ゴルファーなら誰しも、「まっすぐ飛ばしたい!」という意識が強いと思います。
私もアベレージゴルファーのときはそうでした。
それは、ミスショットが、「曲がるショット」と思っていたからです。

しかし、ツアープロでさえ、「いつもまっすぐ」はありません。
逆に言えば、ツアープロにとっては、まっすぐを打つ方が難しく感じると思います。
なぜなら、必ずドローやフェードの持ち球があって、それを使いスイングするからです。

7137370.jpg

アベレージゴルファーでも、基本的な考え方は同じです。
「曲がってしまう怖さ」よりも、「曲げる意識で打つ」を大切にしてほしいと思います。
・・・ドローめで打とうとかフェード気味でとかですね。

もちろん、最初はうまくいかないかもしれません。
それでも、意識すること、繰り返し練習をすることが大事なのです。
・・・ゴルフは再現性のスポーツなので。

そこでスイングが固まってきます。
そうすると、ラウンド中にスイングの修正が必要なとき、原因がわかるようになります。

読んで頂きありがとうございます!

ゴルフランキング
他の100切りゴルファーブログはこちらからどうぞ(^O^)/
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
もう1つのブログ女子プロゴルフ Plus+の最新記事:「優勝 原英莉花 2018LPGA新人戦 加賀電子カップ」

プロゴルフランキング