しかし、寒い、寒い。
最近の関東地方は最高気温が5℃前後。
ラウンドはもちろんのこと、練習に行くにも躊躇してしまうほどです。

何かきっかけが必要だなぁと思っているところに試打会の情報が。
行ってきました。今回はオノフの2012モデルドライバーの試打レポートです。

実は個人的にはちょっと興味深々でして、それは私の現用ドラがオノフなのです。

ゴルフを始めて20年以上になりますが、このドライバーがベストマッチングだと思っています。
それから1年。どのように変化、進化したか、興味があるというものです。

さて、まずは赤オノフから打ってみました。

一番「変わったな」と思ったのが、構えたときです。
2011年モデルに比べてスクエア感が出ていて、実に構えやすいです。
特に2011モデルはヘッドが少しフックに入っているので、買った当初は
微調整が必要でしたから。

弾道は相変わらずの高弾道、ハイドローの気持ち良い球筋です。
そして若干、スイートエリアも広がったような気がします。
また、スクエア感が増した形状のため、左へいきそうな感じが減りました。

進化です。
でも、スライサーの方には、かえって2011モデルの方が安心感があるかもしれません。
新製品発売にともなって、マークダウンしているので、買いかもしれませんね。

さて、次に打ってみたのが上級モデルである黒オノフです。

昨年、赤オノフを買ったときにも試打したのですが、ちょっと難しいという感じでした。
しかし、今回の黒オノフは少しやさしくなった感じがしました。

もちろん、ミスヒットしたときの許容度は赤オノフに劣りますが、
ミート率が1.4くらい出せる方であれば、十分にイケると思います。

何と言っても良いのが、いかにも低スピンなところ。
中弾道であることもあいまって、非常に強く、いかにもランが出そうな弾道です。
ヘッドのスクエア感もちょうど良くて、安心して叩ける感じがしました。

両モデルを打ち比べて思ったのですが、2011モデルに比べて、
赤オノフはより本格派に、逆に黒オノフは打ちやすくなりました。
つまり昨年に比べて、両モデルの差と言うか、距離が縮まった気がします。

ドライバー市場は相変わらずゼクシオが牽引している感がありますが、
このオノフ、良いと思いますよ!ホントに。

↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事: