別ブログの方で書いてもよかったのですが、こちらで。
アマチュアゴルフの総本山とも言える、JGA。
私も、ハンディキャップとか、競技とかでお世話になります。

それで、昨年の秋くらいかなぁ。
ホームページが改修されていて、情報がほんの一部しか見られませんでした。

つい先日、6月24日にとりあえず改修が終わって再開されました。こちら
・・・まだ、更新されていないコンテンツもあります。

何で改修に半年もかかったのか謎なんですが、それは置いといて。
先週末、ニチレイレディスに観戦に行きました。
入り口で配布されていたパンフレットがこれ。

12062401.JPG

寄付金募集の案内なんですね。初めてもらったと思う。
思えばHPの改修期間も、寄付金募集のページは大公開でした。

財政的に苦しいのかなぁ。
そう考えると、いつも理不尽な税金だと思う、ゴルフ場利用税。

これって、ほとんどが市町村収入となるんですね。
百歩譲っても、ゴルフ場利用税なんだから、JGAみたいな団体の運営資金に回して、ゴルフの発展とか育成には役立てて欲しい。
どこの地方の財政も楽じゃないのは承知してますが、やっぱり税金は目的に沿って使って欲しいと思います。

LPGAが放映権問題で大きく舵を切った今年。
その理由の1つが財政基盤強化でした。
一見、スポンサーもあって華やかに見える女子ゴルフ。
それでも、財政的には楽ではないことが分かります。

ましてや、アマチュアゴルフであればなおさらであると想像できます。

それとついでに。
寄付をしても寄付金の控除、税制面での優遇が日本は低すぎます。
ですから、欧米のように寄付が一般的にならない一因だと思います。

こういった面を見ると、日本って後進国だなぁとつくづく感じます。
文化としても、寄付が根付かない負のスパイラルです。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。