練習場とコースの大きな違い。その1つが傾斜ですね。
一般的に練習場は平たんなところしかないので、練習もままならない。

そんな左足下がりからの打ち方で良い記事がありました。
みんなのゴルフダイジェストから、どう構える? ボールの位置は? 厄介すぎる「左足下がり」の打ち方・構え方【動画あり】

スクリーンショット 2019-06-03 15.18.01 - コピー.png

まず考え方として納得できるのは、このフレーズ。

左足下がりはボールがたとえフェアウェイのいいライにあっても、トラブルショットのひとつだという意識も必要。

このポイントは重要なので、打ち方以前に意識が大切です。

さて、打ち方。まずはアドレスですね。
傾斜なりに軸を傾ける、つまり左です。

それとボールの位置。
これも大切で、通常のショットに比べれば右寄りになります。
この右寄りの程度が難しいのです。
あまり右に寄りすぎてもダフッたり、シャンクしたりします。

推奨されている部分を引用します。

ここが正解というのはなく、傾斜の度合いやそれぞれのスウィングによっても微妙に変わります。ボールの近くの同じライで素振りをしたときに、ヘッドがどのあたりの芝をこするかを見て、その場所にボールを置くといいでしょう

これは、大変現実的だと思います。

そしてスイングはコンパクトですね。
私の場合、フォローを低く、傾斜なりに出していくイメージです。

リンクした記事には動画もあります。
普通の練習場でできるドリルもありますので、良いと思います。

しかし、以前も原田修平プロの記事を取り上げました。
大変参考になるレッスンプロだと思います。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。