「プロゴルファーに肩こりはいない」と聞いたことがあります。
本当かいな?と思いますが、確かに肩の可動域はプロにとって生命線ですから、
常日頃から、気をつけている部分かも知れません。

石川遼プロの肩甲骨の柔らかさは有名ですし、
あの青木功プロだって、今でも開脚して十分な前屈が出来ますしね。

さて私ですが、柔軟性って言葉には、ほぼ無縁です。

最近は、坐骨神経痛だとか、腰痛だとか騒いでいますが、
元々、首、肩、背中と、モノ凄く固いんです。
太もものハムストリングも異常に固くて、立って普通に前屈するじゃないですか?

それで、手先が膝の下までしかいかないんですが!・・・何か?

でもね、こうやって楽しく80台で、たまぁに70台でラウンドできる訳ですよ。
多分ですが、瞬発する筋肉が結構、発達しているのかも?と思います。

意外にも、確かイチロー選手もかなり体が固かったはずです。
テレビで良く見るでしょ?守備位置でストレッチしているとこ。
でもあの俊敏性ですからね。

もちろん、両方あったに越したことはないんでしょうけど。💦

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。