月別アーカイブ:2010年06月

今週末はTOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWood

薗田峻輔選手の先週の劇的な優勝から3日が過ぎて、今週末はTOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWoodです。

さて、偶然にも薗田峻輔選手はTOSHIN所属なので、ホストプロになる訳ですね。
しかし、先週の優勝争いで、さすがに心身ともに疲労はあるでしょうから、
ここは、他のTOSHIN所属プロに期待したいものです。

注目株は額賀辰徳選手。ツアー屈指の飛ばし屋です。
飛距離のアドバンテージを生かして、一発、やってほしいですねー。

それから、7月の全英オープンを控え調子を上げていきたい組にも注目です。
池田勇太、藤田寛之、宮本勝昌、小田孔明、小田龍一の各選手ですね。
タグ

石川遼に秘密兵器誕生!?

石川遼選手と言えば、2番アイアンで素晴らしい球筋を打つことでも知られていますが、
ヨネックスとともに、よりロフトの立ったアイアンを開発中とのことです。

2番よりロフトが立ったといえば、1番でしょ?
えぇ、もちろん2番(19°)よりもロフトを立て、18°くらいだそうです。
今回の秘密兵器は、何と0番アイアンとのこと。
これは、15°から17°になるということで、これって全英に使えるんじゃないの?

まだ、セントアンドリュースに持っていくかは不明とのことですが、
ちょっと楽しみですね。
打ちこなすことが出来れば、大変な武器になると思います。
タグ

マスコットドライバーを作ってみた

こちらの姉妹ブログの記事で書いたんですが、諸見里しのぶ選手が
使っていた、野球のマスコットバット版のようなドライバーが気になっていました。

それで週末、いつもの越後屋に行って、中古アイテムで組んでもらいました。
dr01.JPG

実戦で使う訳ではないので、重さは370g、バランスはD2で調整してもらいました。
シャフトはダイナミックゴールドのR300
dr02.JPG

ヘッドは中古で安くあったマグレガーです。
dr03.JPG

実戦では使わないというものの、練習場では実際に球が打てます。
まぁ、これだけ重いので手で振ることは不可能で、自然と体を使ったゆっくりめのスイングになります。
と、これが、結構良い感じの球筋が出ます。

また、思惑通りですが、本物?のドライバーを振ると
明らかに「ビュッ」っと早く振れます。
われながら良い品物に出会ったなと思います。
市販である同様の練習器具よりは良いんじゃないかな?
タグ

薗田峻輔が堂々と勝つ!ミズノオープンよみうりクラシック

ミズノオープンよみうりクラシックの結果です。

やりましたねー、薗田峻輔選手。
最終日もベストスコアを叩きだし、堂々の優勝です。
しかし、出だしのバーディーとイーグルで落ち着いたのか、
中盤はパープレーを続けながら、要所でバーディー奪取。

追い上げた谷口選手の追撃を許さず、完勝でした。
今年、期待するプレイヤーに上げたんですが、これだけ堂々と勝つとは思いませんでした。
今季の台風の目になるかもしれません。

やっぱり、後輩の石川遼選手や現役の浅地洋佑選手が一緒の試合に出ていたのも、
先輩の意地を見せる場面でも良かったかも知れませんね。

1 薗田峻輔 -15 201
2 谷口 徹 -12 204
3 朴宰範 -9 207
4 宮瀬博文 -8 208
4 キム・キョンテ -8 208
4 W.パースキー -8 208
4 増田伸洋 -8 208
4 H.リー -8 208
4 W.リャン -8 208
10 丸山大輔 -7 209
タグ

3日目は中止になりました

ミズノオープンよみうりクラシック3日目は悪天候で中止です。
上位は混戦なので、これは、ヨーイドンッみたいなもんです。

優勝の行方は全然わかりません。
キング来ますかねー?
タグ

ミズノオープンよみうりクラシックの2日目

ミズノオープンよみうりクラシック2日目の結果です。

1 薗田峻輔 -9 135
2 W.リャン -8 136
2 朴宰範 -8 136
2 呉阿順 -8 136
5 細川和彦 -7 137
5 P.マークセン -7 137
5 立山光広 -7 137
8 手嶋多一 -6 138
8 宮里優作 -6 138
8 H.リー -6 138

おっと、石川遼選手が「キング」と言って尊敬する、杉並学院高校の先輩、
ツアールーキーの薗田峻輔選手が、この日、65。トップに出ました。
このブログでも期待する選手として取り上げましたが、こうやって活躍するのは嬉しいです。

さて、プロのトーナメントはここからが勝負。
是非とも最終日まで、優勝争いをしてほしいです。
タグ

ミズノオープンよみうりクラシック

ミズノオープンよみうりクラシック初日の結果です。

1 谷口 徹 -6 66
2 倉本昌弘 -5 67
2 野仲茂 -5 67
2 W.リャン -5 67
2 横尾 要 -5 67
6 W.パースキー -4 68
6 朴宰範 -4 68
6 呉阿順 -4 68
6 P.マークセン -4 68
6 甲斐慎太郎 -4 68

おっと、びっくり全米オープン帰りの谷口選手が首位です。
あの、セッティングで4日間戦ったあととは思えないタフさです。
アラフォー恐るべし!
どころか2位につけているマッシーがいて、シニアも恐るべしです。

注目の連覇を狙う石川遼選手の初日は、出入りが激しかったものの-2です。
タグ

やさしいクラブは本当に易しい!?

ゴルフ関係の広告を見ると、「やさしい」、「つかまる」、「上がる」といったコピーが飛び交っています。
・・・もちろん「飛ぶ」も多いですが。

それで、易しいとうたっているクラブは本当に易しいのか?という話です。
ゴルフボールの飛びは素直なもので、スクエアにフェースとボールが当たれば真っ直ぐに飛びます。

アマチュアの8割がスライスに悩むと言われていますが、
それは、スイング軌道がアウトサイドインになっているからです。

易しいクラブはそのようなスイングで振ってもスライスしないように、
予めフックフェースになっている訳です。


つまり、ある程度技術があって球をつかまえられるとか、フッカーの人にとっては、
巷で言われている易しいクラブが必ずしも易しいとは限りません。
特に上級になるほど、左に行くミスは避けたいですから。

それで各社とも、フォージドタイプのアイアン等を出している訳ですが、
それとても20年前に比べると、明らかに易しくなってます。

今じゃ、芯をはずしても、手がビイィーーンとしびれるアイアンなくなったもんなぁ。
でも、それだけ昔に比べて良いスコアが出しやすくなっているとも言えますね。

ちなみに初級者用といわれているクラブを上級者が使ったらどうなのか?
というような質問を時々頂きます。
これは、ちょっとクセを掴めば、それなりに打ちこなせます。

シングルの方ならば、80前後でプレーするのは、さほど難しくないです。
ですから、上級者になったとしても、必ず上級者用を使わなければならないという訳ではありません。

2010全米オープンの結果

全米オープン、今年の勝者はマクドウェル選手でした。

1 G.マクドウェル 0 284
2 G.アブレ +1 285
3 E.エルス +2 286
4 P.ミケルソン +3 287
4 T.ウッズ +3 287
6 M.クーチャー +4 288
6 D.ラブIII +4 288
8 B.スネデカー +5 289
8 M.カイマー +5 289
8 A.チェイカ +5 289

ムービングサタデーがあったものの、やはり優勝ラインはイーブンでしたね。
3日目に首位に立ったダスティン・ジョンソン、昨日は面白いようにベタピンに絡みましたが、
さすがに最終日も同じとはいかなかったようです。

さて、非常に健闘を見せた石川遼選手ですが、最終日は9オーバーで通算12オーバー。33位タイで終わりました。
しかし、疲れただろうなー。
技術はもちろんのこと、あのセッティングで4日間戦うのは、精神的にも相当タフです。
その他の日本勢では、藤田寛之と池田勇太が通算15オーバーの58位タイ、谷口徹は通算16オーバーの63位タイで4日間の戦いを終えています。
タグ

全米オープン3日目を見て思う

ムービングサタデーの通り、3日目はスコアが動きました。

1 D.ジョンソン -6 207
2 G.マクドウェル -3 210
3 T.ウッズ -1 212
4 G.ハブレット 0 213
4 E.エルス 0 213
6 P.ミケルソン +1 214
7 T.クラーク +3 216
7 A.チェイカ +3 216
7 石川遼 +3 216
10 D.ラブIII +4 217

しかし、よくあのセッティングの中でアンダーが出るもんです。
石川遼選手が健闘していることもあって、つぶさに見たんですが、
リンクス独特の重たい風、粘るラフ、そして、あのグリーン。

300Y先の使い古した玄関マットに打っていくようなもので
これぞゴルフ!と言って良いのか、これがゴルフ?と思ったりもします。

我々のプレーするゴルフとは、全く違うもので、
また、日本ツアーの延長線上にもないことは分かります。

役者は揃っているのに、何だかなぁという思いが残ります。
見ごたえのあるような、切な過ぎるような。
石川遼選手が、ペブルビーチにたたずむ姿は物凄く絵になってるのが救いでしょうか?
タグ
    Copyright © ゴルフ100の壁ブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます