現在、国内外での主要なゴルフツアーは中止、または延期となっています。
一方で、日本国内のゴルフ場は、ほとんどが通常通りの営業になっています。

つまり、われわれがプレーする分には、問題ないのですね。
しかし、欧米では、こちらの分野にも影響が及んでいます。

欧州の半数近いゴルフコースが営業停止 ドイツは全面クローズ


特にイタリアでの流行がひどいと思っていたのですが、

感染者が急増している欧州では、プロゴルフツアーの中断だけでなく、8940あるゴルフコースのうち少なくとも4121のコースが営業を停止しているという。スコットランドの専門誌バンカード(電子版)が報じた。


これに加えて、

特にドイツでは、国内1050の全コースがクローズ。外出禁止令を発令した自治体もある中、同国のゴルフ協会は「3月18日から全国のゴルフ場でプレーを禁止する」と声明を出した。


golf-787826_960_720.jpg.png

聞くところによると、アメリカでも営業休止となっているコースも多いようです。
私は、普通にプレーするだけだと、感染のリスクって相当低いと思うのですけど。
通勤したり、スーパーに買い物に行く方が、よっぽどリスクがあると思うのですが。

いつもありがとうございます(^O^)/


「プロゴルフプラス」も人気ブログランキングに参加しました!
応援クリックから進んでいただけると幸いです。

更新記事:プロゴルファー 安田祐香