2014年11月の記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

月別アーカイブ:2014年11月

チャンプ片山晋吾、王道の逆転勝利!カシオワールドオープン

こんばんは、今日は暖かくていつもより1カゴ多く練習した座和です。

カシオワールドオープンですが、片山晋吾選手が王者のゴルフを展開し優勝です。

1 片山 晋呉 -7 -17
2 冨山 聡 -5 -14
3T 近藤 共弘 -5 -11
3T 宋 永漢 -4 -11
3T 金 亨成 -3 -11
3T タンヤコン・クロンパ -2 -11
3T 小平 智 E -11
3T 平本 穏 E -11
9T 藤田 寛之 -6 -10

本当はと言うか、昨日テレビを見た段階では、小平選手が勝つのでは?と思っていました。
プレーが非常に好調に見えましたし、勢いやコースの相性も良いですしね。

しかし、片山選手ですよ。
確か数日前のツイートで「かかとが痛くて歩けない」って見た記憶があるのですが、
みじんも感じさせない、12番からの4連続バーディーでした。
王者のゴルフというか、つけいる隙のない見事な逆転勝利でした。
・・・18番はどうせなら、チップインイーグルでも良かったでしょう。

あの展開になったら、さすがに誰も追いつけないです。おめでとうございました。

それと最終日にしぶとく伸ばしたのが藤田選手。
66を出して9位タイに滑り込んできましたね。実にしぶとい。

この試合は賞金王争いで先を行く小田孔明選手が得意の大会ですから、これは差をつけて、最終戦かと思ったのですが、終わって見れば最終日の順位は逆になりましたね。

さて、最終戦のよみうりカントリー、ここは藤田選手の得意とするコース。
賞金王争いはもつれるのでしょうか?

それから石川遼選手は、まだまだ「もやもや」した感じのプレーですねー。
ちょっとフラストレーションもたまっているかと思います。

全選手の結果は、こちらです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

やっぱり気になるフォーティーン

こんにちは、雨が降ってきてテレビっこの座和です。


ゴルフネットワークでフォーティーンの新シリーズの企画番組をやっていますね。
フォーティーン FOURTEEN GelongDシリーズです。

過去記事を読んで頂けると分かると思うのですが、やっぱり、私にとってフォーティーンって永遠の憧れってメーカーなのですね。・・・買えない値段じゃないのに(^_^;)

それで今回の GelongDシリーズですが、1つ1つのクラブや素性も面白いのですが、
何よりもセッティングの妙味があるのですね。

まぁ、普通にドライバーはあります。



それと、アイアンセット。



それと、非常に特徴的なFWウッドのラインナップ。



何と2W、ロフト13度から9W、22.5度まで、5本がラインナップ。2Wが珍しいです。

また、単品アイアンも工夫をこらした4番とかもチョイスできます。



あとは、UTでもウェッジでもオリジナリティーをもってセッティングできる訳です。
・・・ウエッジは「お家芸」のメーカーなので、贅沢に選ぶことができます。
まさに、先日私が書いた、100切りのためのクラブセッティングに呼応したかのようです。

いいなぁ。そそられます。試打会情報はこちらです。

唯一の難点?が「ゲロンディ」って、ネーミングがねー。(^_^;)

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

パターの長さによる打ち方の違い

こんばんは、今日は残業はありません。座和です。


さて、せっかく「お色直し」をしたパターなので、飾っておくにはもったいないですね。
そこで次回のラウンドには、実践投入しようと思います。

しかし、ちょっと大きな問題が。
それはエースパターとして使っているオデッセイとの長さの違いです。

オデッセイが35インチなのですが、再生したPINGは33インチ(^_^;)

うーん、ここまで違うと、これは構え、打ち方ともに相当違ってくる訳です。

少し意識して練習してみました。

まず構え。膝を曲げて、スタンスはワイドにします。
すると結構、下半身、特に丹田に力が自然と入るようになります。

そして打ち方。
オデッセイの#7は「パターなり」に振り子ストロークでラインを出していくのですが、
PINGの場合は、感覚として「掴まえてヒット」していくイメージです。
うーん、何と言うか、松山英樹選手の感じでパッティングしています。
・・・ちなみに、いつもの35インチでは、森田理香子選手の感じです。

まぁ、どちらが良い、悪いではないので、実践で使うときは迷うところです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
カテゴリ
タグ

東洋経済から男子トーナメント活性化への提言

こんばんは、今日は過ごしやすかったですね!座和です。


いつも読んでいる「東洋経済オンライン」で男子ツアー活性化の記事がでました。こちら
「スターいなけりゃ、ツアーも衰退」って構図は、本当に悲しすぎです。

記事の中で日本オープンのセッティングにも触れられていますが、難しいところですね。
クラブやボールの進化にともなって、技術を競い合うフェアなセッティングが必要ですが、
男子ツアーの場合で言えば、やはり

各ホールの距離を伸ばすことが絶対に必要です。

そうすれば相対的に、各ホールともに狭くなりますし技術の差も出ると思います。
本当はラフも、ある程度難しくなるように伸ばさなければならないのでしょうけど、
それでは通常営業に支障が出るのは避けられないですから。

やはり今使っているティーインググラウンドから後方に数十ヤード下げる改造、
そんなセッティングにすることが、最も現実的ではないか?と思います。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

あと2戦かー、カシオワールドオープンです

こんばんは、なかなか激しい雨の関東地方です。座和です。


3月の開幕から2週しかオープンウィークのなかった女子は、「たくさん試合があった」という満足感があるのですが、男子は、「えっ?もう残り2戦?」って感じがしませんか?
国内開幕戦がマスターズ後になってしまったくらいなので仕方がないのですけど。

さて、気を取り直して、後にも先にも残り2戦。最終戦はツアー選手権なので実質的にはカシオワールドが最終と言いう選手も多いです。
・・・女子のエリエールレディスと同じ位置づけです。

となるとシード権争いも焦点になるのですけど、どうも女子に比べて話題率が低いです。
・・・あまり取り上げた記事が出てないです。男子ツアーの賞金ランキングはこちら
女子は賞金シードが確定し、1600万円強だったのですが、男子で見ると・・・。
56位の塚田選手で1600万円。
うーん、1試合あたりの賞金額は女子の倍あれど、試合数が半分程度では仕方なしかー。

さて、では何をみどころとしましょう?
国内に参戦後、あまり目立った成績の出ない石川遼選手と、妹、葉子キャディコンビに期待しますか?賞金王レースは最終戦ですしね。

さて、大会概要をメモしておきましょう。公式サイトはこちら

コースはKochi黒潮カントリークラブ



放送予定です。

2014年11月28日 14:00~15:54 Round 2 BS-TBS(LIVE)
2014年11月29日 14:00~15:24 Round 3 TBS系列28局ネット(LIVE)
2014年11月30日 15:30~16:54 Round 4 TBS系列28局ネット

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

100切りゴルファーの実践的なクラブセッティング

もう1つ運営しているサイト、「女子プロゴルフPlus+」に比べていいね!が少ない・・・。
ちょっと寂しい感じの座和です。


さて、クラブセッティングのお話です。
14本を普通のセッティングにすると定番は、最低限はこんな感じだと思います。

ドライバー、3W、5W、アイアンは5IからPW、AW、SW、パター。これで12本ですね。
これにユーティリティーとウエッジを足して14本のセッティングの方が多いと思います。

ただ実践的にと考えると、こんな感じもアリだと思います。

1.3Wを抜いて4W、7Wやユーティリティーを追加
2.5Iを抜いてユーティリティーやウエッジを追加

つまり、3Wや5Iは100切りレベルでは難しいので、簡単なクラブに替える訳です。

私のオススメですが、ウエッジの3本化は良いのではと思います。
その場合ですが、52度、56度、60度と4度刻みが基本で、あとはアレンジですね。

また、ユーティリティーを入れるかショートウッドを入れるかですが、これは好みです。
構えやすさでウッド系が良いとかユーティリティーが良いのかはイメージでもあります。

また3Wはロフトからして難しいので、意外と4Wを入れるとコースマネージメントの幅も広がって良いと思います。やはりロフト15度前後と17度前後では、少しの差が大きな差になります。

先日の大王製紙エリエールレディスではアンちゃんがドライバーを抜き、3W2本でしたし、
以前、フィル・ミケルソンもドライバー2本セッティングにした試合もあります。

自分の実力に合わせて、柔軟に考えても良いかと思います。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
カテゴリ
タグ

ダンロップフェニックス、TOP5選手への所感

昨日は面白い展開でしたね!役者が揃うと違います、座和です。


ダンロップフェニックスは上位5選手に見るべきところがあって、とても面白かったです。
思ったところを書きとめておきます。

松山英樹選手
あの、フルスイングした時の音!よく「ブーンッ」とかまんが的には言うのですが、
もう「ヒュッ」と言うか、何か「ピュッ」って聞こえる時があります。
どこで、何が鳴っているのでしょう?凄すぎます。

岩田寛選手
日本ツアー初優勝とWGCでババの背中を掴みかけた男は、まだ淡々と進化しています。
進化の速度が速いので、顔が仙人っぽく見えてきたのですけど。

ブレンダン・ジョーンズ選手
待っていましたよ!BJ。手首の手術から復活です。
ちょっと痩せたように思いますけど、相変わらずの飛距離。
パターはもう短くて大丈夫なのねん?

ジョーダン・スピース選手
理想的とは言えないのですが、いかにも曲がりそうにないスイングですね。
プレーは淡々と見えるのですが、「何だよー!」by 英語と出てしまう若さも好感です。

I・H・ホ選手
あの野生っぷりは、もはやツアープロの領域を超えていると思います。
日本シリーズ終了後、来年から2年間の兵役で見られないのが残念です。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

松山英樹、ダンロップフェニックスを制す!

こんばんは、今日も良い天気でしたね。座和です。


さて、フロント9を終えて、松山英樹、ジョーダン・スピース、ブレンダン・ジョーンズ、I・H・ホの4選手が-14で並んで、「予想通りの展開」と書いたのですが、バックナインはちょっと予想と違う展開になりました。

そもそも優勝スコアを-17から-18と見ていましたので、バック9で意外に伸びなかったな、
そんな印象を持つ展開でした。

4人が足踏みをしている展開の中、そこに割って入ってきたのが、岩田寛選手でした。
8バーディー、ノーボギーの63ですから、これは立派なスコアとプレーです。
ただ、-15として松山選手に並びプレーオフにまで持ち込んだのですが、
そこまでで、いっぱいだったかもしれません。進化した「岩田寛」を見せてくれました。

でもやっぱり、本当は松山選手が-17までは、伸ばさなければならなかったと思います。

どうでしょう?誤算は15番、16番のボギーでしょうか?
いみじくも青木さんが、「楽勝の展開だった」と言ったのは、その点だったと思います。

それでも17番のバーディーは大きかったです。←ここが本当に強い。
18番も最低でもバーディー、まぁイーグルは狙いたいというホールですから、
松山選手が優勝に最も近い展開であることには変わりがなかった訳です。
・・・アドレナリンも全開でしたね。

しかし何だかんだ言っても、日本人がこの大会で勝ったのは7人目。
それだけ、招待選手のための大会という色彩が強い試合で、本命と目され、
しかもホストプロの立場の彼が勝ちきったのは大きいと思います。

松山選手が優勝インタビューで「パッと来て勝たれると、・・・」という発言がありましたが、
本音だと思います。でも、私の中で松山選手は「USPGAツアーから来た選手」
血は日本人でも、良い意味で「パッと来て勝った招待選手」のように見えました。

世界クラスです。

1 松山英樹 -15 269
2 岩田寛 -15 269
3 B.ジョーンズ -14 270
3 J.スピース -14 270
5 I-H.ホ -12 272
6 宮里優作 -11 273
6 武藤俊憲 -11 273
8 C.ストラウド -10 274

全選手の最終結果は、こちらです。

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

予想通りの4人が並んだ!ダンロップフェニクス最終日速報

こんにちは、今日も秋晴れですね!座和です。


昨日のブログで、「優勝争いは上位の4人で決まり」と書いたのですが、
現時点での中間速報では、その4人が-14で、ぴったりと並びました。こちら

4人とは、松山英樹、ジョーダン・スピース、ブレンダン・ジョーンズ、I・H・ホの各選手。
これは中継が楽しみになってきました!

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ

松山英樹、がっちり首位で最終日へ!ダンロップフェニックス

こんばんは、座和です。


ダンロップフェニックスの3日目、松山英樹選手がドンッと単独首位で最終日へ行きます。

1 松山英樹 -14 199
2 J.スピース -12 201
3 B.ジョーンズ -11 202
4 I-H.ホ -10 203
5 小田孔明 -8 205
5 武藤俊憲 -8 205
7 稲森佑貴 -7 206
7 岩田寛 -7 206
7 趙珉珪 -7 206
7 D.スメイル -7 206

途中は最終組の3人で終盤まで流れ込むのかと思ったのですが、
I-H.ホ選手が、彼の個性だと思いますが、12番で強引な攻めでトリプルボギー。
しかも木の枝まみれの中で打ったので、流血してしまう野生っぷり。こちら

となると松山選手とジョーダン・スピースの一騎打ちかと思いました。
でも17番で落とし穴がありました。痛恨の4パットでダブルボギーです。

松山選手も絶好調という訳ではないのですが、5位以下の選手とは格違い。
上位4選手の中ではミスを最小限に抑えて、取るべきところは取る。
あがってみればノーボギーの首位で終えましたね、という感じの3日目でした。

地力、展開からして優勝争いは松山選手が本命の上位の4人でしょう。
ジョーダン・スピース選手はさすがの実力なのですが、体調不良との情報もあります。
こちら

それでも最終日、世界レベルの戦いに期待したいです。全選手のスコアはこちら

読んで頂きありがとうございます。
応援のクリックが励みになっています

女子プロゴルフ Plus+はゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
タグ


















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます