多くの方は、いかに飛ばすか?に苦心されていると思います。
まぁ、飛ばないより飛んだ方が、基本的に良いです。

では、なぜ飛ばないのか?飛ばすにはどうしたら良いか?ですよね。

そのためには、飛ぶ理由を考える必要があります。
でもこれって、人それぞれなのです。
ヘッドスピードを上げるのが比例しますけど、当たらないと飛びません。
そうなるとスイング全体で見直す、クラブやバランスを見直すことになります。

ですから、こうすれば誰でも飛ぶと言う特効薬はありません。
でも、誰もができる効果的な練習があります。それは、
飛ばさないで打つ練習です。

ドライバーって、そもそも飛ぶようにできているクラブなのです。
もちろん、人によって飛距離はさまざまですけど。
当たれば飛ぶようにできているのです。

それを実感するために、敢えて飛ばさない練習をする。

一般的な男性だと、平均飛距離は220から230ヤードくらいだと思います。
それを、150ヤードだけ打ってみる。
そして、100ヤードだけ打ってみる。
これ、意外と難しいのですよ。

練習場にいくと、こんなのがありますよね?

2019-11-10 09.33.52.jpg

このグリーンにキャリーで安定して、オンさせるようにする。
そうすると、相当に振り幅の少ないスイングになります。
ウェッジで40ヤードくらい打つ感じかなぁ。
つまり、完全にドライバーでするアプローチの感覚です。

アプローチですから、一定のリズム、スイング、軌道が必要。
そして、芯に当てないと、グリーンにキャリーさせることはできません。
そしてこれは、いわゆるインパクトゾーン、ビジネスゾーンになっています。

それでも、100ヤード飛んでいくのがドライバーなのです。
あとは、少しだけ振り幅を大きくしてやる。
スリークオーターの感じで、フィニッシュさえしっかりとれば、200ヤード出ます。

ゴルフレッスンで、「まず思いっきり振る」ところから始める手法もあります。
もちろん間違いではありません。

ただ、私の場合は、逆の考え方です。自己流なので。
まずは、パッティングから考える、次にショートゲーム。
最後がドライバーの飛距離と方向性なのです。

ゴルフって、球をコントロールして如何に少ない打数かを競うスポーツですから。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
伊藤園レディス1番ホールに思うこと
回想 ”柏原明日架、賞金シードに滑り込む”