SLDRを売った話は先日書きましたね。こちら
ただ売ったわけではなく、買いたいドライバーがあったからなのです。

今年はドライバーの当たり年と言われています。
私も話題のドライバーを結構いろいろと試打しました。

では、何を購入したかと言えば、タイトリストの917D3
ですね。新製品ではない。(^▽^;)

いや、実は新製品を買うつもりだったのです。
飛距離性能では、キャロウェイエピックフラッシュが一番だったのですが、これは打球音がどうしても好きになれない。
そうなると、価格的にいっても、テーラーメイドかタイトリストになります。
テーラーのM5、M6とタイトリストのD2、D3を改めて打ちました。
今回は購入が前提なので、結構に真剣です。

それで思ったのですが、確かに今年の新製品は初速が出る。
最初の20ヤードとか30ヤードの弾道が違います。
いかにも、「低スピン」という感じの出球です。

では何故買わなかったのかと言えば、理由は4つです。

1.打感で弾きを強く感じてしまうこと。
・・・何となく、怖いと感じてしまいます。曲がった時のイメージがしにくい。

2.フェースからの球離れを早く感じる。
・・・1にも関連しますね。もう少しフェースで押す感覚が欲しい。

3.操作性
・・・やっぱり場合によっては、ドローとフェードを打ち分けたい。

4.価格
・・・中古なので、新品より当然安いです。美品だったのできれいです。

ドライバーと言ってもやはり飛距離ばかりではないと思います。
それに飛距離が違うと言っても平均すると10ヤードも変わらない。
やっぱり、芯に当てるように練習する方が性に合います。

それと、長年エースドライバーとして使ってきた913D3と打感はほぼ一緒。
バランスも同じなので、違和感は全くないです。ちなみに弾道ポジションはC3です。
加えて4年間の進歩はあって、若干ですが、飛距離も伸びています。
飛距離そのものもですが、弾道が強くなっています。

と言うことで、今月からエースドライバーは917D3になっております。

2019-06-23 09.17.47.jpg

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。