日本国内初開催となったPGAツアー。ZOZOチャンピオンシップ。
栄えある初代王者はタイガーウッズとなりました。



これは何と言うか、現実ですよね。間違いなく。
5日間、4ラウンド72ホールに及ぶ戦い。
13年ぶりとなる日本での試合、タイガーは勝ち切ったのです。
これで、ツアー82勝はサム・スニードに並ぶ最多勝タイ記録です。



そして、最後まで食い下がったのが、松山英樹選手。


うーむ、ここまで来ると、筋書きがあったとしか思えない。
もちろん、そんなものはなくて、全選手が戦った結果ですけど。

今回、私は現地観戦に行くことを迷ったのですが、やめました。
習志野カントリークラブには、桜の季節に下見?ラウンドもしたし、
ここで、チケット情報とか割と早く書いたのですけど。

やっぱり、寄る年波には勝てず、男子の打球が追えなくなった。
しかもPGAツアーの猛者だと、余計にそうなのですね。
それもあってのことでしたが、テレビ観戦でも十分楽しめました。

サスペンディッドの影響もあり、ドラマチックにもなったこの大会。
後世にも語り継がれると思います。




スクリーンショット 2019-10-28 10.51.31.png

いつもありがとうございます(^O^)/



女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
主な更新記事:
サスペンディッドに思うこと
安田祐香 順当にローアマ
柏原明日架 逆転優勝 マスターズGCレディース

タグ