PGAツアー、トッププレイヤーの1人である、スコット・ピアシー。
インスタグラムで不適切な投稿をしたとして、スポンサー契約を解除されました。

米ゴルフ界で不適切投稿 S・ピアシーが複数社から契約解除


不適切投稿とは、大統領選挙に関わるものですね。内容は、

ピアシーは今週初め、インスタグラムのストーリー機能を使い米大統領選の民主党候補として当選を目指していたピート・ブティジェッジ氏が同性愛者であることについて批判的な投稿をするなど、批判を浴びた。


これって、差別的な発言が問題なんですね。
日本でも不適切発言で炎上とかしますけど、アメリカはもっと厳しい。
特に差別については、弁解の余地が無いと判断されます。

gahag-0117062292-1.jpg

この投稿によって、ピアシーは大きな代償を払うことになりました。
契約を結んでいた、アクシネット社は即座に契約を解除しました。
・・・タイトリストやフットジョイのブランドですね。
また、ウェアブランドのJ.リンドバーグも契約を解除したとのことです。

本人はそれほどと思わなかったかもしれません。
残念ですが、実績と行動で、誠意を示していかなければならないですね。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
100切りに特化したサイトを作りました!こちらです。