トーナメント 過去記事のカテゴリ記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

カテゴリ:トーナメント 過去記事

東洋経済から男子トーナメント活性化への提言

こんばんは、今日は過ごしやすかったですね!座和です。


いつも読んでいる「東洋経済オンライン」で男子ツアー活性化の記事がでました。こちら
「スターいなけりゃ、ツアーも衰退」って構図は、本当に悲しすぎです。

記事の中で日本オープンのセッティングにも触れられていますが、難しいところですね。
クラブやボールの進化にともなって、技術を競い合うフェアなセッティングが必要ですが、
男子ツアーの場合で言えば、やはり

各ホールの距離を伸ばすことが絶対に必要です。

そうすれば相対的に、各ホールともに狭くなりますし技術の差も出ると思います。
本当はラフも、ある程度難しくなるように伸ばさなければならないのでしょうけど、
それでは通常営業に支障が出るのは避けられないですから。

やはり今使っているティーインググラウンドから後方に数十ヤード下げる改造、
そんなセッティングにすることが、最も現実的ではないか?と思います。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!


タグ

あと2戦かー、カシオワールドオープンです

こんばんは、なかなか激しい雨の関東地方です。座和です。


3月の開幕から2週しかオープンウィークのなかった女子は、「たくさん試合があった」という満足感があるのですが、男子は、「えっ?もう残り2戦?」って感じがしませんか?
国内開幕戦がマスターズ後になってしまったくらいなので仕方がないのですけど。

さて、気を取り直して、後にも先にも残り2戦。最終戦はツアー選手権なので実質的にはカシオワールドが最終と言いう選手も多いです。
・・・女子のエリエールレディスと同じ位置づけです。

となるとシード権争いも焦点になるのですけど、どうも女子に比べて話題率が低いです。
・・・あまり取り上げた記事が出てないです。男子ツアーの賞金ランキングはこちら
女子は賞金シードが確定し、1600万円強だったのですが、男子で見ると・・・。
56位の塚田選手で1600万円。
うーん、1試合あたりの賞金額は女子の倍あれど、試合数が半分程度では仕方なしかー。

さて、では何をみどころとしましょう?
国内に参戦後、あまり目立った成績の出ない石川遼選手と、妹、葉子キャディコンビに期待しますか?賞金王レースは最終戦ですしね。

さて、大会概要をメモしておきましょう。公式サイトはこちら

コースはKochi黒潮カントリークラブ



放送予定です。

2014年11月28日 14:00~15:54 Round 2 BS-TBS(LIVE)
2014年11月29日 14:00~15:24 Round 3 TBS系列28局ネット(LIVE)
2014年11月30日 15:30~16:54 Round 4 TBS系列28局ネット

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

ダンロップフェニックス、TOP5選手への所感

昨日は面白い展開でしたね!役者が揃うと違います、座和です。


ダンロップフェニックスは上位5選手に見るべきところがあって、とても面白かったです。
思ったところを書きとめておきます。

松山英樹選手
あの、フルスイングした時の音!よく「ブーンッ」とかまんが的には言うのですが、
もう「ヒュッ」と言うか、何か「ピュッ」って聞こえる時があります。
どこで、何が鳴っているのでしょう?凄すぎます。

岩田寛選手
日本ツアー初優勝とWGCでババの背中を掴みかけた男は、まだ淡々と進化しています。
進化の速度が速いので、顔が仙人っぽく見えてきたのですけど。

ブレンダン・ジョーンズ選手
待っていましたよ!BJ。手首の手術から復活です。
ちょっと痩せたように思いますけど、相変わらずの飛距離。
パターはもう短くて大丈夫なのねん?

ジョーダン・スピース選手
理想的とは言えないのですが、いかにも曲がりそうにないスイングですね。
プレーは淡々と見えるのですが、「何だよー!」by 英語と出てしまう若さも好感です。

I・H・ホ選手
あの野生っぷりは、もはやツアープロの領域を超えていると思います。
日本シリーズ終了後、来年から2年間の兵役で見られないのが残念です。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

松山英樹、ダンロップフェニックスを制す!

こんばんは、今日も良い天気でしたね。座和です。


さて、フロント9を終えて、松山英樹、ジョーダン・スピース、ブレンダン・ジョーンズ、I・H・ホの4選手が-14で並んで、「予想通りの展開」と書いたのですが、バックナインはちょっと予想と違う展開になりました。

そもそも優勝スコアを-17から-18と見ていましたので、バック9で意外に伸びなかったな、
そんな印象を持つ展開でした。

4人が足踏みをしている展開の中、そこに割って入ってきたのが、岩田寛選手でした。
8バーディー、ノーボギーの63ですから、これは立派なスコアとプレーです。
ただ、-15として松山選手に並びプレーオフにまで持ち込んだのですが、
そこまでで、いっぱいだったかもしれません。進化した「岩田寛」を見せてくれました。

でもやっぱり、本当は松山選手が-17までは、伸ばさなければならなかったと思います。

どうでしょう?誤算は15番、16番のボギーでしょうか?
いみじくも青木さんが、「楽勝の展開だった」と言ったのは、その点だったと思います。

それでも17番のバーディーは大きかったです。←ここが本当に強い。
18番も最低でもバーディー、まぁイーグルは狙いたいというホールですから、
松山選手が優勝に最も近い展開であることには変わりがなかった訳です。
・・・アドレナリンも全開でしたね。

しかし何だかんだ言っても、日本人がこの大会で勝ったのは7人目。
それだけ、招待選手のための大会という色彩が強い試合で、本命と目され、
しかもホストプロの立場の彼が勝ちきったのは大きいと思います。

松山選手が優勝インタビューで「パッと来て勝たれると、・・・」という発言がありましたが、
本音だと思います。でも、私の中で松山選手は「USPGAツアーから来た選手」
血は日本人でも、良い意味で「パッと来て勝った招待選手」のように見えました。

世界クラスです。

1 松山英樹 -15 269
2 岩田寛 -15 269
3 B.ジョーンズ -14 270
3 J.スピース -14 270
5 I-H.ホ -12 272
6 宮里優作 -11 273
6 武藤俊憲 -11 273
8 C.ストラウド -10 274

全選手の最終結果は、こちらです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

予想通りの4人が並んだ!ダンロップフェニクス最終日速報

こんにちは、今日も秋晴れですね!座和です。


昨日のブログで、「優勝争いは上位の4人で決まり」と書いたのですが、
現時点での中間速報では、その4人が-14で、ぴったりと並びました。こちら

4人とは、松山英樹、ジョーダン・スピース、ブレンダン・ジョーンズ、I・H・ホの各選手。
これは中継が楽しみになってきました!

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

松山英樹、がっちり首位で最終日へ!ダンロップフェニックス

こんばんは、座和です。


ダンロップフェニックスの3日目、松山英樹選手がドンッと単独首位で最終日へ行きます。

1 松山英樹 -14 199
2 J.スピース -12 201
3 B.ジョーンズ -11 202
4 I-H.ホ -10 203
5 小田孔明 -8 205
5 武藤俊憲 -8 205
7 稲森佑貴 -7 206
7 岩田寛 -7 206
7 趙珉珪 -7 206
7 D.スメイル -7 206

途中は最終組の3人で終盤まで流れ込むのかと思ったのですが、
I-H.ホ選手が、彼の個性だと思いますが、12番で強引な攻めでトリプルボギー。
しかも木の枝まみれの中で打ったので、流血してしまう野生っぷり。こちら

となると松山選手とジョーダン・スピースの一騎打ちかと思いました。
でも17番で落とし穴がありました。痛恨の4パットでダブルボギーです。

松山選手も絶好調という訳ではないのですが、5位以下の選手とは格違い。
上位4選手の中ではミスを最小限に抑えて、取るべきところは取る。
あがってみればノーボギーの首位で終えましたね、という感じの3日目でした。

地力、展開からして優勝争いは松山選手が本命の上位の4人でしょう。
ジョーダン・スピース選手はさすがの実力なのですが、体調不良との情報もあります。
こちら

それでも最終日、世界レベルの戦いに期待したいです。全選手のスコアはこちら

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

世界っぽくなったダンロップフェニックス2日目

やっぱり、世界ですね~。こんばんは、座和です。


ダンロップフェニックス、昨日は初日だからまだまだと言うトーンで書いたのですが、
2日目の今日は、いきなり世界っぽいリーダーズボードとなりました。

最終18番をイーグルで締めた松山選手が-10で首位に立ちました。
負けじと同組で回ったジョーダン・スピースがひかずにイーグル、1打差で追うと言う、
誰かがシナリオを書いたんじゃない?と思うくらいの展開です。
こちら

バーディマシンのイ ホンヘ選手や、俺もいるぜの池田勇太選手もピタリとつけています。

これは楽しみな週末ですね~。


読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

稲森佑貴??ダンロップフェニックス初日

こんばんは、今日は絶対に冬の東京で働いています。座和です。


さて南国、宮崎で行われているダンロップフェニックス、初日の結果です。こちら

1 稲森佑貴 -7 64
2 B.ジョーンズ -6 65
3 小田孔明 -5 66
4 C.ストラウド -4 67
4 川村昌弘 -4 67
4 山下和宏 -4 67
4 I-H.ホ -4 67
4 中嶋常幸 -4 67
4 S.コンラン -4 67
4 正岡竜二 -4 67

むー、あんまり見ない顔ぶれが、ちらほら。って、稲森佑貴って誰?ですよね。
男子の若手は、ホントに疎くて申し訳ありません。
えーっと、今季の出場は6試合目の20歳ですね。
どこかで聞いたと思っていたら、昨年のVanaH杯KBCオーガスタで一時首位ですね。
そして、今年9月のチャレンジツアーでプロ初優勝を飾っています。


BJも2位で発進だし、中嶋さんも-4って多士済々なのですが、注目選手はいずこに?

まず、ホストプロ松山英樹選手。7バーディ、4ボギーの68。11位タイですね。
前半苦戦していましたが、後半にバーディーラッシュでした。スイングの振り、はやっ!

そして、招待選手のジョーダン・スピースは-2で17位タイ。
同じ位置には、池田勇太、小平智、近藤共弘らの各選手。

これに続く-1の27位タイグループには、藤田寛之選手、片山晋呉選手、
そしてメジャータイトルホルダーのウェブ・シンプソン選手がつけています。

石川遼選手は初日2バーディ、2ボギーの71で、39位タイで初日を終えています。

まだ、初日ですからね。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

ダンロップフェニックスは「ここ」に注目!

こんばんは、腰の痛さが微妙に続く座和です。


ダンロップフェニックスと言えば、外国人強豪選手に注目せざるをえません。
去年は、ルーク・ドナルドがさすがの実力を魅せて連覇でした。

今年の注目どころの選手としては、

ジョーダン・スピース、ウェブ・シンプソン、ゴンサロ・フェルナンデスカスターニョ、の各選手。
特にジョーダン・スピース選手は猛者の揃うPGAツアーで、10代で優勝という82年振りの記録を去年成し遂げて、是非、見たい!と思う選手です。・・・宮崎までは行けませんけど(^_^;)

JGTOの記事も、そこに注目しています。こちら

この一角を崩せるかの日本勢ですが、やっぱり松山英樹選手、参戦でしょう。
ダンロップの大会なので、ホストプロになります。

それと調子が今一つの石川遼選手もいますね。
ただ林間コースは彼にとって、あまり相性が良くない印象があるのですが。

会場はフェニックスCC。プレーしたことはないのですが、横から見たことはあります(^_^;)




放送予定です。

2014年11月22日 14:00~15:54 Round 3 MBS発JNN24局ネット
2014年11月23日 15:00~16:54 Round 4 MBS発JNN24局ネット

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

小平選手、健闘中!

おはようございます。秋晴れ~、座和です。


さて海の向こうアメリカからのニュースです。
アメリカ下部ツアーの出場権を懸けた2次予選会なのですが、

小平選手が堂々のトップ通過です! こちら

日本ツアーでも好成績を残しながらでの挑戦なのですが、良い滑り出しです。
インタビューの受け答えもしっかりしていて、「好漢」という感じの小平選手。
ファイナルでも頑張ってほしいです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

藤田後退、ババは急降下 太平洋マスターズ3日目

日が落ちて急に冷え込んできましたね。座和です。


さてムービングサタデーと言えば、普通は下位から急上昇してくる選手に注目なのですが、
今日は思わぬ展開が最終組に待っていました。

首位からスタートの藤田選手が73で6位タイに後退、ババに至っては今日は77でした。
特に二人とも前半はショットが荒れていました。

特にドライバー、藤田選手は右にババは左に大きくすっぽ抜ける球が多かったです。
ババはほとんど良いところなしで、18番のティーショット、350Yドライブが最大の見せ場でした。

上位の顔ぶれです。

1 D.オー -10 206
2 ハン・リー -9 207
2 リャン・ウェンチョン -9 207
4 武藤俊憲 -8 208
4 呉阿順 -8 208
6 池田勇太 -7 209
6 H-W.リュー -7 209
6 山下和宏 -7 209
6 藤田寛之 -7 209

全体のスコアはこちらです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

藤田寛之、一歩リードもババが追う

御殿場は冬晴れで寒そうでしたね。こんばんは、座和です。

三井住友VISA太平洋マスターズ2日目、藤田寛之選手が首位に立っています。

1 藤田寛之 -8 136
2 B.ワトソン -7 137
3 D.オー -6 138
3 チェ・ホソン -6 138
5 リャン・ウェンチョン -5 139
5 I.J.ジャン -5 139
5 山下和宏 -5 139
5 武藤俊憲 -5 139
5 呉阿順 -5 139

藤田選手をババが追っているのですが、実は両選手とも決して調子は良くなかったです。
ショットもイメージ通りではない中で、しっかりと取るところで伸ばした、そんな印象です。
特にババは逆球も出ていて、調子はむしろ悪いのですが、その中でですからね。
この辺が世界の一級品です。

さて18番、藤田選手はロングパットを沈めイーグルを奪ったのですが、
実はパッティングで同組の池田勇太選手のマーカーに当ててしまったのですね。
それが幸いしてのバーディーでした。

苦笑いの藤田選手が池田選手とグータッチする姿が微笑ましかったです。

全選手のスコアはこちらです。

注目された石川遼選手ですが、今日はバタバタながらも何とか予選通過です。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ



















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。