マスターズ最終日の結果です!

今日は上位がスコアを伸ばしあう、見ていてスリリングな展開。
18番を終わって、前日までの首位、キャンベル選手とペリー選手に
カブレラ選手が-12で並び、サドンデスのプレーオフに。

プレーオフ2ホール目でカブレラ選手の優勝が決まりました。

注目の片山選手、やりました!

この日は69で回り、通算-10で単独4位

この成績は伊沢利光選手と並ぶ日本人最高順位です。
初日、オーガスタではじめての60台で回った片山選手。

決勝ラウンド2日間ともアンダーパーしかも最終日69は
立派なひとことに尽きます。
昨年獲得した、永久シードはやはりタダモノではありません。

今田選手も最終日スコアを伸ばし、通算-2で19位タイでフィニッシュ!
予選をぎりぎり通過だったことから考えると良く頑張りました。
この粘りが彼の持ち味で、昨季の優勝もフロックではありません。

私、実はマスターズはその昔、河野高明選手が出ている頃から、
見ています。※1970年代ですかね?

その当時と比べて、同じオーガスタナショナルですが、
明らかに難しくなっています。

今回も鏡のグリーンはもちろん、傾斜の難しさ、
載せる場所、アプローチの落としどころなど、1点に限られ、
本当の技を持っているプレーヤーしか生き残れないことを再確認しました。

つまり、石川遼選手、随所にホントに良いショットを放っていましたが、
それを毎ホール、毎ショット、4日間続けたものが、
グリーンジャケットを着られるということを痛感した4日間でした。
でも、石川選手、経験と研鑽を積めば、十分可能性があることを
見ていても実感できたプレーでした。

応援クリックは、こちらです。(^O^)/ 下のバナーからも行けます!


読んで頂きありがとうございます。
他の100切りゴルファーブログはこちらです(^O^)/ 下のバナーからも行けます!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!