昨年に続き、「インプレス対決」となったこの試合。
昨年と違って、逃げる谷口選手、追う藤田選手との戦いになりました。

藤田選手、優勝した昨年のように14番から猛ラッシュ。
-10まで伸ばしましたが、谷口選手も17番でバーディーを取り-11。
この日は6バーディー、ノーボギーと完璧。

難関の18番もワンオンに成功し、優勝!と思ったのですが。
まさか、あのパーパットがはずれるとは思いませんでした。

プレーオフの末、藤田選手が勝ったのですが、コクのある勝負でした。

松山選手をはじめ、新勢力が台頭した今季ですが、
最終戦がベテラン2人の技の勝負だったこと。
これもアリと思いました。

1 藤田寛之 -10 200
2 谷口徹 -10 200
3 石川遼 -7 203
4 松村道央 -6 204
5 宮里優作 -5 205
6 平塚哲二 -4 206
7 小林正則 -3 207
7 J.B.パク -3 207

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ
タグ