そういえば、書いたようで書いていなかったかも。
ティーイングエリアでの、ティーアップについてです。

2019-04-01 11-shiro.jpg

見ているとたいていの方は、無造作にティーアップしています。特に位置。
どういうことかと言えば、だいたいティーマークの真ん中くらいで、前方のティーマークだけ見て、ひょいと挿します。
結構ギリギリ前方にティーアップする方が多くて、出てしまう、いわゆる、「でべそ」になることも散見されます。

そこで、ちょっと、待った。

少し考えてみましょう。

ティーイングエリアは、数少ないフラットな場所であることが多いです。
ラフはもちろん、フェアウェイでも傾斜はありますから。

しかし、ティーイングエリアでも、必ずどこもフラットとは限りません。
微妙に前上がりだったりすると、ナイスショットをしても、左に曲がる訳です。

もう1点、せっかくのティーイングエリアです。
できるだけティーショットをプレッシャーなく打ちたいものです。
ですから、ティーイングエリアのできるだけ後方に立ち俯瞰しましょう。

そうすると、どの場所が平らで、目標が見やすいのか場所が決まります。

私も、100切り前後の腕前のときに先輩から教わりました。
これだけで、見える景色、ショットの質が変わってきます。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
大流行のサブゼロウェイトはずし
勝者 成田美寿々のクラブセッティング
ANAインスピレーション結果