先日は練習で、100球中80球をアプローチとしたワタクシ。
一応はシングルプレイヤーなので、ある程度の技術はあります。

基本はピッチエンドランを使うのですが、低い球、高い球、転がる球、高く上げて止める球、こういったのは打てます。
実際にこれだけ打てれば、普通にシングルにはなれると思います。

ただ、出来ない技術がこれで、みんなのゴルフダイジェストから、こちら
アプローチこそインサイドアウト軌道! キュキュッと止まる球の打ち方【ゴルフレッスン・動画あり】

スクリーンショット 2019-07-23 21.37.01.png

良く、「プロ球」と言われるアレです。

今まで、スピンを効かせるには、鋭角にヘッドを入れてカットで打つ。
そんなイメージは、私にもありました。

今回の打ち方でポイントを引用しますと、

「ボールに対して、ややインサイドからヘッドを低くゆるやかに入れ、フェースのトゥを上に向けるようにフォローを振り抜いてドロー回転をかけるイメージ。このほうがインパクトゾーンでヘッドが低く長く動き、フェースにボールが乗っている時間も長くなるので、打ち出しが低くてスピンの利いた球になるんです」

ふーむ、全く逆の考え方なんだな。

ポイントはインパクトで右手首を固定、ハンドファースト、ボールは右。
スタンスはややオープン。
それで肝がインサイドアウトに振る。なるほど。

そういえば、らくゴルで葭葉ルミプロも同じようなことを言ってた。
今回の記事と近いけど、あとは若干フェースをオープンだったと思う。

原田プロのレッスンシリーズの良いところは、動画付き。
今回のなんか、文章だとどうしても伝わりにくい。
リンクした記事の動画が分かりやすいと思います。

今度、自分もやってみようと思います。

いつもありがとうございます(^O^)/

女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。