土日はこちらのブログを読む人が少ないので、ちょっとゴルフとは離れたことを書いちゃおう。でも、少しは関係もあります。

AIって言って何を思い浮かべますか?人口知能。
ゴルファーであれば、AIフェースのエピックフラッシュドライバーを思い浮かべるかもしれません。

私がエピックを試打したときに思った感想で、
「何で初速が速くなるのだろう?」
「何で、打球音が甲高いのだろう?」というのがありました。

正直に、店員さんに聞いてみたところの答えが、
「AIですから」
って、答えになっているようで、なっていないのですね。

まっ、いいか。ゴルフクラブだけのことだし。

で、話は終わらなくて、やはりAIの何たるかを知らないとまずいのではないかと最近思い始めています。
最初に私が注目し始めたのは、将棋、囲碁の世界でして、両方の世界で今世界最強なのは、圧倒的にAIなのです。
世界のトッププロが束になってかかっても勝てない。
と言うよりも、AIのやり方をトッププロが真似をして取り入れているのです。

将棋は数年前にAIが世界一になったのですが、囲碁は将棋に比べて手が非常に広いので、簡単には追いつけないだろうと言われていながら数年で見事に?追い抜きました。
・・・ダイレクトさんさんとかって発想自体が凄いと思う。

技術の進歩というのは恐ろしい。
コンピューターが出始めたときは、仕組みそのものは難しくなかった。
要は、簡単で膨大なものを一気に処理するってことだと思います。

一方でAIがやばいと思うのは、学習能力。
つまり、人間が思いもよらない部分までデータとして取り入れ、答えを導き出します。
ですから、それを使っているつもりの人間が、答えを説明できないことも。

こうなってくると、本当に少年時代に読んだSFの世界です。
それと最近耳にすることの増えたアルゴリズム。
これも、中身はブラックボックスなんだな。

「アルゴリズムの判断ですから」で通してしまうと言う大技。
ちょいと注意していかないと、危ない世の中になりそうです。


↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
カテゴリ