ゴルフを始めたとき、初めてのスイング。必ず横に体重移動してしまいますよね。
私のように男性だと「野球打ち」、女性だと「クラブおも~い」って感じでしょうか?

それである程度あたる段階になると、それでは上手くヒットしない、または飛ばないという壁に当たります。そこで、体重移動について、考えるってことが多しですね。
初心者から、初級者、中級者に至る過程で、誰もが通る道です。

私も、練習場で見ていると、この、「横スライド移動」多いように見えます。
そんなスイングへの処方箋、みんなのゴルフダイジェストから、こちら
“横スライド”していませんか? 体の軸をキープする、ナイスショットのバックスウィング【動画あり】

スクリーンショット 2019-07-03 jiku.png

うん、体重移動といっても、単に右足に乗るだけではダメですね。
右股関節に加重をかけることが大切です。

ただし、この右股関節の位置、意識が難しいのです。
この記事では、「バックスイングで右腰を引く」を推奨です。
正論なのですが、私の場合は上手くいかなかった経緯があります。

股関節が硬いし、カラダ全体も硬いので、右足が伸びてしまうのです。(^▽^;)
もう、本末転倒な感じになるので、意識を別のところに。

それは、右腰骨下、おしり近くに体重を乗せる意識です。
右足を踏みつけて我慢する感じかなぁ。でも腕の力は最低限で。
そして、その部分で我慢をして、右ひざも流れないように。
それでも、腕と肩は入っているので、捻転はできます。

体重移動って、基本を知り、応用を利かすことが必要だと思います。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です