寒くなりましたが、今日は良い天気でしたね。
寒い時の練習で、アプローチの話をしましたが、今日は角度を変えて。
タイトルにもある通り、

7番アイアンで100ヤードを打つ練習です。

これは、アプローチ練習の応用編になるかと思います。
目的は、芯に当てる感覚を養うことと、トラブルショットのための練習です。

私は普通に打つと、7番アイアンで150ヤードのキャリーです。
そこを100ヤードしか打たないのですから、当然振り幅は小さくなります。
ハーフスイングとスリークォーターのちょうど中間、10時-2時くらいです。

スタンスは肩幅より狭く、オープンに。アプローチをするスタンスです。
決して飛ばすことを意識せずに、芯でとらえて100ヤードを打つ意識です。
私の場合、ほぼ100%の確率で95ヤードから105ヤードの間に収まります。
また、弾道はフルショットの半分の高さです。

jagcz151000120.jpg

これができると、芯でとらえる感覚が養われると同時に、
林の中から100ヤードを低く出したいときに役立ちます。
また、弾道が低いので風の影響を受けにくい。
パー3やレイアップショットにも応用がききます。

ちなみに私が100ヤードちょうどを打つときには普段50度のウェッジを使っています。
当然、弾道は高いので、グリーンに上から落とすときにはこちらです。

読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+の最新記事:山口すず夏 年内にプロ宣言
こちらの人気ブログランキングから進んでください。