今日はスイングで欠かすことのできない体重移動の話です。

スイングに体重移動が必要かどうかと言えば答えはイエス。
問題は、どのように体重移動するかです。
原則として体重移動は体の内側で行なわれ、決して外には出ません。
つまり、トップの位置では右足に、フォローでは左足に乗る訳です。

しかし、実際にどの程度、どこを意識してというのは個人によって
感覚が違いますから、ここが難しいところです。
膝に重点を置く方もいれば、腰や骨盤、内転筋、
文字通り足に重点を置く方もいらっしゃいます。
教え方やレッスン書もそれぞれです。

さて私の経験で言いますと、
初心者の頃は、まず体重移動がうまくできませんでした。
つまり、「下半身は動かすな!」ということを忠実に守っていたわけです。
当然、全くの手打ちです。スコアも120前後でした。

それから体重移動なるものを意識するようになり、右足1本から
左足1本への素振りをルーティーンに取り入れ、ショットも安定し、
100ちょっとでラウンドできるようになりました。

そうなると「欲」というものが出て、「もっと飛ばしたい!」
ということで過剰な体重移動、つまりスウェーなどが出始めました。
当たったときの距離は良いものの、方向性にバラツキが出るようになったのです。

そして行き着いたのが現在の方法です。

100の壁的体重移動は、
「アドレスで右の股関節に乗り、それを保ったままインパクトし、フォローで右足裏が目標方向に正対する」というものです。

gahag-0075285648-1.jpg

左への体重移動は意識しません。
それでなくても、上のような方法で、勝手に体重は移動されます。
この感覚に至った経緯は、体重移動を意識するあまり、
左に突っ込むことや、右肩が突っ込む癖があり、これを防ぐためです。

ともかく、体重移動を意識し、実践するに当たっては近道はありません。

各種のレッスン書などを元にして、自分にしっくりする方法を
見つけ出していただければと思います。

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です