2010年04月の記事一覧

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。 月イチ、サラリーマンゴルファーでも100は切れます! ゴルフのもろもろを書いているブログです。

月別アーカイブ:2010年04月

遼君予選落ち!東建ホームメイト2日目

あっと驚く遼君予選落ちでした。

1 上田諭尉 -3 139
1 宮本勝昌 -3 139
3 キム・キョンテー -2 140
3 金度勲(大邱) -2 140
3 丸山大輔 -2 140
3 冨山聡 -2 140
7 J.チョイ -1 141
7 原口鉄也 -1 141
7 立山光広 -1 141
7 森田徹 -1 141

池田勇太選手は、この日ベストスコアとなる65で予選通過です。
それで、優勝争いですが、個人的な勘としてはキム・キョンテ選手だと思うんですが、どうでしょう?


タグ

猿とカラス

今週は男子が三重、女子は熊本で試合が行われている訳ですが、
思わぬところにハザードがあるようです。



東建ホームメイトカップが行われている東建多度CC名古屋では、
20匹ほどの野生の猿がコースを横切ったようです。
同組の<小田孔明選手は猿にボールを持っていかれ、追いかけたようです
猿、侮れずですね。

カラス

これは上原彩子選手のブログに書いてあったんですが、熊本空港CCには
頭の良いカラスがいて、キャディバッグのファスナーを開け、
食べ物だけを器用に取っていくようです。

こちらも強かですねー。
ゴルフは自然との闘いの側面もありますが、野生とも戦うとは

タグ

びっくり!東建ホームメイトカップ初日

何と!って感じの初日です。上位は

1 岩田 寛 -2 69
1 H.リー -2 69
1 冨山聡 -2 69
1 原口鉄也 -2 69
1 キム・キョンテー -2 69
6 梶川剛奨 -1 70
6 津曲泰弦 -1 70
6 宮本勝昌 -1 70
6 藤田寛之 -1 70
6 森田徹 -1 70

と、順当であったり、全く知らなかったりで、それは良いんですが、

何とはこーゆーことで、

石川遼 +6 88位タイ
池田勇太 +9 117位タイ

これだけで十分、波乱じゃないでしょうか?
ということで、初日から優勝争いは混沌の予感です。
タグ

【試打レポート】サソードライバー

関東地方は冷たい雨です。
ただ今、JRにて移動中で暇なので?更新します。

さて、皆さんは、サソー、Dr.sasoのクラブってご存知でしたでしょうか?
不覚にも私は知らなくて、馴染みのゴルフパートナーのKさんに、
「えーっ!知らないんですか!?有名ですよ。」と言われ、ショックを受けた次第です。
それじゃ、何か!ゼクシオやテーラー並に有名なのか!
と、怒ってばかりはいられないので、試打してみました。

何でも空力的に形状が考えられ設計されたということで、ソールには公式だらけです

saso_1.JPG

見た目の形状も、かまぼこ型で異形です。

saso_2.JPG

空力抵抗を少なくしたため、飛ぶという触れ込みなので、打ってみました。
しかし、中古であるためかどうかは分かりませんが、私の持っているテーラーよりは飛びません。
でも、意外とつかまりは良く、何よりも方向性が安定しています。

山岳コースとかをメインにされているスインガーには合うのではないかと。
私は買いませんけど。




読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
タグ

パブ戦スタート表届く

届きました、第44回になるようです。

正式名称は
全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技です。

最近はエントリーも減っているという噂もありましたが、
何の何の、僕が出場する会場では54組215名参加のフルフルです。
この中で予選通過は33人。

結構厳しい戦いですが楽しんでプレーするつもりです!
カテゴリ
タグ

2010年男子ツアーを占う

やっと、日本男子ツアーが開幕します。
・・・試合数が少ないのは寂しいことです。
それでも、選手によってはアジアンツアーに参戦したりと、
例年とは違った流れも見えますね。

さて、今シーズンの100の壁的予想です。

賞金王争い
 これは、石川遼、池田勇太の両選手中心は間違いないでしょう。
 そこに誰が絡むかですが、ズバリ小田孔明選手と見ます。
 昨年のカシオワールドや海外での活躍で強さは本物と見ます。

複数回優勝が狙える選手
 片山晋吾選手:順当でしょう。
 丸山茂樹選手:今年は本当の復活になるとみます。
 藤田寛之選手:心技体とも充実しています。
 今野康晴選手:体調次第でしょうか?

もう少し頑張りましょう
 谷原秀人選手、矢野東選手:2008年の勢いは?
 武藤俊憲選手:屈指のショットメーカー。やる気次第。
 星野英正選手:何かのきっかけかなぁ。

大穴
 宮里優作選手:新溝規制がプラスに働けば。

初優勝の期待
 額賀辰徳選手:屈指の飛ばし屋。小技次第ですね。
 薗田俊輔選手:期待のルーキー、遼君の高校時代の先輩ですね。

是非とも応援したい
 深堀圭一郎選手:公傷制度でプレーしなきゃならない中、選手会長を引き受けたんですよ。

男気じゃないですか!
タグ

マスターズの結果

応援お願いしますexclamation

マスターズの結果です。

土曜日のバックナインから猛チャージをかけたミケルソンが、
最終日も5バーディー、ノーボギーと完璧なプレーで優勝を飾りました!

1位 P.ミケルソン -16 272
2位 L.ウェストウッド -13 275
3位 A.キム -12 276
4位 チェ・キョンジュ -11 277
4位 T.ウッズ -11 277
6位 F.カプルス -9 279
7位 N.ワトニー -8 280
8位 Y.E.ヤン -7 281
8位 H.メイハン -7 281
10 R.バーンズ -5 283

首位からスタートしたウェストウッド、実は個人的に応援していたんですが、
残念ながらミケルソンほどスコアを伸ばせず、今回も優勝には届きませんでした。

そして、話題のタイガー。
復帰戦となりましたが、4位タイのフィニッシュ。
ピーク時に比べると、ボギーが多い印象でした。

やはり、試合感で養われるアプローチやパットの関係でしょうか?
マスターズ後は、しばらく休養とのことです。

日本勢で唯一決勝に進出した池田勇太選手。
最終日は-1でラウンドし、29位タイでフィニッシュしました。
初のマスターズで4日間プレーしたことは、大きな経験になると思います。
タグ

マスターズ、ムービングサタデー

応援お願いしますexclamation

マスターズ3日目の結果です。

上位は
1位 L.ウェストウッド -12 204
2位 P.ミケルソン -11 205
3位 チェ・キョンジュ -8 208
3位 T.ウッズ -8 208
5位 F.カプルス -7 209
6位 H.メイハン -6 210
6位 R.バーンズ -6 210
6位 I.ポールター -6 210
9位 Y.E.ヤン -5 211
9位 A.キム -5 211

ムービングサタデーの主役は3人でした。

前半は首位に立ったウェストウッド選手。
怒涛のバーディーラッシュで前半のダッシュは見事でした。

それと後半の主役はミケルソン
13番、14番と連続イーグルは圧巻でした。

それからカプルス選手。
腰痛対策で、裸足にテニスシューズのプレーでスコアを伸ばすのは見事です。
タグ

石川遼選手、予選通過ならず

応援お願いしますexclamation

マスターズ2日目の結果です。

上位は
1 I.ポールター -8 136
1 L.ウェストウッド -8 136
3 チェ・キョンジュ -6 138
3 T.ウッズ -6 138
3 R.バーンズ -6 138
3 A.キム -6 138
3 P.ミケルソン -6 138
8 Y.E.ヤン -5 139
9 S.ケルドセン -3 141
9 F.カプルス -3 141

ということで、この日ベストスコアの68を出したポールターと
昨年の欧州賞金王の実力者ウエストウッドが首位に並びました。
注目のタイガーも2打差の3位タイと絶好の位置です。

日本勢ですが、今日は予選カット日特有のピンポジにやられましたね。
それでも池田勇太選手がカットラインの+3で予選通過。
石川遼選手は1打及ばず予選落ちとなってしまいました。

早起きして中継を見ていたんですが、石川選手、今日は硬かったですね。
マスターズの予選通過がかかっているので、仕方ないと思いますが、
いつもの攻める気迫が少し足りないように思いました。

攻めてばかりでもいけないのが、このオーガスタだけに、もう1年勉強ですかね。
予選を通過した池田選手には己道でチャレンジしてほしいですね。
タグ

実力者上位に!マスターズ初日

応援お願いしますexclamation
マスターズ初日の結果です。

上位は
1 F.カプルス -6 66
2 T.ワトソン -5 67
2 L.ウェストウッド -5 67
2 P.ミケルソン -5 67
2 Y.E.ヤン -5 67
2 チェ・キョンジュ -5 67
7 A.キム -4 68
7 N.ワトニー -4 68
7 I.ポールター -4 68
7 T.ウッズ -4 68

おっと、50歳のカプルスが首位に立ちました。
シニアルーキーのカプルスは今季シニアツアーで既に3勝。
ここまでの好調をそのままオーガスタに持ってきた感じですね。

注目のタイガーは-4の7位タイと好調じゃないですか!

さて気になる日本勢は
池田勇太選手が-2の17位タイ。初オーガスタで-2は日本人新記録のようです。
イアン・ポールター、スティーブ・ストリッカーと世界TOP10の選手と堂々と渡り合いました。

石川遼選手は連続バーディーでダッシュしましたが、結局はEで32位タイ。
本人は満足そうです。

片山晋吾選手は+3の63位タイと少し出遅れました。
タグ



















ブログ内検索はこちら,
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。