2014年04月の記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

月別アーカイブ:2014年04月

2014 つるやオープンは藤田寛之が優勝!

面白かったです。つるやオープン。
初日にも書きましたが、最終日の終盤は本当に面白かったですね。

パク・サンヒョン選手の17番のイーグル、谷原選手の18番ベタピン。
これらを脇役として締めくくったのが、藤田選手でした。こちら


しかし、15番と16番のバーディーは優勝に向けた気合とプロの技術が融合したナイスプレーでした。

それと、やはり男子ツアーたるもの、ラフはあれくらいの長さがなければなりません。
あのセッティングが勝負を面白くしたのも事実です。
やはり、ラフに入れたら、0.5打のペナルティを払うと考えた方がフェアです。

さて、初日にも書きましたが、石川遼選手の18番のティーショットは凄かった!
あれを見ただけで、鳥肌もんでした。
石川遼選手に偏重した番組つくりには懐疑的な立場の私ですが、
あのショットはお金を払っても見る価値があるものでした。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m


ゴルフ ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



女子ゴルフ情報は、こちらの姉妹ブログ「諸見里しのぶと女子ゴルフ」へ。

タグ

2014 つるやオープン初日

週末にも書いたのですが、最近国内男子ツアーは、ちら見くらいなのですが、
今日は、たまたまGAORAを見たら初日のダイジェスト放送をやってました。

びっくりで、石川遼選手が帰国して参戦していたのですね!
ぶっつけ本番の時差ボケの真っただ中だと思いますが、さすが!のプレーがありました。
最終の18番は見事でした。
距離を抑えるためにティーショットは3W。この球筋がぶっ飛ぶくらいに低い弾道。
高さとしては5Yもなかったんじゃないかな?FWまっすぐで250Yですからね。
仕上げも千両役者で残り150Yを9Iで上からズドンと30cmでした。

いやー、見事でした。
今年の山の原コースのセッティングは良いです。
あまりにも国内ツアーのセッティングのイージーさを嘆いていたのですが、
今年は、まずグリーンが硬くて、良い速さが出ていること、ラフを伸ばしていること。
この2点から、ラフにいくと簡単にはバーディーがとれない設定になっています。

上位の面々も何かやってくれそうな顔ぶれです。GDOの記事はこちら
です。

1 -5 片山晋呉
1 -5 藤田寛之
3 -4 甲斐慎太郎
3 -4 谷原秀人
3 -4 池田勇太
3 -4 M.ヘンドリー
3 -4 D.オー
8 -3 キム・ドフン
8 -3 貞方章男
8 -3 岩井亮磨
8 -3 重永亜斗夢
8 -3 松村道央
8 -3 K・T・ゴン
8 -3 川岸良兼
15 -2 張棟圭
15 -2 宮本勝昌
15 -2 石川遼
15 -2 韓承洙
15 -2 武藤俊憲
15 -2 上井邦裕
15 -2 深堀圭一郎
15 -2 ハン・リー
15 -2 室田淳
15 -2 S.ジェフレス

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m


ゴルフ ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



女子ゴルフ情報は、こちらの姉妹ブログ「諸見里しのぶと女子ゴルフ」へ。

タグ

2014 東建ホームメイトカップ 優勝は宮里優作

試合数が減ってしまった日本男子ツアーですが、ようやくと言うか、
4月下旬の東建ホームメイトカップで開幕しました。

私の中では開幕戦と言えば、浜岡で行なわれる3月のダイドードリンコ静岡オープン、
春の天王山が中日クラウンズというスケジュール感が入っていますので、
開幕戦がマスターズの後と言うのは何とも寂しい限りです。

これも国内男子ツアーの不人気を物語っているのかもしれません。

さて、開幕戦は去年の最終戦で悲願の初優勝を飾った宮里優作選手が勝ちました。こちら
テレビ中継が入ったときにはフロント9のバーディーラッシュの貯金で2位と大差がありました。
プレーぶりを見ても全く危なげない内容。
元々スイングは綺麗な選手なのですが、何よりもプレー全体のリズムが良いです。

スイングの前にはルーティーンがあるのですが、その前後の所作やつなぎの
歩き方を含めて不安な要素は、ほとんど見当たりませんでした。
堂々の横綱相撲、逆にこれで何故10年も勝てなかったのか不思議なくらいです。

彼が不調なとき、ショートアイアンのスピンコントロールに悩んで、縦の距離感が
全く出ず、スコアにならなかったという話を聞きました。克服法を調べてみたいです。

さて、私、最近の観戦の中心は国内の女子ツアーで、加えてアメリカの女子、男子を見ています。
すると気がつくと言うか、違和感があるのですが、特に男子の場合、USPGAとのコースや
セッティングの差が大きく異なることを思います。つまり見るからに簡単なのですね。

距離もそうですし、グリーンのセッティングもこれは同じプロゴルフと語れないレベルではないかとも思います。
今年はソチオリンピックもありましたし、サッカーのワールドカップもあります。
今、どの国内スポーツも世界標準を目指しているのですが、そういった面でも日本男子ツアーの質が見劣りする感があります。

せめて、日本オープンくらいのセッティングが標準になってほしいと感じた開幕戦でもありました。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m


ゴルフ ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



女子ゴルフ情報は、こちらの姉妹ブログ「諸見里しのぶと女子ゴルフ」へ。

タグ

デリケートなウェッジ

スコアが80台くらいになると、以前よりショートゲームに対して一層神経を使うようになります。
パッティング編は改めて書こうと思いますが、今日はウェッジのお話で。
ウェッジも道具選びと練習の両側面がありますが、今日はその中間くらいのお話かもしれません。

181B22B8-191A-4EF1-A08E-F2756A6E2014.jpeg

さて、切り口はバランスです。
クラブのバランスと言えば、例のD0とかC9とかを思い浮かべる方も多いかと思います。
それはそれで数値的な指標でドライバーなどでは私も『こんなくらいかな?』と数値と感覚が何となく、合致している気がします。

しかし短いもの、まさにウェッジの場合は本当に持ったとき、4時8時で振ったときにヘッドが降りてくる感じ、これが実に微妙です。
それだけ、感覚が合うとか、手に馴染むと言った表現でしか表せないものがあると思います。

私は基本、簡単なクラブに頼る派ですので、SWまでヤマハのセットを入れています。
ただグリーン周りで限られた必要な球筋が必要な時だけ単品の56度を使っています。
セットに入っているSWも56度なのですが、バンスの関係か、どうもアプローチはしにくいのです。
・・・その代わりバンカーからは容易です。

先ほども書きましたが、これは本当に「馴染む」とか「相性」としか表せないのですが。
よくプロでも「ウェッジだけは使い慣れたもの派」の方が多く、これだけは数年使う方も多いようです。
・・・契約の関係で、他のクラブは毎年NEWモデルを使うプロが多いと思いますが。

かく言う私は、今、アプローチ用単品ウェッジは2本保有しています。
1本はニッケントの56度、これは6年くらい使っています。
もう1本はマルマンのK'Sゼロバンス、これは冬の薄い芝用ですね。

さて、ウェッジの人気ランキングを見てみました。
やはりと言うか、フォーティーンが、人気。
このブログでも取り上げたDJ11が上位ですね。

幅広ソールで、いかにもフォーティーンっぽくないのですが。
しかしウェッジは感覚です。振ってみて、試打してみての購入が良いですよね。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m


ゴルフ ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



女子ゴルフ情報は、こちらの姉妹ブログ「諸見里しのぶと女子ゴルフ」へ。

タグ


















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます