こんばんは、座和です。今週の3大仕事の1つが無事に終わり一息の座和です。
 応援のクリックが励みになります

色々なことがあって、久しぶりの月曜日フィニッシュとなった今回の全英オープン。
思ったことを、いくつか書いて見ます。

1 いつもと違ったセントアンドリュース
サスベンデッドは置いておいても、まずグリーンが例年になく緑でしたね。
これは、それまでの降雨量や日照の関係もあったかと思います。
そして、コース全体が柔らかかったです。
グリーンでのバックスピンが、あんなにあるオールドコースは初めて見ました。

2 飛ばし屋至上ではなかった
2日目のダスティンを見る限りでは、飛ばし屋が圧倒的に有利かと思いました。
止まるグリーンも相まって、ウエッジで上からドーンで行けますから。
でも、最終的に勝ったのは、ザック。飛距離には劣りますが、正確性が身上の選手でした。

3 松山選手の可能性
2日目のチャージで優勝争いに食い込んだ松山選手。その他で伸ばしきれませんでしたが、実力の片鱗は充分見せてくれました。

4 もう「ふた頑張り」が必要な日本人選手
松山選手以外の日本人選手は、(予想通り)全滅でした。
今年のオールドコースのコンディション、ザックが勝ったことからも証明できるように、技術があれば、日本人選手でも勝負になったはずです。それが予選で全滅・・・。
これでは、国内ツアーを見に行こうという気も失せると言うものです。

とにかく、何でも良いので、奮起に期待します!

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、から進んで下さいね
タグ