こんばんは、座和です。オーダーしていたユーティリティがやっと届きました。
と、言うことで、長らくお待たせしました。購入したユーティリティが手元に来ました。

タイトリスト 816 H2 ユーティリティです。

先日、大ヒントでもないですが、H1ユーティリティの記事を書きましたが、
買ったのは、より、アイアンに近い感覚で打てる、H2の方でした。
・・・何か、H2とかって書くと、国産のロケットみたいですけど(^_^;)

最近のタイトリストはユーティリティのラインナップが沢山あって、本当にチョイスが大変。
今回購入に至ったのはH2なのですが、シャフトも色々と選べたのですね。

標準がこちら。MCI70ですね。

また、ツアーADも選べます。

そんな中で私が選んだのが、SPEEDERの715。別モデルで標準仕様となっているものです。

タイトリストのユーティリティはシャフトがワンタッチで差し替えられると同時に、
最近流行のカチャカチャもあって、ライ角やロフト角が選べ、弾道調整できます。
「掴まり過ぎ」と感じるユーティリティが多かったので、この機能は、「保険」です。


私も結局は標準ポジションのA1で良かったのですけど、結果論ですね。

さて、構えた感じはこちら。


少し小ぶりな部類に入りますが、私にはちょうど良い大きさです。

打感は元々気に入ったヘッドだったので、シャフトとの相性で選びました。
元々SPEEDERと相性が良かったですし、振ったバランスはFWウッドで使っている915と
かなり似た感じのバランスで、最も違和感がなかったです。

それに加え、今回、実打練習をして思ったのですが、クラブなりに打って高い弾道も出すことができますし、アイアン気味に潰して打っても操作性が良いです。
ディボットや少々のラフに入っても打てる感覚だったので、これが良し。

良い買い物をしたと思います。





いつもありがとうございます(^O^)/


新サイトも人気ブログランキングに参加しました!
こちらから進んでくださいね。