時代とともに進化するゴルフクラブ。
特にこの30年間、平成時代には大きな進歩がありました。

面白い観点の記事がGDOからありました。
ウェッジは「平成」30年間でどう進化したのか?



この記事では平成元年発売で名器と言われたジャンボ MTN IIIと令和元年発売のブリヂストン ツアーB XW-1 ウェッジを比較しています。

私のゴルフ歴は、ちょうど30年ほど。
ですから、実感として、この30年の歩みは良くわかります。

ドライバーについては、言うまでもなく、飛躍的な進化です。
また、アイアンについても、つかまり、弾道、打ちやすさ、こういった側面から進歩をしていると実感できます。

ただ、ウェッジは?
実はシングルプレイヤーになった今でも、私はどちらかと言えば苦手。
パーオン率の高さとパッティングでスコアを作っているのです。

ですから、進化を実感できないからこそ、面白く記事を読めたという面があります。

さて、意外だったのが、30年前のウェッジの方がシンプルなモデルだったという点。
逆に現代のウェッジの方が、いろいろな球筋を打つ操作性には勝ること。
なるほどと思うのが、ツアーで使用するコースが難しくなったことにより、アプローチの引き出しを増やさざるを得ない。
それに対応するため、操作性を高めたということです。

なるほど、そうかもしれない。

ただし、ウェッジは多様化しています。
初心者でもオートマチック的に打てるウェッジもあります。

こればかりはプロの真似をせず、自分に合ったものを選ぶことが大切だと思います。
パターもそうで、プロが使うもの、高価なものが良いわけではなく、「入るパター」が最も良いのだと思います。

ちなみに私が使っているウェッジは、クリーブランドのREG588。
これは振ってみて、また、試打して決めたもの。
決め手は、ヘッドが自然とインパクトポイントに落ちてくる点。
やはり、難しい技術より、シンプルさが好きなのです。


いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

主な更新記事:
上田桃子とイ ボミで思い出した、CAT Ladies
淺井咲希が首位発進 CAT Ladies初日
LPGAプロテスト 一次予選D地区 最終結果