ちょっと面白い記事を見つけました。テンフィンガーグリップでのパッティングです。
記事元はみんなのゴルフダイジェストのこちらですね。

2019-03-02 grip.png

多くの場合は、逆オーバーラッピングで握っている方が多いと思います。
基本という訳ではないのですが、まず、ここから教わることが多いです。

テンフィンガーグリップと言えば、ショットで使っている方もいます。
・・・有名どころでは、女子の勝みなみ選手など。
これは、インパクトで右手の力感をクラブに伝えるためと読んだことがあります。

でも、パッティングの場合は、基本、力感はいらないですよね。
記事の中では逆に、右手一本の感覚を大切にして、左手は添えるだけを提唱しています。

その方が本能的にできる。そもそもオーバーラッピングなど一体式の方が日常で使う場面がないので、異質であるという理論です。
ふーむ、そんなものかなぁ。
でも、何のグリップでも違和感があるという方は、試してみる価値もあるかと思います。

なぜそんな風に思うのかと言えば、先日バスケットボール女子のリーグ決勝を見ました。
結果はENEOS、驚異の11連覇となったのですが、相手は三菱電機。
その主力の一人に王選手がいて、彼女はフリースローを右手だけで投げていました。

ちょっと、トッププレイヤーでこの形は見たことがない。
このグリップの話を読んで、彼女のフリースローを思い出しました。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
リマインダーです 事前番組”黄金世代8人テレビマッチ”
韓国予想通りのぶっちぎり 日本は6位
ダイキンオーキッド2日目を終わって
岡村咲プロとの再会編 その2
ホールアウト速報!ダイキンオーキッド2日目
中間速報!ダイキンオーキッド2日目
レアなキリ番
黄金世代8人がペアテレビマッチ
ジョン・ジェウン、ぎりぎりセーフ
諸見里しのぶ、初日2位発進
松田鈴英が首位発進~ダイキンオーキッド初日
2日目は日本勢後退 クィーンシリキットカップ