2020年07月の記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

月別アーカイブ:2020年07月

  • 練習でも風の影響を考える
    2020/07/20100の壁 練習

    先週末練習に行ったとき、書こうと思っていた記事です。風の影響はゴルフで無視できないものですが、先にまつしま。さんに書かれた。(^▽^;)こちら。少し書きにくくなったけど、書きます。ゴルフでは風のことを「…

    記事を読む

  • スライドしない体重移動
    2020/07/18100の壁 練習

    ゴルフを始めたとき、初めてのスイング。必ず横に体重移動してしまいますよね。私のように男性だと「野球打ち」、女性だと「クラブおも~い」って感じでしょうか?それである程度あたる段階になると、それでは上手…

    記事を読む

  • 汚れたクラブでも宅配で高く売れました!
    2020/07/17その他

    結論から言うと、売りましたよ。S-YARDのドライバー。貸したクラブが汚れて帰ってきて、買取のクイック査定をしたところまでは書きました。その結果、買い取り金額が、100円から2,400円の間ということで、どうなん…

    記事を読む

  • ブルックス・ケプカ スイング解説
    2020/07/16トーナメント雑感

    先週のWGCでも貫禄と強さで勝ち切ったブルックス・ケプカ。強さの根源でもある、スイング解説。みんなのゴルフダイジェストから、無敵かっ! ケプカのスウィングはなにが凄いかおさらい分析がこちら。プロゴルファ…

    記事を読む

練習でも風の影響を考える

先週末練習に行ったとき、書こうと思っていた記事です。
風の影響はゴルフで無視できないものですが、先にまつしま。さんに書かれた。(^▽^;)
こちら。少し書きにくくなったけど、書きます。

ゴルフでは風のことを「空中のハザード」とも言います。
ハザードと言えば、池とかバンカーなどを思い浮かべると思います。
それだけ、ショットやプレーに影響するからです。

まつしま。さんは、ラウンド時での注意点を書かれていますが、私は、練習時から意識することが大切だと思っています。

と言うのも先日の練習でのこと。
練習場にあるフラッグは、こうなびいていました。

2019-07-21 09.00.10.jpg

左から右へサイドフォロー気味。

と言うことは、真っすぐ打っても右へ少し流れるわけです。
これくらいの弱風であれば、スイングのバランスが崩れることはありません。
気を付けなければならないのが、特にショートアイアン。
風速で4mくらいあると、飛距離の5%から10%くらいは影響を受けます。

ですから、100ヤードであれば、5ヤードから10ヤードですね。
100ヤードで10ヤード違うとなれば、そもそも番手選びからして違う。
それだけ風というのは影響があるのです。

さて、それでは練習に於いての意識とはですが、
「風で曲がることを事実として認識する」です。

ちょっと難しい言い方になりましたが、4mの風が左から右に吹いていて、100ヤードを打ったら、5ヤードくらいは目標より右に着弾するのが正解ということです。

どうしてこんなことを書いたかと言えば、隣で練習していた方。
ほぼ中級レベルと見たのですが、この曲がりが納得できない様子。
実はとても良い球を打っていたのですが、真っすぐにこだわり過ぎなのですね。
しばらく見ていると、無理やりフック回転でまっすぐいかそうとしていた。

こういったことをしていると、そもそものスイングが崩れます。
本番はもちろん、練習でも意識したいです。

そうそう、ドライバー。
アゲインストの時は、当然飛距離が落ちます。
いつもより飛ばないからといって、マン振りはダメですよ。
スイングやリズムが崩れるもとです。
アゲインストのときは、ゆっくりを意識した方が、結果良いです。





読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

スライドしない体重移動

ゴルフを始めたとき、初めてのスイング。必ず横に体重移動してしまいますよね。
私のように男性だと「野球打ち」、女性だと「クラブおも~い」って感じでしょうか?

それである程度あたる段階になると、それでは上手くヒットしない、または飛ばないという壁に当たります。そこで、体重移動について、考えるってことが多しですね。
初心者から、初級者、中級者に至る過程で、誰もが通る道です。

私も、練習場で見ていると、この、「横スライド移動」多いように見えます。
そんなスイングへの処方箋、みんなのゴルフダイジェストから、こちら
“横スライド”していませんか? 体の軸をキープする、ナイスショットのバックスウィング【動画あり】

スクリーンショット 2019-07-03 jiku.png

うん、体重移動といっても、単に右足に乗るだけではダメですね。
右股関節に加重をかけることが大切です。

ただし、この右股関節の位置、意識が難しいのです。
この記事では、「バックスイングで右腰を引く」を推奨です。
正論なのですが、私の場合は上手くいかなかった経緯があります。

股関節が硬いし、カラダ全体も硬いので、右足が伸びてしまうのです。(^▽^;)
もう、本末転倒な感じになるので、意識を別のところに。

それは、右腰骨下、おしり近くに体重を乗せる意識です。
右足を踏みつけて我慢する感じかなぁ。でも腕の力は最低限で。
そして、その部分で我慢をして、右ひざも流れないように。
それでも、腕と肩は入っているので、捻転はできます。

体重移動って、基本を知り、応用を利かすことが必要だと思います。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

汚れたクラブでも宅配で高く売れました!

結論から言うと、売りましたよ。S-YARDのドライバー。
貸したクラブが汚れて帰ってきて、買取のクイック査定をしたところまでは書きました。
その結果、買い取り金額が、100円から2,400円の間ということで、どうなんだろう?とも思っていました。

2018-11-06-4.png

でも、まぁ本査定をしてもらおうと考えて連絡し、梱包材を送ってもらうことに。メールで申し込むと、こんなメールが早速届きました。

2018-11-12 17.23.59.png

梱包材を持ってきてもらう日時は、こちらの希望で決められます。そして、段ボールがこんな感じで届きます。

2018-11-14 18.39.45.jpg

あとは、買取申込書に署名とかして、

18111401.JPG

本人確認の証明(免許証のコピーなど)を貼り付けます。

18111402.JPG

これで、あとはクラブを梱包するだけ。佐川の兄ちゃんが指定日に集荷してくれます。

さて、指定日に集荷されたクラブは翌日にはゴルフエースに届いたようです。同じ関東なのでね。待つ間もなくって感じでメールが来ました。

2018-11-17 18.41.08.png

ちょっとドキドキって感じがありました。※クイック査定の100円だったらどうしようって。

2018-11-17 18.39.02.png

むむっ!3,675円?査定が自己査定のCから本査定では、Bにランクアップしてた!嬉しい誤算なので、すかさず、申し込むよね。

2018-11-17 18.43.20.png


あとは、確認画面をクリックして終了と。

2018-11-17 18.44.56.png

今回は自分が思ったより、いろいろな面で良かったです。
査定金額も満足だし、それこそ汚して返してきたゴル友に売るにしても、3,000円くらいで話をしたと思う。・・・友人関係も壊さずに良かった。(*^_^*)


買取確認をした翌日には、振込お知らせのメールも来ました。

2018-11-19 17.03.51.png

今回、買いとってもらったところです。
ゴルフエース








読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です

ブルックス・ケプカ スイング解説

先週のWGCでも貫禄と強さで勝ち切ったブルックス・ケプカ。
強さの根源でもある、スイング解説。

みんなのゴルフダイジェストから、無敵かっ! ケプカのスウィングはなにが凄いかおさらい分析こちら。プロゴルファー・中村修氏の分析です。

スクリーンショット 2019-07-31 15.28.50.png

最終日最終組はマキロイとの対決だったので、これは期待しました。
なかなか、こういった豪華な最終組はない。
両方とも豪快に振り切るタイプなので、ティーショットだけでも楽しみ。

ということで、飛距離方向性とも際立ったケプカのスイングですね。

まず、ケプカのスイングは、「曲がらない」を基本としています。
どういったことかと言えば、引用しますと、

ケプカといえば飛んで曲がらない選手の代表例という印象ですが、そのスウィングの特徴はフェースを開かずに上げ、トップでフェースが空を向くシャットフェースです。スウィング中のフェースの開閉が少ない分、方向性に優れたスウィングですが、本来飛距離の出る打ち方ではありません。

そうなんです。
飛ばす選手、普通はこの開閉を使ってボールを押す、叩く感覚があります。
でも、ケプカは開閉を極力使わないのですね。

これは、私たちでも方向性重視で、「置きにいく」場合は使えます。
ではなぜケプカは飛距離が出るのか?
それは、鍛え上げられた強靭な肉体。

元々、182センチ93キロなので、でかいと言えばでかいのですが、USPGAツアーの中では、特別にでかいわけではないです。

ただ、テレビを見ていても分かるのですが、腕とかの太いこと!
そこから、平均ヘッドスピード54.5m/sで打ち出します。
こりゃ、飛んで曲がらないはずだ。

もちろん、上腕だけで飛ぶわけではないので、しっかり下半身も連動している。

ということで、あらためて納得。
では我々ができるかと言えば、できないですよねぇ。(^▽^;)
ですから、世界一流のスイング、プレーなのだと思います。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です


















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます