先日、太平洋マスターズで金谷拓実君が勝ちましたよね。
アマチュアで優勝と言っても、金谷君は世界ランキング1位。
まぁ、あり得ることだと思っていました。

しかし、金谷君が例外ってことも無いようですね。
みんゴルから、井上透プロコーチの分析です。

アマ優勝・金谷拓実は渋野日向子らと“同学年”。男子にも「史上最強」黄金世代がやってくる!?


もちろん、優勝時から、金谷君が21歳であること。
これは女子の黄金世代と同い年であることは知っていました。

しかし、この年齢って、実は層が厚いのですね。
確かに女子の黄金世代は、宮里藍キッズです。
男子はと言えば、石川遼選手の活躍を目の当たりにしてきたわけですね。

信夫杯争奪日本大学ゴルフ対抗戦のこと。
東北福祉大学と日大との争い。
初日にオーバーパーだった金谷君は団体戦のメンバーから外れた。
それでも、東北福祉大学は優勝したのですね。

相手となった日大も非常に強い。
ということは、この年代全体の実力が高いってことです。

井上氏の見立てでは、こうなります。

「今の大学生は、歴史上最強の世代といってもいいと思うんです。金谷くん抜きで日本一になれるくらい東北福祉大は強く、それに負けないくらい日大も強い。だから大胆な予測を言えば、東北福祉大学と日大のレギュラー10人を10試合ずつ出していたら、もうあと2人くらいは勝っていたかもしれない、というくらいです」(井上)


これは、なかなか凄いことです。
今後は、こちらのブログで、少し男子アマにも注目していきますね。

golf-83871_960_720.jpg

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
2019 LPGA QTファーストステージ 最終結果
こちらも日本一が決まるのです