欧州男子、アジアンツアーのホンマ香港オープンが今週行われるのですが、
宮里優作選手が、体積260ccの極小ドライバーを導入するとのことです。。
もちろん、プロトタイプなのですが、ロフトは9.5度。ツアーADのシャフトです。

260ccと言えば、スプーンくらいなのですが、当然小さい訳で、スイートスポットも狭く、普通は難しくなると思います。
ただ、現在はドライバーの体積が460ccが普通になってきているので、トッププロの場合、他のクラブとは違う打ち方が必要となります。
それを調節しながら試合を戦っている訳ですが、今回は思い切った逆転の発想ですね。

振った感じはスプーンよりもアイアンに近いとのこと。
精度の高いトッププロにとっては、良いのかもしれません。
ちなみに飛距離は、通常の460ccヘッドのものと変わらないようです。

ホンマかいな? (-。-)y-゜゜゜

2018-11-21 20.00.37.png

詳細は、こちらのGDO記事をご覧ください。

読んで頂きありがとうございます!


他の100切りゴルファーブログはこちらからどうぞ(^O^)/ ⇒ にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ

もう1つのブログ女子プロゴルフ Plus+の最新記事:「鈴木愛が最終戦で狙うもの」