結構、聞かれることありません?「どのくらい飛びますか?」
もちろん、飛ばし屋に興味で聞くってのが多いと思います。

それで、今回は、みんなが気になる飛距離の話。

飛ぶってのは、ゴルファー誰しもが憧れ。
飛ばなくて悩む人が多しですけど、飛んで悩む人は少ない。
飛んで悩むのは、曲がるからですね。

glf0004-009 (1).jpg

今回の本題は、最大飛距離と平均飛距離の話です。

誰でも完ぺきにミートできるわけではないので、飛距離も最大と平均があります。
アベレージゴルファーの場合は、バラツキが大きい。
上級者になればなるほど、この差が小さくなります。

この最大飛距離と平均飛距離って、把握しておきたいのです。
その理由は2点。

1つがコースマネージメント、スコア作りのためですね。
例えばティーショットでも、池やバンカーハザードを避けるとき。
せっかく物凄い当たりをしてもハザードに入ったら、悲しいことこの上無いです。

また、アイアンショットの距離把握も大切です。
飛び系アイアンだと7番で200ヤードとか売り文句ですけど、良いかどうか。
特にグリーンを狙う場合、飛びすぎてしまうと、逆効果なのです。
ですから、平均飛距離のバラツキを抑えることに苦心したいです。

2つ目は打球事故に関係します
例えば私の3Wでの飛距離は、平均キャリーで210ヤード。
ミスしても、190ヤードは飛びます。

そうなのですが、最大飛距離は、過去247ヤード出たことがあります。
いわゆる劇芯ですが、ビビった。
その時は、グリーンまで300ヤードあったので、気楽に打ちました。
ちょうと、200ヤード強打っても、何もないところだったので。
それが、ガードバンカー近くまで行ったのですね。

この最大飛距離を頭に入れていないと、事故につながりかねません。
一番悩むのが、パー5の2打目、フェアウェイウッドを使うときですかね。

私と同じくらいの飛距離だと、残り200ヤード強が悩みどころ。
一応、「当たると届くので」と言って待ちます。
もしくは、アイアンでレイアップします。

ただ、待つってのも難しいもので、いわゆる、「待ちチョロ」も出やすい。
どダフリして、待たせたものの、飛距離100ヤードとか悲しいし恥ずかしい。
そうは言っても安全第一。

ある程度狙える腕前であれば、待つのが正解だと思います。
一方で、確率5%くらいしか当たらない場合は、レイアップが最善だと思います。

いつもありがとうございます(^O^)/



女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
河本結 アメリカQシリーズ7日目
西村優菜 動画配信情報
古江彩佳のプロデビュー初日
森田理香子キャディ テレビで見れますね
しぶこさん落とす LPGA台湾大会2日目
三菱電機レディス 初日 良い天気