記事一覧

スピンを効かせたアプローチ 岡村咲プロ直伝

岡村咲プロ直伝シリーズも終盤戦です。

今回は、
スピンを効かせたアプローチです。

おおっ!何か、いかにも上級ですよね。

これはレッスンも終盤にさしかかったころ。
一応私が最も得意とするところの、AWでの60ヤードショットを見てもらいました。
さすがに咲プロからも、「上手いです!」と言ってもらって嬉しかった。
それで、私独自の30ヤードアプローチも見てもらったのですね。
何が独自かと言えば、グリップ。これで打っているんですがと言って咲プロに見せます。

「それは、パッティングのグリップですよね?」

そうなんです。
私は30ヤード以内は、逆オーバーラッピンググリップでアプローチするんですね。
これってどうなのかと常々思っていたのですが、咲プロ曰く、
「上手くいっていることなので、変える必要はない」とのことでした。

ただ、流れという感じかな?
「こういったアプローチが出来ますよ」と教えてくれたのが、

スピンを効かせたピッチエンドランでした。

いわゆる、プロが試合でやる、トンッ、トンッ、キュッってやつです。
この技術は簡単にできないと、最初からあきらめていたワタクシ。
でも、咲プロからポイントを教わりました。

そもそも私のアプローチはボールをクリーンにヒットするピッチエンドランが基本。
ウェッジのリーディングエッジを芝とボールの間に入れるという、ある意味、高度なやり方です。
これは、練習で回数をこなして、会得するしかないとしか言いようがないですけど。

それでも、アプローチというのは引き出しが多い方が良いものです。
私独自のクリーンヒッティングのピッチエンドラン、これ、50度のウェッジでしか上手く打てません。
ですから、56度はガードバンカー専用になってしまっているのです。

そこで咲プロ登場。56度のアプローチを教わります。

まず、構えは自分が思っていたよりも、かなりハンドファーストです。
理想は、インパクトの位置で、左手とシャフトが1本になるように。
ですから、ハンドファーストであると同時に、ボールの位置はかなり右です。

「それで打ってみてください。」

ちょっと、咲プロ、これは怖いですよ~。と言えば、
「大丈夫、インドアなので真横に行っても良いですから。」と言われ、打ってみました。

右45度くらいに飛びますよね。(^▽^;) やっぱり。
それでも咲プロは、
「クラブを振る感覚ではなく、パターを打つ感覚でやってみてください。」

???
パターを打つ感覚?

ということは、手首を使わずにフォローは限りなく低くということ?

やってみると、おおっ!
プロの試合で見るような、インパクトと弾道が出ました。
おそらくスピンもかなり効いている球筋です。

「そうです、決してウェッジを振りにいかないで。」

なるほど。感覚としては、右足前のボールをウェッジで引っ掛ける感じで、ウェッジが持っているロフトと溝でボールが自然と上がり転がっていく感じです。

ただ、初めての感覚だったので、100%上手くいく訳ではなかったです。
これは慣れるまで反復練習しますと宣言しました。

それでも、「SW=バンスが跳ねる恐怖症」からは脱却した思いでした。
考えてみれば、岡村咲プロの得意クラブはSWでしたね。

2019-03-05 09.36.37.jpg

PGMゴルフアカデミー銀座パーソナルレッスン&同伴ラウンドプレー

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
最新記事:
単語登録の工夫ばなし
原英莉花 拙者はドロップでござる
おめでとう!初代王者!
ペ ソンウ選手の罰打処置
鈴木愛3度目の正直で勝つ!PRGRレディス

出球と球筋を意識する 岡村咲プロ直伝

さて一通りフルスイング系のレッスンは終わりました。
それで、かねてから私が実践している、7番アイアンのハーフショットを披露。
・・・こんな練習をしているんですが的に。

すると、咲プロから、「とても良い練習だと思います」
そうか~、自己流でやってきたけど、良いのだと再認識。

この練習は普段からやっているので、何も意識せず打てます。
ここで咲プロからワンポイントアドバイスが。

「せっかく良い練習ですので、出球と方向性を強く意識してください。」とのこと。

私はこの練習の目的を、芯に当てることを主眼に置いていたのですが、咲プロ曰く、フルショットがその延長線上にあるというお答え。
ハーフショットの練習から出球と球筋を意識することで、フルショットにも活かすことができるという訳です。
なるほどと、同じハーフスイングでも球の位置を若干変えながら、高低を意識しました。

「そう、その感じです!」

咲プロからは、こうして、着地点や落下点を気にするよりも、まず、出球が大切という教えを受けました。でも、これは、どうだろう?
万人向けというより、個人に合わせてくれたアドバイスなのかな?とも思います。

2019-03-05 09.36.37.jpg

PGMゴルフアカデミー銀座パーソナルレッスン&同伴ラウンドプレー


↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
更新記事:
中間速報!PRGR最終日
PRGRレディス最終日 1番ホール終了!
感想 ゴルフ真剣勝負 TheMATCH黄金世代スペシャル
リマインダー グアム知事杯放送予定
PRGR2日目の結果と最終日の展望

分解写真はあくまで参考 その2 岡村咲プロ直伝

体調不良で寝込んでしまっていた岡村咲さん。
どうやら復調の兆しも見え始めました。
そんなわけで、直伝シリーズも再開していきます。

分解写真に関して、岡村プロと同じ意見だったのがもう1点。それは、
トップの形にこだわりすぎてはいけないというものでした。

このトップの位置って、気にする方が非常に多い。
私も、「気にするな」的な記事を何回か書きました。

つまり、体形や柔軟性などによって腕や肩の位置は変わるのです。
ここでも何回か書いているのですが、私は、「自称千葉のマット・クーチャー」
・・・これ、咲プロに言ったら、ちょっとウケた。
つまりトップの位置が非常に低いのですが、咲プロ曰く、

「全く問題ありません。」

やっぱり、それで良かったのか。
大切なのは、トップ位置の形ではなく、右軸に体重がしっかり乗っているかどうか、その点だけ気を付けて欲しいとのことでした。
そうですよね~。シニアの男性が20代と同じスイングは出来ないですから。

2019-03-05 09.36.37.jpg

PGMゴルフアカデミー銀座パーソナルレッスン&同伴ラウンドプレー

↓↓ポチッと応援お願いします (^O^)/

私の別ブログ、女子プロゴルフ Plus+はこちらの人気ブログランキングから進んでください。
更新記事:
中間速報!PRGR2日目
河本結 初日-2からの2日目
葭葉ルミ 単独首位発進!PRGRレディス初日
PRGR10年目 原江里菜の想い
2019 トーナメント規定 主な改訂点
新垣比菜 プロアマ「棄権」一度の猶予適用
黄金世代 The MATCH 放送予定
    Copyright © ゴルフ100の壁 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます