月別アーカイブ:2011年12月

年末年始のゴルフは北関東がおすすめ?

しかし、冬本番ですねー。
新しいアイアンを購入したにもかかわらず、早速プレーというように
若いころのような気力が足りていません💦

さて、カレンダーを見ると今年も残り10日を切りましたねー。
早いものです。
3月に震災があったので、余計に感じるのかもしれません。

さて、震災にも少し関連するのですが、今年の年末年始、
皆さんのプレーはいかがされますか?

私は具体的には何も入っていないのですが、一応プランのチェックはしました。
すると、北関東のコースが各所で激安ですねー。
震災後、被災されたり、原発事故の風評被害もあるのでしょう。
中には「練習場に行くよりも安くね?」と思うような価格設定も。

ゴルフの人気ブログランキングはこちらです(^O^)/

寒い時期ですが、まだまだ探せば空きもあるようです。
未定の方は、こちらから探してみてください。

他の100切りゴルファーブログはこちらです(^O^)/下のバナーからも行けます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読んで頂きありがとうございます。
私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
カテゴリ
タグ

ヤマハ inpres インプレスX Dフォージド 試打レポート


さて、購入前提の気になるアイアン、MIZUNOに続いてはYAMAHAです。
YAMAHAと言えばインプレスですが、このアイアンも去年、好感触だったものです。

余談ですが、日本シリーズも2年連続で、インプレス勢の藤田、谷口、両選手の
1、2フィニッシュでしたね。

さて、2012年モデル、YAMAHAでは、V、D、そしてZの3シリーズをラインアップ。
私の狙い目としてはVシリーズでした。





去年、ツアーモデルを打ったときの快感そのままに良い感じです。
但し、これはMIZUNOのMP-59と同じように、ミスに対しては、
やはり甘くなく、それなりのミスショットとなってしまいます。

そこで、メーカーさんのすすめもあってD FORGEDシリーズも試打しました。





このアイアン、やはりVシリーズに比べると、一回りヘッドが大き目。
でも、振りぬきの感覚が良く、ラインの出しやすい印象です。

さて、打ってみると、まず驚くのが球質の良さです。
まず、飛びます。
アイアンは飛びではありませんし、ロフトが立っていれば飛ぶのは当たり前ですが、
それにしても、飛びます。

私の現用のXR FORGEDに比べて、1.5番手くらいは飛びます。
しかし、止まらなければ実用にはなりません。

そこで、落下しての球の落ち着きを見ましたが、これが秀逸。
もちろん新溝規制なんですが、旧溝のXR FORGEDよりスピンがきいて、
はるかに落ち着いた球の着地です。

うーむ、これは意外でした。

そして、ミスショットに対する許容率。
MP-59やV FORGEDに比べると、明らかにミスに寛容です。

もちろん、現用のXR FORGEDに比べても明らかで、
7Iのミスでは、横方向のブレが半分程度となりました。

さぁ、結論です。

D FORGEDを購入しました!

もし、私があと10歳若かったら、MP-59なり、V FORGEDを買ったでしょう。
しかし、体力も下降線をたどること、練習量も十分には取れないことを考えると、
現状では、ベストの選択と思ったからです。

思い返せば、家と車以外では、久々の10万円を超える買い物になりました。
・・・ずっと、ゴルフクラブは2,3年落ちの中古で回してきたので。

それでも、その金額に値する買い物だったと思います。
さて、久々に70台を目指して練習に励みます。

↓↓宜しかったら、ポチッと応援お願いしますm(_ _)m


ゴルフ ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村


タグ

とにかく一度打ってみた!MIZUNO MP-59アイアン試打レポート

トーナメントシーズンも終わり、話題に困る時期・・・と言うこともなくて、
11月から、各社とも2012年モデルのクラブが発売されています。

そして、個人的には今年は非常に楽しみに溢れております。
と言うのも、ここ数年使ってきたアイアンを買い替えようと思っているからです。

現在使用しているのは、テーラーメイドのXRフォージド。
もちろん、悪くないので使ってきた訳ですが、ドライバー程ではないにしても、
数年経つと、アイアンも新モデルとの差が出てきます。

そこで、有力候補の一つであった、MIZUNO MPシリーズの試打をじっくりしました。

SH010001.JPG

宣伝文句にもある通りに、「とにかく一度打ってみた」訳です。

候補としては、MP-53、MP-59とあった訳ですが、好感触のMP-59をレポートします。





まず、顔立ちが素晴らしい!小顔の美人ですねー。
無駄のない、シャープさが目をひきます。

素振りした感触でも、一体感があってGOOD!

さて、打ってみました。

まず、思わずうっとりするのが、打感です。
これは、多くの人が納得されると思いますが、
芯を食った感じは、まるで真剣で居合抜きをしたよう。
・・・実際はやったことがないけど、感じですね💦

そして弾道も、まるでCMのような素晴らしい弾道が出ます。

難点と言えば、当然ですが、ミスショットに対する許容が狭いこと。
ミスをするとミスをしたなりの球になってしまいます。
しかし、これから上達を目指す方には、かえって良いかもしれません。

そして、大きな特徴ですが、ストロングロフトになりました。
5Iで25度ですから、最近の「飛び系」アイアンにもひけをとりません。

さて、どういったプレイヤーに向くかですが、
ずばり、一層の技術向上を目指すアスリートタイプでしょう。

HSは私が43m/s程度ですので、必ずしも体育会系でなくても打てます。
でも、初心者には、さすがに不向きでしょう。

絞り込んで言えば、現状アベレージ90台でラウンドできていて、
出来れば、月例とか、パブリック選手権とかに出てみたいという方だと思います。

あ、それからさすがMIZUNOと思わせるのが、ライ角の測定や、
シャフト選びが細かくできるところです。

私の場合、今一つ確信が取れなかったライ角は標準でOKとのこと。
シャフトは、いろいろ打ち比べましたが、プレシジョンのライフルが
ベストマッチとのことで、診断が出ました。

SH010002.JPG

そういった意味では、ゴルフに真剣に向き合う人には親切なメーカーです。
↓↓ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。

【試打レポート】TOURSTAGE PHYZ FORGED アイアン

今日は、身も凍るような寒さですが、日曜日は穏やかな冬晴れでしたね。
そこで、久々の試打レポートです。

試打したのは、TOURSTAGE PHYZ FORGED アイアンです。

もちろん、ブリヂストンの新シリーズとしてCM中の製品。
今まで、試打する機会を逃してきましたが、ようやくタイミングが合いました。

さて、第一印象ですが、まずはオーソドックスな面構え。
振った感じも、軽く振り切れるのが好印象です。

打ってみました。

びっくりしたのですが、「つかまる、上がる、飛ぶ、止まる」です。

つかまりの良さは、スライスを打とうと思っても、中々打てないほど。
かと言って、チーピンの引っ掛けが出る訳でもありません。

「うーむ、最近のクラブの恐ろしさよ」

打感はまぁ、特別なものはないのですが、とにかく、飛びます。
最近のアイアンはストロングロフト化されているので、一昔前に
比べると飛ぶのは当たり前なのですが、それでも飛びます。

私のテーラーXR-FORGEDに比べると1.5番手くらい飛びます。

それと弾道の高いこと。
これも1.5倍くらい高い感じです。

そして、強調したいのは、スピンがかかって止まることです。
このアイアンで打つと、7番で165Yくらいのキャリーが出るのですが、
それでも着地点では、ボールにスピンがかかって、落ち着いた着地をします。

この止まるというのは重要で、アイアンは飛ばすクラブではなくて、
狙ったところに落として止めるクラブ
です。

ですから、これは、中々であると思った次第です。

それでは、どんなゴルファーに向くのでしょう。
PHYZのコピーにもある通り、Think < Feelの通りに
競技志向よりもエンジョイ志向のゴルファー。
HSは35m/sから40m/sくらいの方が、一番違いを実感できると思います。

そうです!つまりターゲットは、ここのゴルファーの鉄板である、
ゼクシオとV-iQの旧モデルを使っている方に最適と思います。

飛距離、スピン性能とも、満足は得られると思いました。

それから、最近、コースでも良くお会いするのですが、
定年退職でゴルフの回数が増えたorゴルフを始めた方。

間違いのない選択になると思います。

しかし、ドライバー等に比べるとアイアンの進化スピードは
比較的遅いと思っていましたが、これは、これはとびっくりしました。

一応、アスリート系にしがみついている私は、まだ手を伸ばしませんが、
感心したことは、事実です。

女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ💓

日本シリーズは最後の最後で

昨年に続き、「インプレス対決」となったこの試合。
昨年と違って、逃げる谷口選手、追う藤田選手との戦いになりました。

藤田選手、優勝した昨年のように14番から猛ラッシュ。
-10まで伸ばしましたが、谷口選手も17番でバーディーを取り-11。
この日は6バーディー、ノーボギーと完璧。

難関の18番もワンオンに成功し、優勝!と思ったのですが。
まさか、あのパーパットがはずれるとは思いませんでした。

プレーオフの末、藤田選手が勝ったのですが、コクのある勝負でした。

松山選手をはじめ、新勢力が台頭した今季ですが、
最終戦がベテラン2人の技の勝負だったこと。
これもアリと思いました。

1 藤田寛之 -10 200
2 谷口徹 -10 200
3 石川遼 -7 203
4 松村道央 -6 204
5 宮里優作 -5 205
6 平塚哲二 -4 206
7 小林正則 -3 207
7 J.B.パク -3 207

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ
    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます