月別アーカイブ:2011年03月

遼君、今季獲得賞金全額を被災者へ寄付

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

いや、大した19歳です。
今季獲得する賞金の全額を被災者に寄付するというNEWSです。

獲得賞金以外にも、バーディー1個につき10万円という寄付もありますから、
去年の実績に照らし合わせると、2億円前後の金額になります。

彼自身は、スポンサーや広告出演など、十分な収入がありますので、
全額寄付に回せる状況はあるかと思いますが、いずれにしても英断です。
タグ

風のゴルフの注意点

風はプレーに非常に影響があるのは、ご承知の通りです。
特にこの時期、3月は風の強い日も多いです。

先月、私が河川敷コースでプレーしたときも、風速10m/s平均ありました。
平均で10m/sと言うと、大変な風で、瞬間的には20m/s近くになります。

そうなってくると、ショットの飛距離がフォローとアゲインストで
30%くらいは余裕で変わってきてしまいます。

例えば、150Yを打つとすると通常は7Iとしても、
アゲインストでは4IやUT、フォローだとPWということもあります。

では、ショットで何を注意すれば良いのでしょうか?

1:番手の選択は先入観をはずす
先ほど書いたように、「風でキャリーは当然変わるもの」という認識を持つことです。
見栄はいりません。
もろアゲでドライバーのナイスショットが170Yしか飛ばないような時は、
セカンドも思い切って4番手くらい上げるのも当然です。
あとは、躊躇なく自分を信じて振り抜くことです。

2:リズム感を最優先
風が強いとどうしてもリズムが早くなります。
「打ち急ぎ」で良い結果がでるはずもありません。
気持ちとしては、相当ゆっくり、一定のリズムで振り切ることが大切です。

3:短いものこそ慎重に
ショットは、リズム感を重視していれば、ある程度の結果が出ます。
私が、アベレージゴルファーを見て思うのが、アプローチとパットを
いかにも無造作に打つことです。
時間を掛ければ良いという訳ではありませんが、しっかりと
プレショットルーティーンの動作は完了させるようにしましょう。

参加しているブログランキングがこちらです。

応援クリックが更新の励みになります。

他の100切りゴルフブログを見たい方は、下のバナーからどうぞ!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ

読んで頂きありがとうございます。
私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!

管理人のエースドライバー

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

先週、バーナー2007が名器の予感と書きましたが、これはセカンドドライバー。
ブログ愛読者の友人から、「ちゃんと、今使っているドライバーも書け!」と
お達しがありましたので、ここに書いておきたいと思います。

今、エースとして使っているのは、オノフドライバータイプD SMOOTH KICK MP-511Dです。
いわゆる、最新の「赤オノフ」ですね。

どの部分が、バーナー2007を差し置いてエースなのか?
違いを書いておきます。

一番の違いは、簡単で、振り易くて、真っすぐ飛ぶからです。
私、ぎりぎりシングルのレベルですが、実はドライバーが一番苦手です。

やはり、月イチ、サラリーマンでシングルを維持するには、
ドライバーの安定度が必須。

安定度とは、どのレベルか?
やはり、230Y前後の距離で、FW、ラフまでで止まることです。
プロでもFWキープ率は6割ってところですから、FW絶対ではないのですが、
ティーショットでミスして、2打目は出すだけという状況は避けなければいけません。

また、スライスのふけ球になったときでも、200Yくらい飛ばないと、
2打目以降の組み立てが厳しくなります。
私はショートゲームが得意でスコアを作るタイプですが、
そこで勝負できるくらいの、ティーショットが必要という訳です。

バーナー2007との違いですが、まず、軽量であること。
そして、球が上がり易いこと、そして、左への引っ掛けミスが出にくいこと、
最後にスイートエリアが広いことです。

もちろん、全てのゴルファーにあてはまる訳ではありません。
相性ってありますからね。
ただ、ご興味のある方は、試打とかをされると良いかと思います。
タグ

欧州ツアー、アンダルシア・オープンの結果

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

さて、昨日も書きましたが、欧州ツアー、アンダルシア・オープンの結果です。
優勝は、逃げ切りでP・ローリー選手。

2日目まで健闘していた平塚哲二選手ですが、
最終日もスコアを伸ばせず、18位タイで終わりました。

こういった時期ですから、先週の海外での活躍は力になります。
頑張れ、ニッポン!という感じです。
タグ

平塚哲二は欧州ツアーに参戦中

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

遼君と勇太が予選落ちをしてしまって、がっかりの米ツアーですが、
おっと、ヨーロッパツアーに、平塚哲二選手が参戦していました。

スペインで行われているアンダルシア・オープン。
2日目までは、首位と1打差だったのが、3日目でスコアを
1つ落としてしまい、-6で13位タイの位置です。

3日目はショットが乱れていて、苦しいプレーでした。
首位が-12なので、優勝は難しいものの、上位進出の可能性ありです。
タグ

遼、勇太ともに予選落ち

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

さて、アーノルド・パーマーインビテーショナル。

遼、勇太とも予選落ちです。
残念・・・。
タグ

名器の予感 バーナー2007

ここ数年、一般のアマチュアとして可能な限り、いろいろなクラブを試打しています。
先日もテーラーのR11を試打したばかりですが、累計では100種類弱といった本数になると思います。

そこで感じたのは、我がセカンドクラブである、バーナー2007の優秀性です。

このクラブ、人気もあって、同伴者に使っている方も多く見つけます。
バランスがヘッドよりにあるのですが、それがハンマー効果となるのか、
飛びは最新のモデルと比べても甲乙つけがたいです。

フックフェースなのが特徴ですが、アマの8割以上がスライサーという
現状に照らし合わせれば、マッチングも良いのでしょう。

それに加えて、現状では中古で買うことになるのですが、
価格も安いものは1万円台ということで、こなれています。

スインガーでもヒッターでも、ある程度対応できる柔軟性もあります。
これは、久々の名器となる予感がプンプンです。

↘面白かったと思われたらぽちっとお願いします。
他のゴルフブログも探せます😃

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ💓

今週末はアーノルド・パーマーインビテーショナル

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ

さて、今週末はアーノルド・パーマーインビテーショナル。
場所は、フロリダ州ベイヒルGC&ロッジです。

さて、この大会には、石川遼選手と池田勇太選手が参戦します。
組み合わせが発表されています。

石川遼選手は初日、OUTの午後12:22 pmスタート。
同伴は、Duval, David O'Hern選手です。

また、池田勇太選手はINの午後12:33 pmスタート
同伴は、Bean, Andy Jobe, Brandt 選手です。

また、この大会、会場のベイヒルはタイガーが過去6回優勝と、
抜群の相性を誇るコースです。

タイガーのプレーにも注目です。
タグ

バーナー スーパーファスト 2.0J ドライバー試打レポート

さて、R11と同時に白いヘッドを備えた新バーナーです。

試打したのは、レッドの46.25インチのFUBUKIシャフトモデル。
長尺なのですが、白のヘッドが大きく感じるので、
見た目では長さを感じることはありません。

R11と比べての打感ですが、柔らかめです。
また、ヘッドもシャローですので、弾道は高いし、イメージも出ます。
但し、結構なフックフェースですので、フッカーには厳しそうです。

さて、飛びと操作性です。
飛びについては、芯を食えば、長尺効果もあって、飛びます。
但し、大型ヘッドとの組み合わせで、振りすぎてしまうことがあります。
そうすると、出玉がばらつきます。

ですから、方向性が安定した飛びを求める方には厳しいかもしれません。

それとシャフト。
長尺ですので、一般的な感覚よりも柔らかめです。
ですから、個人的にはHSが40m/sあれば、Sで良いのでは?と思います。

また、こういったドライバーを使いこなすには、
一定のスイングテンポが必要です。

ですから、ヒッターより明らかにスインガー向けです。

↘面白かったと思われたらぽちっとお願いします。
他のゴルフブログも探せます😃

人気ゴルフブログランキング
女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ💓

【試打レポート】テーラーメイドR11

地震前に、話題のR11ドライバーを試打していましたので、
今日は、そのレポートです。

第一印象は、やっぱり白い!・・・当たり前ですが。
この白ですが、ボワッと浮かびあがる感じです。

別に光を反射する訳ではないのですが、手持ちのドライバー、
バーナー2007と比較するとこんな感じになります。
r11-2.jpg

ちなみに、体積は440ccです。
試打モデルの長さは、45インチでしょうか?
バーナー2007と比べると0.5インチくらい、実測短いです。
r11-1.jpg

振ってみました。
バーナー2007に比べ、手元調子で、一体感のある振り心地。
これは、バーナーが非常にヘッドをきかせたモデルなので、
それを差し引けば、標準的な振りやすさでしょう。

打ってみました。
まず、第一印象は、打感が硬い感じです。
はじきは良い感じで、中低弾道で、いかにもスピンの少なさそうな球筋です。
キャリーはバーナーの方が勝ります。
低弾道で低スピンの感じですから、R11、ランは多そうです。

さて、最大の特徴でもあるFCTも搭載していますから、
これは、相当大幅に弾道の調整が出来ます。
左右で60Yほど、高さで3倍くらいの調整が可能です。

まぁ、打ってみてポジションが決まれば、それほどいじらないと思いますけど。
ほとんどの方には、ベストポジションを探すことができると思います。
結論、操作性は良い感じでしたので、飛距離よりも、意外と
コントロール性に優れたモデルという感じがしました。

次回は、バーナースーパーファーストの試打記事を書きたいと思います。

女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ💓
    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます