも綺麗ではなくて良いのですが、気になる点が1つ。
これは、100切りが出来ていないであろう方のスイングでの特徴。
それは、

「アドレスでの静止時間が長い」です。

アドレスは確かに大切です。
アドレスとグリップで、8割がたはスイングが決まるとも言われています。
ただ、私が大切にして欲しいと思うのは、リズムなのです。

golf-1486354_960_720.jpg

一定のリズムでスイングできれば、大きなミスショットは生まれない。
例えば、チョロとかですね。

原因の多くは力みや、それに起因するヘッドアップにあると思うのですが、
それも一定のリズムで振る習慣があれば、かなりの確率で減らせます。

では、一定のリズムで振るのに気を付けたい点は、
これがタイトルで書いた、「動」から「動」への動きです。

人間の体は3秒で固まると言われています。
アドレスで静止するのは確かですが、その時間を短くしたい。
イメージとしては、一瞬、1秒以内です。

では、その前に何をするかと言えば、体を動かすこと。
ここに、ワッグルとか足踏みが入るのですね。

とにかく当たらないという方は、まずここをチェックだと思います。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
ジャンクスポーツに黄金世代登場
2019年国内女子ツアーの優勝ドライバー 中古で物色

考え方が変わってきた左手首の折れ

以前は、オーバースイングに悩むゴルファーが多かったように思います。
その一因に左手首のグリップがトップで甲側に折れるということがありました。

これがあるとオーバースイングになる、クラブの軌道は安定しない、
ましてや修正しようとしてスイングがバラバラになるという厄介なものでした。

過去、私は道具に頼って、こんなものを使っていました。

PA0_0001.JPG

いわゆるサポーターと言うか、プロテクターと言うか。

ただ、難しいのはここ数年で理論が変わってきていること。
オーバースイングの定義も変わり、レイドオフも出てきた。
加えて渋野日向子さんのトップにおける左手の切り返し。
この掌屈は、ダスティンジョンソンにもみられる飛ばしのツボです。

何を取り入れて、何を捨てるのか難しいところです。
自分のスイング全体と照らし合わせて決めたいところです。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
元単年女子プロ支援・懇親コンペ
勝った以上に強かったLPGA



















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます