月別アーカイブ:2010年09月

コカ・コーラ東海クラシック初日速報

コカ・コーラ東海クラシック初日、お昼現在の速報です。

上位は
1 -4 宮本 勝昌
2 -3 谷口 徹
3 -2 岡茂 洋雄
-2 井戸木 鴻樹
-2 薗田 峻輔
-2 貞方 章男
-2 B・ジョーンズ
-2 H・リー
-2 上平 栄道
-2 久保谷 健一
-2 朴 星俊
-2 @斉藤 智洋
-2 A・タウンゼント

注目の石川遼選手は現時点では、イーブンパーです。
タグ

アイアンは振り切れる範囲で重いほうが良い?

人気ゴルフブログランキング
ゴルフ場予約なら『楽天GORA』ひらめき

ゴルフクラブ選びの定説の一つに「アイアンは振り切れる範囲で重いほうが良い」というものがあります。
私も今まで特にこれを疑わず、スチールのシャフトを使っていたのですが、
シングルになってから、ある時、練習場でセットアイアンのAW、
初級者用に分類されるカーボンシャフトを打つ機会がありました。

全く初めての中古レンタルクラブだったのですが、
何故か気持ちよく振れて、しかも距離感やスピンのコントロールが意外と楽でした。

ふーむ、これもありかな?と思った次第です。

そもそも振り切れる範囲で重くというのは、器用にできている手先を使わずに、
体全体でボールをヒットすることでミスが減るという観点かもしれません。
いわゆる、ざっくりとかはインパクトの直前での緩みというのが大きな要因でもありますし。

但し、ある程度の経験や技術を持っていれば、カーボンの軽いものでも、
場合によっては、自分に合っているということもあります。

定説は定説として、世の中、例外もあると思います。

GDOSHOP.comで最適ゴルフクラブを捜すひらめき

励みになりますので、ぽちっとお願いします↓他のゴルフブログも探せますよわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村


女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ揺れるハート


タグ

【試打レポート】S-YARDアイアン編

昨日のドライバー編に続いて、今日はアイアン編です。

S-YARDの人がまず手渡してくれたのが、GT TYPE-S アイアン NS950GH スチールシャフト
もちろん、心をくすぐる軟鉄鍛造。
早速打ってみたところ、良い意味で球が重い、つまり風に強そうな弾道です。
縦の飛距離のバラツキもなく、さすがFORGEDって感じ。
ロフトも5番で26度、ちょっと立ち気味なので、飛距離も出ますね。

さて、赤を打ったら次は青という訳で、GT アイアン NS850GH スチールシャフト
これはですねー、めっけもんでしたよ。
何が良いかと言えば、シャフトが軽量スチールのNS850であること。
ちょいと振り抜きの良さは快感です。
ボディが軟鉄鍛造でフェースがSUP-10、5Iでロフトが24度。
こりゃ、気持よく振り抜いて距離が出せる、そんなクラブです。
HS 40m/sから42m/sくらいの人に合うなって感じです。

ちょっと、心が動いちゃうクラブかも知れません。

【試打レポート】S-YARDドライバー編

練習場に昨日行ってみたら、S-YARDの試打会をやっていましたよ。
これはこれは、ブログネタ。是非とも試打しなくては!
ドライバーからアイアンまであったので、一通り試打しましたよ。

まずはドライバーのGT TYPE-S
鍛造チタン合金なので、ドライバーには珍しいFORGEDって書いてあります。

打ってみると、うん、良いです💡
飛距離はレガシーエアロと同じくらい出ますし、吹きあがらなく打感も良いです😃
見た目も格好良く、上手そうで、金持ちそうな感じ💦
HSはあった方が、球が上がるかなぁ。42m/s以上はほしい感じです。

次に軽量タイプのGT ドライバー。
こいつは、TYPE-Sよりもシャローな感じで軽量です。
でも、飛距離はTYPE-Sと同じくらい出てびっくり。
つかまりも打感も良いです。
軽量な分だけ、TYPE-SよりHSが遅めの方にはお勧めです。

しかし、クラブってのは、少しずつ進歩するもんですなぁ。
違いが分かる分だけ、欲しくなるのが魔物ですねー😵

B.J.大まくりで逆転勝利!パナソニックオープン

パナソニックオープン上位の結果です。

1 B.ジョーンズ -6 207
2 小田龍一 -5 208
3 キム・キョンテ -4 209
3 すし石垣 -4 209
3 丸山大輔 -4 209
6 近藤共弘 -3 210
6 甲斐慎太郎 -3 210
8 P.マークセン -2 211
8 盧承烈 -2 211
8 S・K・ホ -2 211

非常にタフなセッティングのため、ビッグスコアは出ないだろうと思っていましたが、
B.J.が久しぶりに存在感を見せてくれました。

最終日は-5。4番のイーグルからノッた感じですかね。
何と、そんなに経つかなぁと思わせる3年ぶりの勝利です。

石川遼選手もアウトは優勝戦線に入っていましたが、10番のダボで苦しくなりました。
まぁ、今週は彼の週ではなかったということですね。
最終的には-1で13位タイでした。

それから、甲斐選手と小田選手。最終組で良いプレーだったと思います。

それと、こういった展開でしっかり上位フィニッシュをしている
キム・キョンテ選手。
賞金王争いの主要メンバーになることは、間違いないですね。
タグ

石川遼、ホールインワン!2位で最終日へ

パナソニックオープン2ndラウンドの上位です。

1 小田龍一 -4 138
2 石川遼 -3 139
2 甲斐慎太郎 -3 139
4 丸山大輔 -2 140
4 片山晋呉 -2 140
4 M.ヘンドリー -2 140
4 盧承烈 -2 140
4 S・K・ホ -2 140
4 S.ヘンド -2 140
4 松村道央 -2 140

今日は、かなりの強風のため、各選手ともアイアンショットに苦労しているのが見えました。
それも一定ではないので、舞っているような風でしたね。

それとピン位置が傾斜の部分に切られていたので、非常に難しいようでした。
そのため、各選手ともスコアを落とすか、出入りの激しい展開となりました。

その中で首位に立ったのが、小田龍一選手。
注目の石川選手はなかなかバーディーが奪取できず、じりじりの展開でしたが、
折り返しの6番par3で、自身、試合では初となるホールインワン。

首位と1打差の好位置で最終日を迎えることになりました。
カットラインが+5でしたから、難しさを物語ります。
タグ

パナソニックオープン第1日

パナソニックオープン第1日目の上位です。

1 細川 和彦 -4
甲斐 慎太郎 -4
S・K・ホ -4
G・ブラー -4
5 M・フレーザー -3
小田 龍一 -3
丸山 大輔 -3
金 大玹 -3
9 趙 珉珪 -2
宮瀬 博文 -2
松村 道央 -2
A・カン -2
E・リー -2
谷原 秀人 -2
D・チャンド -2
石川 遼 -2
片山 晋呉 -2
裵 相文 -2
小田 孔明 -2
I・J・ジャン -2

ふむふむ、さすがアジアパシフィックオープンだけあって、インターナショナルな上位ですね。
石川遼選手はじめ、実力者が上位ってのは、面白い展開です。
今回は54ホール短縮ですから、初日出遅れたプレイヤーは厳しそうですね。
セッティングも難しいですから、ビッグスコアは出にくいと思います。
タグ

パナソニックオープン初日は

パナソニックオープン初日は悪天候で中止になりました。
今日は祝日で、しかも寒いし😵テレビ中継を楽しみにしてたのに。
ギャラリーも多かったようで、中止が決定してからサイン会をやってましたね。
タグ

球筋をコントロールする~フック・スライス編~

人気ゴルフブログランキング
ゴルフ場予約なら『楽天GORA』ひらめき

アベレージの皆さんは、ひたすら「真っすぐ打つ」ことを目標に練習されているのではないでしょうか?
事実、私もそうでした。
実際のコースでは、インテンショナルなショットを使うことは希ですからね。

では、球筋を操作する練習は無意味でしょうか?
答えは否です。

つまり、真っすぐ飛ぶには真っすぐ飛ぶ理由を知ることが大切だからです。

そのためには、2つのポイントを理解する必要があります。

それは、フェースの向きとスイング軌道です。

フェースの向きは球の飛び出す方向と高さをつかさどります。
そして、スイング軌道は横回転のスピンをつかさどります。

アベレージの多くの方はスライスにお悩みでしょう。
スライスも真っすぐ飛びだして右に曲がる場合は、フェースの向きは正しいが、
軌道がアウトサイドインになっているからです。

ある統計によれば、アマチュアの8割はアウトサイドインのアッパー軌道で打っているそうです。

そこで、どうしたら良いのか?

そこで、フックを打つ練習がためになります。

フェースの向きをそのままにアウトサイドインの軌道で振りぬけばフックします。
フックしない方は、アドレスの方向と左へのスウェーをチェックして下さい。

その度合いによって、ここまで打てば、このように曲がることが実感できます。

クラブは7Iで練習してみると良いと思います。

GDOSHOP.comで最適ゴルフクラブを捜すひらめき

励みになりますので、ぽちっとお願いします↓他のゴルフブログも探せますよわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村


女子プロゴルフ情報はこちらの姉妹サイトへ揺れるハート


タグ

イーグルレイクゴルフクラブ インプレッション

さて、今日はコースのインプレッションです。

まず、ここの距離は短いです。
レギュラーティーからだと、アウトが3,112Yインが2,935Yです。

※続きを読む前の応援クリックは、こちらです。(^O^)/ 下のバナーからも行けます!


多分、オイラがプレーしたコースの中でも最短です。
こういったところは、結構Par3が長かったりするんですが、
4ホールとも、130、156、126、140で、オイラの回った日はティーが前だったので、
1ホールなんか100Yを切っていて、チョー短かったです。

しかし、しかし、これが難しいのなんの。

まず、何が難しいかと言えば、狭い!
千葉県のコースの割に、山梨県の山岳コースのようです。

景色も例えばこんなとか



こんなです。




すげーティーショットからプレッシャーなんですけど。

って訳で、前半だけでOB3発です😖
だって、230Y近辺には、必ず池かバンカーがあるんだもん。😵

さすがに後半は戦法を考えて、全てアイアンでティーショットしました。
オイラの飛距離からすると、4Iから6Iでのティーショットです。

それで、FWキープ、残りもほとんどがウェッジの距離なので、ほとんどパーオン。

しかしねー、グリーンが難しいの。
基本的に傾斜にピンが立っているんで、チャンスについてもバーディーが中々取れず。
結局1バーディー、4ボギーの39という訳です。

アメリカンスタイルの、小ざっぱりしたコースで、従業員の対応も好いんですが、
なんだか、ゴルフをした気になれなかったなぁ。

読んで頂きありがとうございます。
他の100切りゴルファーブログはこちらです(^O^)/ 下のバナーからも行けます!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、ゴルフブログ 女子プロ・プロツアーからどうぞ!
    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます