月別アーカイブ:2012年04月

【試打レポート】ゼクシオセブン、アイアン

さて、先日はドライバーの試打レポートを書きましたが、今日はアイアン編です。
まずは、普通のゼクシオから。

第一印象は、「まぁ、安定感のある作り」です。

今までのゼクシオと同様で、安心感のあるヘッドの大きさと形状です。
ゼクシオ打ってみて、いつも感心するのはミスヒットに強いことです。
意識的に7,8mmくらい芯をはずして打っても、それなりに飛んでいきます。
やっぱり、凄いかも。でも、上達を目指す方には、物足りないかもしれません。
サラリーマン月イチゴルファーで、90台で楽しく回る、そんな方にぴったりかも。
ということは、このブログの読者層の皆さんということになるのでしょうか?

さて、もの足りなかった私は、当然、ゼクシオのフォージドへ。

このフォージドですが、見た目は全然フォージドっぽくありません。
ヘッドも他社と比べて明らかにでかいですし。
ただ普通のゼクシオと比べると、若干グースが少ないかな?と思うレベルです。

さて、打ってみると、どうも私は、こっちの方が当たります(^_^;
そして「芯」を感じることもでき、振りぬきも良いので気持ち良いです。
フォージドとしては、簡単な方ですので、100切りを達成して更なるレベルアップを望む方や
ヘッドスピードが元々早めの方は、こっちの方が良いかもしれません。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

中日クラウンズの結果

私の予想は、はずれてしまい、高山選手きませんでしたね。
本人も期するところがあったと思いますが、それが空回りになったでしょうか?

1 I.J.ジャン -8 272
2 S.コンラン -6 274
2 白佳和 -6 274
4 P.マークセン -4 276
4 谷原秀人 -4 276
6 J.B.パク -3 277
6 S.K.ホ -3 277
6 久保谷健一 -3 277
6 野仲茂 -3 277
6 L.キョンホン -3 277

I.J.ジャン選手が優勝、意外なことにクラウンズでの韓国勢は初勝利だそうです。
見ている方からすると、ちょっと、面白みに欠ける感じだったです。

石川選手のチャージに期待したファンも多かったと思いますが、
毎度、58が出る訳でもないですし、今週の流れからしても難しかったですね。

それと、石川選手に全てを、いつでも期待するってのも酷ですしね。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

中日クラウンズ3日目

やっぱりと言うか、コンラン選手、体調不良のままトップ独走とはいかないようです。

1 白佳和 -6 204
1 S.コンラン -6 204
3 高山忠洋 -5 205
4 野仲茂 -4 206
4 I.J.ジャン -4 206
4 J.B.パク -4 206
7 小林正則 -3 207
7 P.マークセン -3 207
7 金聖潤 -3 207
7 谷原秀人 -3 207

白選手が首位に並びましたが、上位陣はぐっと差がつまりました。
ちなみに、石川選手も-2と首位とは4打差なので、調子が悪いとは言え、射程圏内です。

今日のベストスコアは野仲選手の63。
このコンディションで63が出るとは思わなかったので見事です。

和合は、「逆算」を要求されるコースです。
つまり、バーディーチャンスのパッティングを残すためには、距離だけではなくて、
ラインも易しいところにのせなければなりません。

ということは、アイアンやウエッジの精度も要求されることになり、
ショートゲームで精度の高いショットを打つためには、ティーショットは
フェアウェイに置きたいという考え方です。

ですから、飛ばし屋よりも試合巧者が有利で、青木選手が得意だったのも頷けます。

さて、優勝争いですが、ズバリ本命、高山選手と見ます。
このブログでも「30代選手の不毛さ」をいつも嘆いていましたが、
ようやく、頭一つ抜け出した感じがあります。

実は昨年あげた2勝も、失礼ながらあまり信用していなかったのですが、
今季のプレーを見ていても、一段と実力が上がった感じがします。
この試合を獲れば本物と見ますが、どうでしょうか?

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

何なんだ!?片山選手のグリップ

中日クラウンズですが、2日目を終わりました。
リーダーズボードは

1 S.コンラン -9 131
2 久保谷健一 -5 135
3 河井博大 -3 137
3 白佳和 -3 137
5 白潟英純 -2 138
5 高山忠洋 -2 138
5 谷原秀人 -2 138
5 J.B.パク -2 138
5 原口鉄也 -2 138

うーん、渋いと言うか、あまりにも渋すぎ。

やっぱり和合は和合ですね。グリーン、見るからに難しそうです。
相当早いんじゃないかと思って、JGTOのHP見たんだけど、データのってませんでした⤵
でも見た目ですが、13フィート近く出てるんじゃない?って感じです。

それで、狭くてアンジュレーションがあるときていますから、
上につけたら1mでも入らない感じです。

それでかなぁ、片山選手の「超変則パッティンググリップ」
いやー、40年はゴルフ見てますけど、びっくりですね。
良くあれで打てるなー、でも誰も真似しないだろうなーと感じるグリップです。
・・・片山選手のことですから、明日はパターもグリップも変えるかもしれませんが。

さて、天気が良くなったことで、かえって難しくなった印象の和合。
ムービングサタデーはどうなりますか。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

今週末の中日クラウンズは

ゴルフネットワークの、とことん1番ホール生中継がありますね。
しかも初日から。

和合の1番は、距離は短く、セカンドは皆ウエッジですが、
じゃぁ簡単にバーディーが取れるか?というとそうではないホールです。

各選手のウエッジのキレに注目できるところが「通」の楽しみ方です。

さて、昔、試合数も多かった頃のクラウンズは「序盤戦の天王山」とも言われました。
当時は3月の頭からツアーが始まって、毎週ありましたしね。
クラウンズもビッグネームを招待してましたね、ニクラウスとか。

現在では、開幕3戦目で招待選手もいなくなり、何か「普通の試合」になって
少し悲しいところではあります。

さて、ちょっと注目したいのが、池田勇太選手のプレーです。
開幕から2試合、ちょっと「音なしの構え」って感じでしたからね。

昨年の後半から特に調子を落としているので、ここは一発期待したいです。
「普通の試合」と書いてしまいましたが、50年以上の歴史を誇る伝統の試合です。
一流の証となるためにも、ここはプロであれば、一度は勝ちたい試合です。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

【試打レポート】ダンロップ XXIO ゼクシオ セブン ドライバー

やっと機会がありました。王道、ゼクシオ7の試打会です。

xxio.JPG

意外と試打会やらないんですよねー、ゼクシオ。
今回も、「パック」と言ってましたけど、ショップ担当の営業さんが行うもので、
計測機器も用意する販促部隊とは別口の試打会でした。

それでも、計測の数値なんてのは、ある程度(1.4以上)のミート率がないと、
あんまり意味がないので、今回の試打で感触を得るには十分でした。

さて、打ってみました!

今回のゼクシオ7の特徴は、6代目が46インチと長尺だったのに対し、
シャフトが45.5インチとなっていることですね。
・・・これは、今季各社の特徴でもありますが。
やはり、46インチだと、ここ一発の飛びはあっても、「振り遅れ」や「ばらつき」
と言った声もあったのだと思います。

個人的には6代目の46インチも良くできたドライバーで好感触だったので、
7代目との違いを中心にレポートしたいと思います。

まずバランスが変わりました。
シャフトの手元にしっかり感があって、ヘッドが効いている感覚があります。
これは、ヘッド重量を重めに設定したとのことで、0.5インチ短くしながらも、
振り切れ、かつ、ヘッドの重さで飛距離を出すコンセプトです。

確かに6代目と比べると振ったときの一体感は強いです。
それから、弾道も強いので、ランが多めに出る感じがします。

私は元々スインガーなので、46インチでも苦ではなかったのですが、
「振り遅れ」気味だった方にはぴったりだと思います。

完成度は非常に高いです。この辺、さすがダンロップ。
実績のあるゼクシオブランドですから、間違いなく作ったなという印象でした。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

藤田選手、盤石の逆転勝利!つるやオープン

まるで、筋書を藤田選手が書いたかのような見事な逆転劇でした。
1 藤田寛之 -15 269
2 L.キョンホン -11 273
3 川村昌弘 -10 274
3 すし石垣 -10 274
3 小田龍一 -10 274
6 諸藤将次 -9 275
6 チョ・ミンギュ -9 275
6 市原弘大 -9 275

前日首位のH・リー選手が1番でつまづいたのもありますが、
とにかくショットが好調でしたね。

日ごとに首位が入れ替わる、どちらかと言えば大味な試合でしたが、
終わってみれば4日間安定したプレーをした藤田選手が、
当然のように勝ったという試合でもありました。

藤田選手、初優勝のときから見ていますが、当時はこんな風に
強くなるとは思ってもみなかったですねー。
体格的に恵まれているとは言えませんし。
それが今や、名実ともに日本を代表するプロです。
不断の努力という言葉がぴったりきます。

反面、どうしたと言うのが、素質には恵まれている30代のプロでして、
武藤選手とか、もっと頑張んなきゃいけんよー。

さて、3位にはルーキーの川村選手が入っています。
去年までのアマの印象が強いのですが、今年はルーキー。
同じルーキーには、東北福祉大出の藤本選手や、杉並学院出の
浅地選手もいて、ちょっとトップアマが一気にプロ入りした年なんですが、
川村選手、序盤、ちょっと新人戦ではリードという感じですね。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

つるやオープン3日目

ムービングサタデーとは言え、動きすぎた感じのある3日目です。
上位は
1 ハン・リー -14 199
2 藤田寛之 -11 202
3 L.キョンホン -10 203
3 市原弘大 -10 203
3 S.K.ホ -10 203
3 キム・キョンテ -10 203
3 小田龍一 -10 203
8 上井邦浩 -9 204
8 片山晋呉 -9 204

3日目を終わった上位が、こんなでしたから、

1 小田龍一 -9 133
2 ハン・ジュンゴン -8 134
2 藤田寛之 -8 134
4 諸藤将次 -7 135
4 片山晋呉 -7 135
4 キム・キョンテ -7 135
4 手嶋多一 -7 135
4 谷口徹 -7 135

本当に大きく伸ばした選手も、大きく崩した選手もいたことになります。
混戦はある意味面白いですけど、何かこう、「ぶ厚い強さ」の選手にも魅かれます。

2日目と3日目のボードを見ると、藤田選手とキム・キョンテですか。
初戦もそうでしたけど、谷口選手の失速が残念です。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

つるやオープン2日目

さて、初日の話題は-9とぶっちぎった片山選手と81位と大きく出遅れた石川選手だったでしょうか?
まずは石川選手。今日は3つスコアを伸ばして通算-1。
50位タイですが、まぁ、予選は通りました。

上位は混戦です。

1 小田龍一 -9 133
2 ハン・ジュンゴン -8 134
2 藤田寛之 -8 134
4 諸藤将次 -7 135
4 片山晋呉 -7 135
4 キム・キョンテ -7 135
4 手嶋多一 -7 135
4 谷口徹 -7 135

このコースは面白くて、飛ばし屋もはまればスコア出ますし、
巧者組も優勝争いに絡んできます。

2日目の結果を見れば、前者の代表が小田選手や諸藤選手、
後者の代表が藤田選手や谷口選手ということですね。

-6以下も厚いフィールドとなっていますので、明日誰が抜け出すか?ですね。
但し天気の具合が今一つのようですので、意外に伸びないかもしれません。

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ

ナイキ NIKE 20XI-S ボール

昨年の暮れあたりから、2012モデルが発表されていますが、
私が個人的に最も興味をひかれたのが、ナイキ NIKE 20XI-S ボールです。

やはり、最大の特徴であるレジンコアが気になりますね。
ゴルフ業界で良く言われる、「飛びとスピンの両立」の可能性を感じます。

ただ、ボールの性能比較は一般的なゴルファーでは難しいということですね。
練習場で打つわけにはいかないし、かと言って、本コースで球を打ち比べるのも現実的ではないです。

とは言ってもネットの評判だけでは、このブログの価値がないじゃないですか!
近々、裏ワザでレポートをしたいと思います。

乞うご期待!

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます