バンカー超えのアプローチ、第2弾は上級編になります。
・・・中級編ってのがないですけど。(;^_^A

さて、上級編は、「寄せるアプローチ」になります。
寄せるためにはどのようにするか、そのための要素を書いていきますね。

アプローチ.jpg

1.バンカーを消す
これは物理的に消すのではなく、視界、意識から消し去ることです。
寄せるわけですから、バンカーがあろうがなかろうが関係ありません。
これは、技術の習得と慣れですね。

2.ライを見極める
基本、ラフから打つことが多い、またFWからでもライの見極めは極めて重要です。
沈んでいるのと浮いているのでは、ショットが全く違います。

3.落とすポイントを絞る
これは4にも関係するのですが、キャリーとランのバランス。
スピン量から逆算してショットを選択します。

4.ショットの種類を選択する
ランがある程度使えそうであれば、ピッチエンドランの延長で大丈夫です。
難しいのは、バンカー越えで、すぐに止めたいとき。
ここでロブショットが必要になるわけです。

どうでしょう?やっぱりバンカー超えから寄せるのは簡単ではありません。
上級を目指すのであれば、アプローチの引き出しを増やす練習をしたいですね。

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
永井花奈がヤマハと契約!
ホンダ LPGAタイランド 最終日の結果
日本開催です!アジアパシフィック女子アマチュア選手権
急げ!内田眞樹カメラマン追悼写真展 その2