昨日は、WGCフェデックス セントジュード招待の録画を見てました。
かなりしっかり見たのですが、理由がこちら。
ゴルフネットワークで解説をしている佐藤信人プロのツイート。

スクリーンショット 2019-07-30 08.59.24.png


これは、「見たい!」ってなるでしょう。

それで結果なのですが、ケプカが優勝でした。GDOから、
ケプカが悠然とWGC初制覇を達成こちら

スクリーンショット 2019-07-30 wgc.png

あらためてケプカ強しを印象付ける結果だったのですが、注目はプレー。
マキロイと世界トップランカーでの同組。
しかも球筋が逆という組み合わせなので、スイングにも注目しました。

最終日は残念ながらマキロイの調子が出なかったのですが、ケプカの球。
あれだけ引っ叩いても、クラブヘッドやボールって割れないんだ。(^▽^;)
物凄いインパクトから、物凄いパワーフェードの球が出る。
観戦の中心は国内女子ツアーに置いているので、まぁ驚愕でした。
やっぱり、時々はこうして世界最高峰のプレーを見るものです。

ただただ凄いとしか言いようがないのですけど。
やっぱり、自分自身、パワーフェードの球筋ってあこがれです。

ただ、ケプカのように打つってのは生まれ変わっても出来ない。(^▽^;)
でもパワーフェードを打ちたい願望はあるわけで、こっちを参考にしよう。

女子ツアーで、パワーフェードの旬は、イミニョン、河本結の両選手。
自分でも、この二人になら少なくともヘッドスピードは負けていない。
あんな風に打てるかどうかは別にして、イメージは持っておきたいです。





読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です